grgrggregr4554

July 21 [Sat], 2012, 9:40
「しかしついでに散歩をなすったらちょうど好

いじゃありませんか」
 先生は何とも答えなかった。しばらくしてから、「私のは本当の墓参りだけなんだから」といって、どこまでも墓参
ぼさん
と散歩を切り離そうとする風
ふう
に見えた。私と行きたくない口実だか何だか、私にはその時の先生が、いかにも子供らしくて変に思われた。私はなおと先へ出る気になった。
「じゃお墓参りでも好

いからいっしょに伴

れて行って下さい。私もお墓参りをしますから」
 実際私には墓参と散歩との区別がほとんど無意味のように思われたのである。すると先生の眉
まゆ
がちょっと曇った。眼のうちにも異様の光が出た。それは迷惑とも嫌悪
けんお
とも畏怖
いふ
とも片付けられない微
かす
かな不安らしいものであった。私は忽
たちま
ち雑司ヶ谷で「先生」と呼び掛けた時の記憶を強く思い起した。二つの表情は全く同じだったのである。
「私は」と先生がいった。「私はあなたに話す事のできないある理由があって、他
ひと
といっしょにあすこへ墓参りには行きたくないのです。自分の妻
さい
さえまだ伴れて行った事がないのです」



 私
わたくし
は不思議に思った。しかし私は先生を研究する気でその宅
うち
へ出入
でい
りをするのではなかった。私はただそのままにして打ち過ぎた。今考えるとその時の私の態度は、私の生活のうちでむしろ尊
たっと
むべきものの一つであった。私は全くそのために先生と人間らしい温かい交際
つきあい
ができたのだと思う。もし私の好奇心が幾分でも先生の心に向かって、研究的に働き掛けたなら、二人の間を繋
つな
ぐ同情の糸は、何の容赦もなくその時ふつりと切れてしまったろう。若い私は全く自分の態度を自覚していなかった。それだから尊
たっと
いのかも知れないが、もし間違えて裏へ出たとしたら、どんな結果が二人の仲に落ちて来たろう。私は想像してもぞっとする。先生はそれでなくても、冷たい眼
まなこ
で研究されるのを絶えず恐れていたのである。
 私は月に二度もしくは三度ずつ必ず先生の宅
うち
へ行くようになった。私の足が段々繁
しげ
くなった時のある日、先生は突然私に向かって聞いた。
「あなたは何でそうたびたび私のようなものの宅へやって来るのですか」
「何でといって、そんな特別な意味はありません。――しかしお邪魔
じゃま
なんですか」
dominicancupid.com邪魔だとはいいません」
 なるほど迷惑という様子は、先生のどこにも見えなかった。私は先生の交際の範囲の極
きわ
めて狭い事を知っていた。先生の元の同級生などで、その頃
ころ
東京にいるものはほとんど二人か三人しかないという事も知っていた。先生と同郷の学生などには時たま座敷で同座する場合もあったが、彼らのいずれもは皆
みん
な私ほど先生に親しみをもっていないように見受けられた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grgrgre
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/rgreg55/index1_0.rdf