医療事務管理士検定の概要

June 10 [Fri], 2011, 16:59
医療事務管理士検定は、技能認定振興協会(JSMA)が主催している技能検定試験です。
特許庁により「医療事務管理士」という称号が、平成17年に認可された後、広く認知される資格となりました。

医療事務の求人の応募するさいに持っていると有利な資格です。



この検定試験は、医科と歯科があります。

どちらも受験資格は特になく、誰でも受けることが可能です。
試験内容は、実技試験と学科試験の両方が課されます。

実技試験では診療報酬明細書の作成、学科試験では、法規(医療保険制度、後期高齢者医療制度、公費負担医療制度について)・医学一般(各臓器の組織、構造、生理機能など)・保健請求事務(診療報酬点数の算定、診療報酬明細書作成方法など)などが出題されます。

試験時間は、実技が約3時間、学科が1時間と、実技試験の時間が大変長いです。
受験料は6,000円です。
合格率は、医科が約4割、歯科が約6割と、さほど難関ではありません。




問い合わせ先は、(株)技能認定振興協会(JSMA) 〒101-0024東京都千代田区神田和泉町1-12-17 久保田ビル 3F TEL:03-3864-3559です。


  • URL:https://yaplog.jp/rhlol/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。