やわらかな夜

2005年04月26日(火) 23時58分
しばらく温和な日々は続き、毎日が過ぎていった。


そしてあたしの誕生日−
永とご飯に行き、ホテルに行く。
伊織と克也に子供を頼んでふたりでデェトをした。


永とつきあいだしてからというもの、感情が動いている感覚が
とても心地よくて、つい、あたしは剥き出しの自分を見せる。
弱さも甘えも、何もかも、永に預けていた。
共に生活をしながら自分を見失う感覚に溺れるとでもいうんだろうか
今までにない自分がそこにいた。

それが錯覚かもしれないということにも気づいていたというのに
酔うことに快感すら覚える。


じゃれあってあたしは永のお腹にキスをして、そして、そこに顔をうずめる。
きちんとついた筋肉だけではない、唯一の柔らかい場所に、あたしはほっと息をついた。
そして、自分の身体に相手を沈める。


セックスは最高のスキンシップだとあたしは思った。
そして、身体が柔らかい分、あたしは相手の下でどんな形にもなる。

ここで心が柔らかかったら、相手のどんな刺も言葉も吸収しちゃうんだろうな−

そんなことを感じながら。


永のそれはあたしにちょうどよく膨らんであたしの中で収まる。
相性がいいとかわるいとか以前に、ぴったりだと思った。
単純にすばらしいこと−
最初に抱かれた時から今と違うことは


−いそいで現実を呼び戻さなくてもいい−


それはあたしにとって、とても大切なことだった。


シャワーの前に立つと、永が後から片手であたしのお腹を包み、片手で栓をひねる。
きゅっという音に少しだけ我に返る。
湯煙が立ち昇り、しばらくうしろから抱きしめられたまま湿り気を帯びた空気の中で
永の感触を背中で受け入れた。


バスタブにつかり、静かになる。



きっと外はまあるい月が出ているだろう。

もうすぐ満月だ−

湯の中で滑らかに動きながら、
天井を仰いで目を閉じている永の上にすべり込んだ。
  • URL:https://yaplog.jp/roziura/archive/19
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:roziura
読者になる
Yapme!一覧
読者になる