北朝鮮問題に思うこと

January 24 [Wed], 2018, 21:57

一時期ほどではありませんが、
今なお北朝鮮の脅威がすぐそこにあります。

僕はこの問題について発言している人をみると疑問に思うことがあります。

それは、北朝鮮を経済制裁などで追い詰めること。です。

北朝鮮は周辺諸国に危険を与えていることはたしかな事実です。
そして、北朝鮮が言うことを聞くように、アメリカや日本は経済制裁を強化し
世界の国々にそれを呼びかけています。

そして、北朝鮮は追い込まれていき、、、
アメリカや日本の要求を呑むか、軍事行動を起こすか、
この選択に限られてくるでしょう。

という流れを見てると、いや、これって
似たような話しを聞いたことあるんですよね。

そう、日本です。

一部の人(特に右寄り)は、アメリカとの戦争は、
アメリカの要求を呑むか、戦争か。
そして、日本は戦争を選んだと主張する人がいます。

では、このように主張する人たちは、北朝鮮に同情的なのでしょうか?

いや、逆ですよね(笑)むしろ、北朝鮮はけしからん!と言っています。

本来ならば、一番北朝鮮に同情しなければならない人たちが、
北朝鮮に対して攻撃的であるというのが私には理解ができません。

もちろん、私は北朝鮮が正しいと言っているわけではありません。
北朝鮮の行為は決して許されるものではありません。

しかし、もうひとつ、言わせていただくなら
核兵器を持っている国や核兵器に守られている国が
持っていない国に対して「持つな!」ということは説得力がなさすぎます。

でも、核兵器は世界からなくなることはないと思います。

その理由は、「日本が核兵器を認めているから」

唯一の被爆国であり一番、核兵器の残酷さを知ってる日本人が
核兵器の存在を認めてしまっているのです。


クリックお願いします

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
  • URL:https://yaplog.jp/revolution-j/archive/7
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうたろう
読者になる
2018年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/revolution-j/index1_0.rdf