ベトナム、HOI ANへ 

June 15 [Sat], 2019, 14:01

春のツアーの台湾終わりでベトナムの、HOI AN(ホイアン)へ〜
お友達が誘ってくれたので足を運んでみました。

HOI ANは15世紀国際貿易都市として日本をはじめ、
中国、ヨーロッパ諸国の貿易商が滞在していたので
世界各国の建築様式の建物が点在しています。




1999年に世界遺産に登録されたHOI ANの旧市街は
180年前の街並みが残っていて、建物の色がすべて黄色〜
フランスのコロニアル様式の建物があったり、
いろいろな国の文化が建物の外観に見られたよ〜










町は散歩しやすい大きさで、ブティックやCAFE,雑貨のみせ、レストランなどが
多くあり、エキゾチック雰囲気が漂っています。
16世紀には1000人以上の日本人で住んでいたこともあり
日本橋(来遠橋)という橋もあり歴史的に日本との
深いつながりを感じました。



                  





市場は地元の台所という感じでいろいろな種類の野菜、
お魚があり、活気があった〜〜
市場の近くのボート乗り場からボードに乗り、川から見る旧市街の眺めはまた違って
見えて素敵
川沿いに素敵なレストランんがたくさん発見〜








散歩途中で素敵なシルクの店があったので、移動のときに飛行機の中で
疲れないゆったりパンツを見つけて購入、ブティックの中にCAFEがあり、
ジュースをサービスしてくれて、嬉しいおもてなし!

自然素材のお店で竹の繊維で作ったブラウスがあり、肌触りが
よくて購入、最近私は肌が弱くなってなるべく自然素材の
下着、洋服をつけたいので、うれしい出会いでした!









夜はランタンにあかりが灯り町全体が本当に幻想的になります。
トゥボン川の近くは夜ライトアップされてロマンチックな雰囲気に〜
大好きな人と歩くとテンションあがりそうな場所です。

私は灯篭流しをして少し、両親のことに思いをはせた。。。











ナイトマーケットもお土産をさがすにはいい場所かもしれません。
かわいい小物がありますよ〜
夜はベトナム料理を楽しんで、私はホテルにあるマッサージに!
私は疲れると肩こりがひどいので、これはうれしい時間!!











次の日の朝食に、ベトナムの名物のパン、バインミーをいただきましたが、
日本でたべるカスクートみたいなかんじ〜〜YUMMY!!


観光チケットを購入して、福建会館、タンキ−の家、フンフンの家、
潮州会館などをに足を運んで、家の様式が、壁はベトナム、柱、ドアが
中国、屋根は日本式をで3カ国を融合させたつくりになっていたり、貿易
で輸送に使っていた船には長い航海を無事に終えるために
船の先頭に目が描かれていたり、先人の知恵を感じました〜







お昼は人込みから離れた、隠れ家のようなレストランを見つけて
ゆったり、優雅にランチ。ここで食べた、ホワイトロースが1番おいしかった
ように思います。ホワイトローズを作ってる様子も見ることができました。
ホワイトロースは米粉をこねて、指で伸ばし薄い皮を作りその中に
エビ、きのこ、たけのこをつつみ蒸しあげた料理です。
名物のあげワンタンもおいしかったーー
もちろん、ビールも!!











数日間の滞在でしたが、趣のある建物があり、
エキゾチックな雰囲気がだだよう町でした〜

春のツアーの疲れも取れ、また、秋のツアーに向け
トレーニング、BOOKING、歌の練習他、また、日常にもどり
頑張ってまいります。秋のツアーで再び日本の皆さんには
お目にかかりたいと思います
それまで、また、修行します!!
皆さまも日々大変なこともあるとは思いますが、
お互いに口角をあげ、笑顔でいきましょうね



See you soon!!

LOVE

RICO
プロフィール
2019年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
◆◆◆Discography◆◆◆


I Wish You Love
Piano: 百々徹
Bass: Michael O’Brien
Drums: Andrew Atkinson
Cello: Rubin Kodhelli



Inside A Silent Tear
VOCAL: Rico Yuzen
PIANO: Kuni Mikami
BASS: Bryce Sebastien
DRUMS: Richard Allen



Above the Flowers
VOCAL: Rico Yuzen
CELLO: Seiko Yuki
KEYBORDS: Hiro Morozumi
BASS: Nozomu Ito
DRUMS,GUITAR: Yoshihiro"Keita" Okada