もやもや

June 03 [Mon], 2019, 10:35
今わたしはなんだかもやもやしている。

このもやもやは、
今日に控えた二つの重い面談なのか、
昨日のケンカと今後のことなのか、
はたまた勉強のことなのか、
これからのキャリアのことなのか。

ひとつは、今日終わる。
一旦1日がんばる。

右上の人

June 02 [Sun], 2019, 9:17
ここ最近はいろいろなインプットをしている。
その場で学ぶだけに終わらせずに、
しっかり自分のものにせねば。
知らなかったことに触れる機会は大好きだけど、
それを自分のなかで熟成させることをしてこなかったなとふと思う。

結局は自分をどう整えるか。
いかに「自分を中心とした半径2メートル」を心地いいものにし、「最初の一人」になれるか。
たのしくまじめにやさしく謙虚に、がんばろ。
焦らず、肩の力をぬいて。
というのもここのところ、奥歯に力がはいっているような気がするのである。
気づいたらなるべく奥歯離すようにしている。

今日はお野菜食べたいな。
夜は電話できるかな。
お湯に浸かりながらがいいけど、私のiPhone防水じゃないな。

そんなことを考えながら、2日目の講座へ。
たのしもうー!

リフレクション

March 09 [Sat], 2019, 7:42
ここ最近は忙しいけど、とても安定している。

彩とリフレクションをしたときに、
人は無意識に自分の影に気づかせてくれたり、影響を与えてくれるような人との出会いを選んでいる、
という話を聞いてから、

私は周りの人たちのどんな影や無意識に働きかけることができているのだろうか、
なんてことを少し考えている。

田口ランディの
「人は遺伝子ではなく文化の乗り物である」
にも通ずる。
私はどんな文化を乗せて、このときを生きているのだろうか。
私の大切なひとたちに、どんな気づきをもたらし、それはどんな形で社会に色を残しているのだろう。
そんなこと。

だから、連日の長電話でいろんな話をするなか、
私にとってこの人は自分の影を明らかにしていく人なのだろうけど、
それと同時に、
この人にとっても、私との出会いはとても意味あるものなのかもしれない、
なんて思うことがある。
少しでも役に立てたらうれしいな。
今日会えるのたのしみ。

おなかがすいた!

November 26 [Mon], 2018, 22:29
お腹空いた。月曜の夜。
作業が乗って、今日じゃなくちゃいけないわけじゃない残業をしてしまった。

感性で仕事を進めることが多々あるので
隣で分析をしっかりしようとする先輩にはっとする。
けど分析に時間がかかりすぎるのもよくなく、
足して2で割れるように勉強しなきゃだし、
私から学ぼうと思ってもらえるような人にならねばなぁ。

想いを大事に、自分らしくいられることを大事に異動したら、
これまでよりもずっと自分の強みや進みたい方向がわかってきた。
動いてよかった。
後で振り返ったとき、2018年は私にとってとても大きな転換の年になっているかもしれない。
ぬふふ。

今月からトレーニングに通い始めた。
スタジオで音楽にのりながら筋トレするくらいだけど、
そしてまだまだ効果ははっきり見えないけど、
数ヵ月後、ナイススタイル自分に会えるようにがんばって続ける!
ふぁいとあたし!

出張の夜

November 26 [Mon], 2018, 22:21
出張の夜が好き。
どこで飲むとかじゃなくて、ひとりでビジネスホテルに泊まることが。

その切なさからいろんなことを思い出して、いろんなことを考える。

すきなひとのことをなかなか忘れられない。
そのひとだって、きっとそうだと思っている。
思ってるだけかもだけど。

でも叶わないこともよく知ってる。
だから、思い出をひたすら肯定したくなる。

なんてことが、下書きのままになってた。
せっかく書いたのだし、アップ。

はなればなれ

October 05 [Fri], 2018, 1:34
しばらくとなりにいて
ちょっと前にすこしはなれて
また少しずつちかくなってきたひとが
今度はけっこう遠くに行ってしまうこととなった!

離れないと前に進めないなあと思ってたから
これはこれで好都合なんだけど、、、
さみしい。

まあでも、向こうも
「離れないとだめだね
(だってやっぱり好きなままになっちゃう)」
と思っていたんだから、
わたしとしては、いい恋だったんだなあ、と思ってよいでしょう。

2019年のはじまりは、またあたらしい気持ちでスタートできそうだなっ

正しい夢の終わり方なんて

April 21 [Sat], 2018, 9:24
ちゃんと夢を終わりにできたのでしょうか。
あなたをちゃんと思い出にできたのでしょうか。

私をいっぱいにした思い出たちを
ただひたすらことばにして
ふたりでおなじ場面をまぶたの裏に映し出して

そんな気がしただけなのかもしれない

けど

そこにあるのかないのかもわからないようなあの人のこころが
実はずっと近くにあってわたしと一緒にいたことを知って
すこし救われた気がします

どこに書いていいかもわからなくてここにふんわりと。
こころの供養は忘れることじゃないとしんじたい

ナラタージュ

October 09 [Mon], 2017, 0:20
「ナラタージュ」観てきた。

大学生のときに、原作を読んだ。
けど内容なんて覚えてない。
はぎさんがものすごくはまっていたことだけが妙に記憶にあって、私は読んでいなかったりするんだろうか。
いやいや、読んだ。
そのときどう感じたかも覚えていなくて、
ただ、
かなしく胸をしめつけるような感じの作品だったという印象だけ残っていた。


当時すぐの映画化じゃなくて
今さらなんだな。それでよかった。
潤くんが演じるというのもとてもたのしみで、行定監督のきれいな光をスクリーンで観るのもたのしみで、そしてなにより
今の自分に必要そうだったから、公開してすぐ観に行けてよかった。
泣く準備はできてた。



思いがけないキス
真夜中の電話
淡い期待を超えた現実に待っていたくるしさ
あたたかな肌
朝焼けの中で見送る肩


主題歌の歌詞のなかの


正しい夢の 終わり方なんて
この世でわたし わたしだけが知ってる



この一節がつらくてつよくてエンドロールでまたすこし泣いた


ずっとずっと反芻している。


有村架純ちゃんほんときれいだった。
最後の二人のベッドシーンがきれいすぎた。


泣いたけどまた少しの勇気になった。
よし。

むかしの自分

October 03 [Tue], 2017, 23:49
なんとなく過去のブログを読み返そうと、2010年5月の記事を表示して、
そこから読み進めていったら
「やさしさライセンス」について書いてあった。

>なんか最近はあたしのやさしくないとこがどんどんでている気がするよ。
>飲み会で思った。
>自分にも人にも簡単に「×」を出しちゃっている気がする。
>身近な人に「×」を感じることがあまりない、鈍感なとこがよかったはずなのにな。
>もっと優しくなりたいよ。

私の34歳の豊富が
「テキパキとやさしさを両輪に」
なんだよね。
この頃もそんなこと考えていたのか。
成長していないのか、人生は廻るのか。
え?7年周期で?短くない?

それにしても毎日のようにいろいろなことが書かれていて、
なんだかすごく”瑞々し”くていいなと思った。自分の日記なのに。
私はやはり自分の文章が好きだ。
自分から出る言葉がそりゃ一番自然だよね。
書いてるスピードも読むスピードも自分のスピードだから違和感がないんだろうな。

ここのところ残業が少なく、比較的早く帰れているので
昨日は映画を見たり、お風呂に入ったり、薄暗い部屋の中で白湯を飲んでゆっくりしたりと
なんだか女子っぽい夜を過ごしました。
仕事をね、忙しいときはできない仕事を、こういうときにしないといけないってのもわかってるんだけど。
まあ明日から・・・(そうなる)。

ひとつ、区切りというかけじめをそろそろつけないと本当に良くないなという案件があり
なんだかそのことばかり考えてしまう。
これも時間が解決してくれるのだろうか。
忘れるということが、神様が人間に授けた一番の防衛力であり癒しだ。

ちょっとゆっくりペースが続くようだったら、ブログももう少し頻度高く更新しようかな。
書き留めておきたいことは意外にもたくさんある。
書き留めておきたい、というか、アウトプットしたい、という欲が意外とある。

けどもう日付変わるから足湯しながら歯磨いて寝よう。

モラトリアムとか言ってる場合じゃなかった

September 30 [Sat], 2017, 17:09


モラトリアムとか言って甘えを作ってる場合じゃなかった。

そこに勝手な希望を抱いて
自分も相手も甘やかしているだけだった。

んにゃー!!
もうちゃんと終わりにするぞ!!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rio_metro
  • アイコン画像 誕生日:1983年9月10日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:
  • アイコン画像 趣味:
    ・グルメ-おいしい食事とおいしいお酒を大好きな人たちと。
    ・写真-純粋にファインダーから覗く世界が好き
    ・テレビ-朝起きて一番にすること=テレビつける
読者になる
■日々のよしなしごとをぽろぽろつづっております。
まことに個人的な日記です。
コメントは承認制ですが、だいかんげいでーす!
☆つぶやいてます。 rioyama0910をフォローしましょう
2019年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる