1年もそろそろ半分!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 30 [Sun], 2019, 23:35
国民生活の豊かさを示す「人間開発指数(HDI)」の世界ランキングで、日本は17位でした。この指数は、経済的尺度では測れない豊かさを数値化するため、平均余命、1人当たり国民総所得(GNI)や就学状況を組み合わせて算出するそうです。1位はノルウェー、2位はオーストラリア・スイス、10位はアメリカ、最下位188位は中央アフリカでした。

一方、イギリスの経済雑誌「エコノミスト」が発表した「QOD=死の質」ランキングによると、日本は世界40か国のうち23位でした。

「クオリティ・オブ・デス」を考えることは、「クオリティ・オブ・ライフ」に思いを馳せることです。
〇尊厳のある生き方を選ぶ
〇自分らしく生きる
〇自分で決める…どう死ぬか=どう生きるか

『生は有限であり、不公平であり、苦であり栄光であります。それを受容すること、つまり天に任せることです。』

「生まれるときもひとり、最期もまたひとり」という人の定めを受け入れると、かけがえのない命を大切にして生きるとは何かの真髄が見えてくるはずです。

どの哺乳類も一生を通じて心臓が脈打つ回数は、およそ決まっていて20億回くらいだそうです。

人間の心臓の鼓動の回数で、寿命を計算すると、
2000000000÷36792000回/年≒54.36年
(70回×60分×24時間×365日=36792000回)
で、約54歳だそうです。生誕20,000日が、ちょうど54歳9ヶ月に当たります。

ちなみに生誕30,000日が、82歳1ヶ月で平均寿命となり、生誕10,000日が、27歳4ヶ月になります。

かけがえのない命に感謝ですね。リズムオブラブ♪の『リズム』は、かけがえのない命の原点、母親の心臓の鼓動から名付けています。

お問い合わせ先
リズムオブラブ事務局
080-2258-2440
watanabemitsumi@gmail.com
http://www.heartandbody.net
渡辺光美のfacebookからも発信しています(^^)

太陽と生体リズムの関係!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 29 [Sat], 2019, 12:24
体内時計は本来24・5時間周期で、外界の24時間リズムに上手く合わせていくことが、心と体の健康を維持する上で大切です!

生体には、朝の光でリセットされる「脳の主時計」と、朝ごはんでリセットされる「腹時計」があるので、この2つを朝起きて1時間以内に行うことで、最高のリセット効果が得られ、体調よく1日が過ごせると言われています。

また、人間の生体は、起きてから15時間後には眠くなるようにできているので、その時間帯に寝る体制を作っておくことで、質のいい睡眠も得られます。

生体リズムに合わせることが、健康づくりの3要素「運動・栄養・休養」の質を高めることに繋がるのです(^^)

リズムオブラブ♪は「リズムヨガ」を通して、生体リズムに耳を傾ける時間・空間をお届けしています。

毎週金曜日午後2時〜、山梨県大月市にある健康増進施設『メディオ』(はちすか整形外科併設)で、ヘルス&メディカルフィットネスを開催しています。随時体験できます(^-^)

お問い合わせ先
はちすか整形外科『メディオ』
0554-22-1350

サークルメンバー募集中!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 28 [Fri], 2019, 21:54
山梨県富士河口湖町や鳴沢村で、金曜日(月2回)『ファミリーミットパーカッションRサークル』が開催されています。写真↑は、鳴沢教室から見える富士山です(^-^)

リズミカルな音楽に合わせた運動遊びの中で、事故や怪我を防ぐ安全で効果的な心と体づくりをファミリーで楽しく学んでいます。

思わぬ事故や怪我をする子どもが増えていますが、危険を察知して回避する能力は、机上や言葉では教えることはできません。子ども自身が自ら体感する以外に知る方法はありません。運動あそびの中で危険を体験することで、身を守る感覚が養われ、大きな事故や怪我を防ぐ力になります。

怖さや不安を乗り越える力、葛藤や躊躇しながらも挑戦しようとする意志を養うには、かくれんぼや鬼ごっこ、缶けり、ボール投げ、ゴム跳び等々の運動あそびは最適です。

神経系が急速に発育する幼少期から小学校低学年での運動あそびの体験は、一生の運動に対する認識ばかりでなく、危険を察知し回避する能力を決めると言っても過言ではないはずです。

サークルメンバーを随時募集しています。ぜひ体験にお出で下さいね(^-^)

お問い合わせ先
リズムオブラブ事務局
08022582440
http://www.heartandbody.net
watanabemitsumi@gmail.com

「PTA教育講演会」で命の尊さと守り方を伝える!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 28 [Fri], 2019, 18:19
山梨県上野原市にある秋山小学校で開催された「PTA教育講演会」にお招きいただき、「かけがえのない大切な命を自分で守る心と体づくり〜山梨発信!健康安全郷育プログラム」を楽しくお届けしました。昨年に引き続き、縁ありお招きいただき感謝します(^-^)

全校児童と保護者、職員で「スキンシップ&コミュニケーション」を楽しみながら授かった命の「尊さ・有り難さ」について体感していただきました。命のかけがえのない命の確率、先祖からの命のつながりの奇跡、「安全基礎体力」を養うリズム体操、「丹田」からの声出し、いざと言う時に大切な習慣「挨拶・返事」、危険察知回避能力『いか+の+お+す+し』、安全を確保するために必要な246メートルの「間合い」、自分の命は自分で守ることの根っ子になる「自己肯定感」等々お伝えしました。

リズムオブラブ♪は、未来を担う子ども達に児童期に体験させたい「危険察知・回避のリズム運動あそび」を、仲間・親・先生と一緒に感じる「かけがえのない命のリズム」とともにお届けしています。

『玉穂南小学校の子どもを考える会』で命の尊さと守り方を伝える!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 27 [Thu], 2019, 20:00
山梨県中央市にある玉穂南小学校で開催された「玉穂南小学校の子どもを考える会」にお招きいただき、「かけがえのない大切な命を自分で守る心と体づくり〜山梨発信!健康安全郷育プログラム」を楽しくお届けしました。互縁ありお招きいただき感謝します(^-^)

3〜6年生の児童と保護者、職員でリズム運動・リズム体操を楽しみながら授かった命の「尊さ・有り難さ」について体感していただきました。命のかけがえのない命の確率、先祖からの命のつながりの奇跡、「安全基礎体力」を養うリズム体操、「丹田」からの声出し、いざと言う時に大切な習慣「挨拶・返事」、危険察知回避能力『いか+の+お+す+し』、安全を確保するために必要な246メートルの「間合い」、自分の命は自分で守ることの根っ子になる「自己肯定感」等々お伝えしました。

リズムオブラブ♪は、未来を担う子ども達に児童期に体験させたい「危険察知・回避のリズム運動あそび」を、仲間・親・先生と一緒に感じる「かけがえのない命のリズム」とともにお届けしています。

『セーフコミュニティ』創りへのお手伝い7!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 26 [Wed], 2019, 16:35
山梨県都留市にある「いきいきプラザ」で開催された都留市主催「都留市セーフコミュニティ対策委員会6回合同会議」に互縁あり、アドバイザーとして参加させていただいています。都留市は、ふるさと山梨で初の、日本で17番目の「セーフコミュニティ」認証に向けて準備が進められています!有り難いことに構築に向けて応援をさせていただいています。感謝します(^-^)

今回も6つの対策委員会(交通安全・高齢者の安全・防災減災・防犯・心の健康・親と子の安全)に分かれて、現在の数ある問題点の中から各対策委員会で重点課題を洗い出すことでした。

「セーフコミュニティ」とは、住民らが連携して安全なまちづくりに取り組む自治体の名称で、安全・安心なまちづくりの国際認証制度です。安全なまちの証ではなく、継続的・体系的な基盤作りを指し、安全なまちづくりのためのツール・手段・やり方です。世界で約400自治体が認識されています。日本では京都府亀岡市が最初に認証されました。

「7つの指標」を手掛かりにまちづくりを進めます。それぞれの強みを生かした「協働」の仕組みを作り、根拠に基づいて地域の力を上げることで、これからの日本の安全の準備をする方法です。「みんな・実状・地域の力」がキーワード。そして、体と心のケガに着目し、未然に防ぐことが特徴です。

タテ・ヨコ・ナカの「協働」を構築し、今まであることをつなげ、今あることを最大限に引き出し、点→線→面となる取り組みをすることです。

「3つのサイクル」
診断…多面的・包括的な課題検討と対策

対策…既存の活動・取り組みを基盤、取り組みに「横ぐし」、既存の対策に「+α」

振り返り…取り組みの成果の可視化⇒共有

持続可能な取り組みをするために…
1、今あるもの・財産を活用する
2、楽しむ・お薦めできるか
そしてゴールは、家族や友だち、大切な人の幸せのために安全安心な社会を残すことです!

ふるさと山梨でリズムオブラブ♪がこれまで積み上げて来た「山梨発信!健康安全郷育プログラム」を通しての活動や方向性は間違いではなかった【自信】【確信】をいただいています。これからもサーベイランスを基本にしたプログラム開発に励み、健康で安全な環境づくり、ふるさと山梨づくりのために活動を進めて行きたいと思います。人と人がつながる安心な緩やかな人間関係、縦糸だけでなく横糸・斜糸を大切にした地域の再構築を目指します(^-^)

スポーツの原点は「あそび」!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 26 [Wed], 2019, 13:48
山梨県甲府市にある小瀬スポーツ公園武道館で水曜日午前10時半〜、山梨県スポーツ協会主催「春期スポーツ教室〜あそびのおけいこ〜」(全10回)が終了しました。次回は、秋期で9月4日(水)〜スタートします!
 
毎回の講座前半は、スポーツの原点である遊びやリズム運動などを通して安全基礎体力・コミュニケーション能力・リズム感等を養いながら、日常の危険から身を守る術を親子で学びます。後半は、子どもが自由遊びを楽しんでいる間に、「リズムヨガ」でママの心と体をリフレッシュ&メンテナンスしていだだきます。お待ちしています(^-^)
 
お問い合わせ先
小瀬スポーツ公園武道館
 
スポーツ界では、8〜12歳の児童期が「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、体の動かし方や競技技術を効率よく吸収できる年齢と言われています。
 
しかし、一生の内に神経系が著しく発達する4〜5歳の幼児期への働きかけを、おろそかにすることはできません。運動神経の善し悪しは、先天的遺伝で決定づけられず、後天的環境と運動との関わり方によって大きく左右されると言われています。従って、運動能力を開発するためには、幼児期の子どもに多種多様な体の動かし方(=遊び)を体験させることが必須となります。
 
スポーツの原点は、「遊び」です。「あそびのおけいこ」では、幼児期に必要な運動(=遊び)と、知識・技術を提供し、仲間あるいは親子で楽しみながら、幼児期の子どもに必要な運動能力を開発して行きます。
 
また、以下に挙げる子どもの心と体の現状を憂い、未来に向かい生き抜ける子どもの育成も目指しています。
子どもの心と体の現状
(1)心
〇ストレスの増加
〇意欲の欠如
〇判断力の低下
〇工夫できない
〇情緒や感情表出の欠如
〇社会性やコミュニケーション能力の欠如
(2)体
〇体力・運動能力・調整力の低下
〇顔面や手首のケガの増加
〇運動量の減少と動作の未熟さ
〇朝から疲れを訴える
〇生活習慣病(肥満・痩せすぎ)の増加
〇体温異常やアレルギーの増加
 

FM甲府76.3『歩いてみるじゃん!わが街甲府』16!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 25 [Tue], 2019, 19:43
山梨県甲府市にある「FM甲府」で昨年4月からスタートした地域活性化・地域再発見 新番組『オグリンとみっちゃんの 歩いてみるじゃん!わが街甲府』(FM76.3MHz 第2土曜日午後9時半〜・再放送は翌日の日曜日午前10時半〜)に、互縁あり「やまなし大使・健康安全郷育アドバイザー」として、アシスタントをさせてせていただいています。第16回目の収録がありました。感謝しますm(__)m

この番組は、皆さんの知らない甲府の魅力にどんどん迫って行く番組で、「今日の主役はあなた!」「この店が熱い!」「今日の美人ママor今日のイケメン」など、コーナー盛りだくさんです♪

ネットの「サイマルラジオ」からだけではなく、テレビの「NNS日本ネットワークサービス」(11Ch)からも聴くことができますよ(^-^)

第16回目「今日の主役はあなた!」のゲストは、「夢甲斐」の酒井大介さんでした。

甲府市内で活躍する人々にスポットを当てて毎回紹介していくほか、中心部で長年にわたって営業を続けている老舗や新しくオープンしたお店など、店主の口コミのリレー形式で紹介して、地域活性化のために何ができるのかをみんなで考えて行きます。ぜひ聴いてくださいね♪

「こんな素敵な活動をしている人がいる」とか「お薦めの美人ママ、イケメン(=イケてるメンず)がいる」など、皆さまからお寄せいただいた情報を紹介して行きたいと思います。フェイスブックの番組ホームページ、またはファックス055-255-1190まで、どしどしお寄せくださいね。リスナーのみなさまと一緒に楽しい番組を創って行きましょう(^-^)

甲府市「放課後子供教室」で『自己防犯教室』!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 25 [Tue], 2019, 18:54
山梨県甲府市にある舞鶴小学校体育館で開催された甲府市教育委員会主催「放課後子供教室」に、「かけがえのない大切な命を自分で守る心と体づくり〜山梨発信!健康安全郷育プログラム〜」をお届けしました。感謝します(^-^)

子どもを犯罪から守るためには、『いか・の・お・す・し』を唱えるだけでなく、【実践する】ことが大切です。

ふるさと山梨における児童の安全の盲点は、特に「放課後の児童の居場所」だと、長年地域を駆け巡る中で感じてきました!

「命のかけがえのなさ・尊さ・はかなさ」「自助7:共助(協助・近助)2:公助1」について思いを馳せる時、まずいざと言う時の身のこなし方・体の使い方を学び、「自分で自分の命を守る」術を体得することが大切だと気づきます。

子どもたちは頭ではわかっていても、危険に直面すると恐怖のあまり体が硬直してしまうのが現実です。従って、いざという時に反射的に行動できるようになるには、講和を聴くだけでなく、実践を通じて「安全基礎体力」「危険察知・回避能力」を身につけることが大切です。

児童の放課後の居場所、保育・教育現場における、子どもの「自分で自分の命を守る力」の育成、自ら考えて行動できる「実践的健康安全プログラム」の励行、かけがえのない命を大切にできる「自己肯定感」の醸成が急務です。

リズムオブラブ♪の「山梨発信!健康安全郷育プログラム」を通して、「かけがえのない大切な命を自分で守る心と体づくり」を体得しましょう(^-^)

幼児の「水遊び」にご用心!安全&健康&ハピネスを創るリズムオブラブ♪

June 24 [Mon], 2019, 17:20
「水遊び」をしたくなる季節になりますね!「水遊び」の場では、保護者や先生などが必ず一緒に遊ぶか見守ることが必要です。特に幼児は、水深10?でも溺れてしまう可能性があります。0〜1歳児の場合は、約8割が「浴室での溺死」です。

遊ぶ幼児を見守る場合は、子どもの年齢や遊びに伴うリスクの難易度に応じて、「目が届く位置か」
「声が届く位置か」
「手が届く位置か」
を探して、そこから見守ってください。

人間が生まれた時は、4頭身、成人では7頭身から8頭身になります。幼児は、5頭身前後で、頭部の比率が大きいのが特性です。

そのため歩いたり走ったりすると、バランスを失いやすく、また、筋力や敏捷性などに欠けるために、物につかまって体を支えたり、早く身をかわすことができず、転倒・転落しやすいのです。

また、胴体の厚さより、頭部の直径が大きいことから、身体は柵などの隙間を通り抜けても頭が引っ掛かるという事故が発生しています。一方、頭部が通れば、身体は通ることから、落下事故も発生しています。

リズムオブラブ事務局
08022582440
watanabemitsumi@gmail.com
http://www.heartandbody.net
渡辺光美のfacebookからも発信しています(^^)

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リズム・オブ・ラブ
読者になる
山梨発信の楽しい健康安全郷育プログラムです。
リズミカルな音楽に合わせ、ケガや事故を防ぐための安全で効果的な体の使い方をマスターできます。
リズムオブラブのリズムは、生命の源である母親の心臓の鼓動が原点です。
親子のプログラムを基本に、誰もが生涯を通じて身近な場所で楽しめる内容を展開中です。幼児・学生、ファミリー、一般成人、障がい者、高齢者向けなどコースも充実。かけがえのない命を育む種を共に蒔きましょう。
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる