業者に委託

2011年12月16日(金) 9時48分
自分でアパート経営をこなすことが厳しいという場合には、業者にアパートの管理を任せるという方法もある。
アパート経営の代行業者を行っているところもあるので、委託をすることも検討するといいだろう。

代行業者に委託をすれば、委託料を業者に対して支払わないといけないので、アパート経営による利益効率は少し落ちるかもしれない。
しかしアパートの管理についての一切は、業者が代行して行うので、サラリーマンなど本業を持っている人でも、副業として経営を行うことができる。

もし代行業者に仕事の委託をする場合には、きちんと業者と話し合いをするべきである。
というのも業者の中には、効率アップのために家賃を比較的高めに設定をしてしまうこともあるからだ。

もし高い家賃設定にしてしまうと、なかなか住人が集まってこない可能性がある。
ということは、空き部屋が多くなってしまうリスクがあり、思ったような家賃収入を得ることができないことになる。