前向きに生きる

March 24 [Fri], 2017, 5:28
年をとってきて失われていく、
外見や体力を、以前より切実に感じるこの頃。。

でも残りの人生を、周りの迷惑にならないよう、最後まで自分の足で立ってられるように、、
という思いから、若い頃よりもっと努力するようになった。

私は子供の頃から母に依存されて苦しい思いをしてきたから、余計、人をあてにせず生きることの大切さを感じている。


互いに精神的にも肉体的にも自立している関係性こそが、相手に苦痛を与えず、よりエネルギッシュで創造的な関係性を保てる、というのがずっと私の理想だった。

そこにあるのは、自由と深い信頼。
それこそが求めてやまない、真のパートナー。

でも、それも本当に難しいんだって、この年になって、よくよく気付いた。


若い頃はすぐ出会えると思ってた。


でも、この人かな? って思っても、結局、心の部分で大幅に違ってたりして、何度もがっかりすることばかりで…



ずっといい関係性を保つには、常に自分の足りない心身の努力や忍耐などを、互いに錬磨していく必要性があって、

でもいざ一緒になってしまうと、結婚したという形のあることに安心して、
大抵、どちらかが甘えて、何の努力もしなくなって、片方の負担やお荷物状態、もしくは奴隷になってしまう。

そうされた側は本当に苦しい。


また、全く真逆な人もいた。

余りにも自立してストイックで、自分の目標を目指しすぎるから、ドライすぎて空回りするばかり…
残念だけど、何だか好きだった気持ちも萎えてしまった。

他には、モテるから、常に沢山の女性に囲まれてて、よく体に触れてるのを見てると、それが仕事とは言え、私が一番と言われても、何だか信用性が持てなくなる。

これも本人が気付いて節制してくれる以外は何ともならないので、段々と気持ちが萎えてくるのを止めることは出来ない。


スケートととかバレエとかで、ペアで組んでる人達を観ると、前世からの深いご縁なんだと感じずにはいられない。

あそこまで二人の想いを、芸術的なものに昇華するには、幾度の転生を、互いに相手への固い誓いで、一筋に努力してきたのだろうと思う。

やはり最初の段階は、合わないからケンカとかはあっただろうけど、そういうのを乗り越えて、互いの嫌なことはしないと、思いやりを持って歩み寄ろうと、幾世に渡って努力してきた結果なんだろうと思う。

決断して…

March 17 [Fri], 2017, 3:59
何度も辞めたいと思ってた仕事を、
やっとすんなりOKを頂き、やっと辞められました。

数年前は、辞めたいと言っても受け入れてもらえませんでした。




でも、人間関係で悩み、ずっとその人達と関わっていきたいか、というと、疑問の気持ちは消せませんでした。


自分の才能が生かせない、やりたいがあるのにひっぱられることに、ずっと苛立ちを感じてました。



神社という、神様のお仕事ゆえに、更に悩み、長年葛藤しましたが、
どうしても、自分自身の感じてる本心を偽ることが出来ません。。

悩み苦しみの中、あらゆることに挑戦し、自分の生き方を求めて、必死になりました。





今思うと、十分、それまでの行動や心の在り方を反省し、ようやく神社の助けを必要としないまでに、社会でちゃんと生きれるようになったから、やっと許して下さったのだと思います。






病気は相変わらず、治ってはいないけど、病気だからと言って、くじけることはなくなりました。

自分は人とは違うという、傲慢さや驕りも無くなりました。





結局、神様のお仕事という、ステータスのようなものに頼っていても、ちっとも社会で生きていく技術にはつながらない。


雇われて文句を言って生きるより、自分の力で、努力・挑戦していく道を選んだら、何も嫌なことと同調することは無くなった。。


きっと、そう思える、実践実行していく精神の強さが必要だった… そう思います。



P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:華
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:12月31日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる