王子の健康診断 vol.2

2004年12月15日(水) 15時44分
昨日のエントリーの続きです。

昨日、細かく難しく書いたのですが、
結局は念入りな聴診、触診、問診、
血液検査、尿検査、そしてレントゲンだったのです。


診察室に入り、キャリーの蓋を開けた途端の
先生の第一声「うわ、やばいぐらい丸々してきましたね〜」

目やら耳やら、見まくり触りまくりで見ていただきました。
「キレイな目ですね〜。ホントにキレイです」
「耳もきれいですね〜」

先生、そこ何回言ってもいいとこだから(爆)
もっと言って(* ̄m ̄) ププッ

レントゲンも先生と看護士さんとで、
ささっと撮ってきてくれました。

チビニャンの時にも検査してたのですが、
猫エイズ、猫白血病、−でした。

めでたく終了〜、と思ったら問題点が2点・・・

一つはレントゲンの結果、肝臓が普通の大きさの
半分くらいの大きさしかないらしいです。
腫れてるとかなら炎症を抑えることは出来るけど
小さいのは機能していないかも?
でも血液検査の数値は正常なので機能はしていると
思います。
詳しい事を調べようと思うと、生体検査、
つまり超音波で見ながら長い針を刺して
組織を採取する方法しかありません。
大阪には専門の先生がいるので、検査したいなら
紹介しますよ・・・との事。
先生は血液検査が正常な数値なので、
様子を見られたらどうですか?との見解でした。


そして、もう1つは・・・
肥満(;一ω一)ジィー

これもレントゲンで発覚。
私ったら「あら、リプちん背骨まで可愛いわ〜(*´ω`*)ポッ」
って思ってたら
「この白く写ってるのは全部脂肪です(怒)」

肥満は万病の元、即刻痩せさせてください!!
ってヒルズの特別療法食 r/d を処方され、
ウォルサムのウェイトケアのサンプルなんと1.5キロ
(ウォルサム太っ腹!)を頂いて帰ってまいりました。


ちなみに現在5.3キロなり・・・