カウンセリングワークショップ部分参加について

2005年07月31日(日) 0時51分
 8月5日〜8日に行われる、日本カウンセリングセンター主催の「夏季カウンセリングワークショップ札幌会場」の申込みの締め切りは、既に過ぎていますが、もし、部分参加であれば、参加できるのに・・・と考えていた方がいましたら、相談に応じますので、申し出てください。

ワークショップについての案内は、こちらをご覧ください。
http://yaplog.jp/relshy/archive/45

主催の日本カウンセリングセンターのHPの、夏季カウンセリング・ワークショップのページも合わせてご覧になってください。
http://counseling.web.infoseek.co.jp/framepage.html

雨竜沼湿原

2005年07月28日(木) 17時42分
7月26日、朝3時頃札幌を出発して、雨竜沼湿原へ。
登山届けは、7時5分入山、下山予定12時半。
登山口は曇りで、山頂の方を見上げるとガスの中。
ちょっと不安でしたが、登山口の係の人の、「花は最高ですよ」の言葉に期待して登山開始。
湿気があるので、蚊に刺されました(泣)が、めげずに、ゆっくりリズムで山や小川、木々や草の香りを楽しみながら・・・。
平らになってからちょっと行くと、エゾカンゾウとヒオウギアヤメの群落が出迎えてくれました。
でもでも、これは序の口だったのです。
さらに進むと、湿原が広々と開けました!
今年は雪解けが遅いせいか、花の時期がずれこんでいるようです。
いっぺんに花が咲いたようで、こんな姿を見ることができて、感激です!
以下の画像は、「湿原に立つ美人」(顔写真公開の承諾済みです)と、「霧の湿原」です。


7月26日カウンセリング学習会の案内

2005年07月25日(月) 9時34分
 暑い日々が続いています。皆様、お元気ですか。
 前回の学習会で、私は、「核心に触れる」ことができるようなお茶を・・・とブレンドしてもらったハーブティーを用意しました。やはり、もう一人のメンバーも、「今日は核心に触れる話をしなきゃ」と思いながら参加しました。
 「核心に触れる」とは、フォーラムのあり方に関すること。これからの方向性。友田不二男先生という大きな存在を支えにフォーラムも歩んできたようなところも確かにあったのだと思います。カウンセリングとは何か、カウンセリングで何を学ぶのか、フォーラムで、何を学ぶことができるのか、などについて、新しくフォーラムに参加されようとしている人から質問を受けたとして、どう答えるのか。簡単には答えられないのが本当のところです。フォーラムは、最初から自立していたはずですが、友田先生の存在に頼っていたところもあったのかもしれません。フォーラムの歩みをもう一度振り返ってみると、受け入れること、誰でも参加できること、第2第4火曜日の夜ということで、ずっと続けてきたこと、それだけでも、安心できる場所となっていたということは確かなことであるのです。
 カウンセラーを育てるためのカリキュラムを作ったらどうか、という話題は、何度か出ましたが、内容を詰めるところまで話されたことはありませんんでした。それに取り組む余裕のなさもありましたが、もっと、フォーラムとは・・・カウンセリングとは・・・ということがもっと明確にならなければできない、という理由もあるからだと思います。カウンセラー育成よりも自分の成長のことが重要なテーマになってきてしまうのだと思います。しかし、実際に、クライエントと呼ばれる存在を持たなくても、日常、人の話を聞く立場にある人たちの参加があり、事実上、カウンセリングをしている人たちの集まりでもありました。
ホッとできる場所、それがフォーラムでもあるのだ、とも思っています。まだまだ、こんな話題は続くのかもしれませんが・・・フォーラムの方向性について、少し納得してきた気もしています。
 また、フォーラムで出た話題を、発言者のいない場所で話すことの問題性の話題もありました。何でも話せる場所、ということは、学習会自体がカウンセリングの実践の場であることにもなり、プライバシーの保護は重要な問題です。しっかり考えなくてはならない問題です・・・。

東雲湖

2005年07月20日(水) 8時56分
7月19日は、然別湖の横にある、北海道三大秘湖のひとつである、東雲湖に行ってきました。
札幌を早朝5時過ぎに出発し、11時前くらいに然別湖到着。
11時17分から登山道を歩き出しました。
然別湖畔を歩くのはとっても気持ちよくて。
水の色は、深い青緑。ここも十分神秘的。
然別湖畔から、山の中に入っていくと、東雲湖のエリアなんだな、と雰囲気が変わります。
ナキウサギの生息地の岩場では、ちょっとだけナキウサギが顔を見せてくれました。
この岩場を越えたらすぐに東雲湖が見えました。もう感激。
「東雲湖」の看板もありました。
でも・・・その看板から東雲湖畔まで降りる道は、笹に覆われて、かきわけて進まねばならず、ちょっと原始人の気分。
湖畔から眺める東雲湖は、ひっそり静かに、別世界を作り出していました。
ミシミシッ、という音を友達が聞き、かも・・・!!!とドキドキ。
お昼をゆっくり食べる気分も吹っ飛び、下山開始。
行きよりも明らかに早足で、人間がいることを熊がわかるように、「ヤッホー」と叫びながら然別湖が見えるところまで必死に歩きました。
然別湖畔まで来ると、雰囲気が違って、人間の里に下りてきたような感覚がありました。
東雲湖は、まさに動物たちの神聖なエリアなのでしょうね。
登山届けへの記入は入山11時17分、下山15時02分。
この日は、東雲湖行きの届け出は男性一人しかなかったので、私たち3人と合わせて4人だけ、この東雲湖の神秘に触れさせてもらったんですね。
以下の画像は、東雲湖。


大雪山の黒岳

2005年07月20日(水) 8時35分
7月17日は黒岳登山。
早朝3時に3人で札幌を出発し、ゆっくり運転して北上。
途中、愛別の知り合いの家に寄り、みそ汁とタケノコの煮物、カニを少しいただき、昼のお弁当「カニ飯」まで持たせていただいて、感激しました。
愛別に泊まっていた5人も加わってロープウェイまで行きました。
7時40分のロープウェイに乗り込み、リフトを乗り継いで7合目まで。
頂上目指して登り始めましたが、登山道に雪渓が残っていて、その雪解け水でぬかるみもあって、歩きにくく、登山が初めての人が多かったので、ちょっと苦労していました。
ゆっくりペースで登り、無事全員頂上へ。
頂上は、ちょっとガスっていて、風もビュービュー。
記念撮影してから、早めに下山開始。
ゆっくりゆっくり降りて、無事みんな下山。
以下の画像は、途中のお花畑。山中花だらけでした!

話したいことを話せないということ

2005年07月14日(木) 19時30分
プライバシーに関して、他にも考えさせられる話を聞きました。
公的な役割についている方、守秘義務のある職業についている方のストレスの問題です。
誰かに話してしまえば、すっきりすることも、守秘義務のために、誰にも言えない苦しみ。
本当に信頼できる人に話せば、いいのかもしれないのですが、それもやっぱり厳密に言えば、守秘義務を守っていないということになるのでしょうか。
守秘義務を守ってくれるはず、という役割をもった人のところに行って、また聞いてもらう、ということになるのでしょうか。
めぐりめぐって、誰に聞いてもらえばいいのだろうか・・・誰もいないのでは・・・なんていうことも起こりかねない、とふと思いました。
ただ、他にも思うことがありました。
具体的なことを次々と不満のように口からはき出されることは、本当に言いたいことではないんだ!ということ。
本当に言いたいことは、たとえば・・・「もう重荷を背負うのは限界!」という思いだったり、「もっと私のこと見てちょうだい!」という思いだったり、「束縛しないで自由になりたいの!」という思いだったりで、そんなに具体的な事象は関係なかったりの場合が多いのではないかな、と思うのです。
そうならば・・・その本当の思いを話すことができれば、とっても楽になれるのではないかな、と思いました。
ストレスをかかえ、言いたいことが言えなくなっている人・・・。
守秘義務にかかわらない「ことば」というのが、本当に言いたいことなのではないでしょうか。
私自身、守秘義務に関わる仕事をしています。
自分の状態をよくしていないと、良い治療もできませんので、私自身にもかかわる問題です。
ただ、東洋医学では、言いたくても言えないこと、という鬱積したものも、汗や尿、二酸化炭素として排泄することでも、バランスをとります。
身体と心はひとつで、連動しているのですから。
必ずしも、「ことば」での発散に頼らずとも、スッキリすることは多いと思います。
東洋医学だけじゃなくても、色の効果、ハーブやフラワーエッセンスなど、いろいろ力になってくれるものがありますが、こういったものは、自己判断せず、信頼できる専門家にお願いすることをオススメします。
話してはいけない、ということは、抑制ですから、つらいことですものね。
がんばりすぎているかた、どうか楽になれますように・・・。

プライバシーについて

2005年07月12日(火) 23時58分
ある人から、プライバシーに関する話があり、いろいろ考えさせられました。
カウンセリングという人の内面を扱うということにより、知り得たことを、本人の了解を得ずに話してしまうことの問題等々・・・。
また、鍼灸も医療ですので、心の問題だけではなく、身体も含めて、個人の情報を握ることになります。プライバシーの問題は、しっかり考えないとならないことと思います。
そういった、カウンセリングや医療や教育・・・または、仕事上知り得た情報を漏らすことは、明らかなわかりやすい問題なことなのですけども。
日常でも、プライバシーの保護に似た問題が起こると思います。
仲の良い友達同士、職場の仲間同士、近所の人同士・・・などで出た話題を、また違った仲間の中で話題に出すとき・・・。
本人がいないところでの噂話とか、話した内容が曲解されたまま伝えられてしまうとか・・・いろいろなことが起こる可能性があり、それについて、不安になる、ということもあると思います。
いつでも24時間100%、全ての人を信頼している、という自信が全ての人にあれば、そんなことは起こらないとは思うのですが。
疑心暗鬼になってしまうのはとても悲しいことです。
でも、そう思ってしまうような出来事がたくさんあるので、そう思ってしまうのが現実なのだと思います。
できることは・・・。自分が話すことには責任を持つこと。全ての人を信頼すること・・・。全ての人の良心を信頼すること。それしかないのかな、と思っています。
現実には、悪徳商法にひっかかった自分もいて。
人を心底信頼して、正直に生きる、ということは、難しいことだと思いました。

なんだか、意味不明の文章のような気もしますが、正直な自分の気持ちをそのまま書きました。


ニセコ鏡沼

2005年07月03日(日) 18時37分
初めての画像アップ。
6月28日の火曜日、朝早く出発して、友人と二人でニセコの神仙沼に行ってきました。
そこで思わぬ展開へ。。。神仙沼で出会った大阪の一人旅の男性との出会いから、私たち2人も一緒に鏡沼へ行くことになったのです。
神仙沼ももちろんステキだったのです。
しかし、この鏡沼・・・別世界でした!
ワタスゲの群落が、天国のようでした!!!
シダ植物も、蛍光色の黄緑色に輝いていました!
ニセコへ誘ってくれた友人に感謝。
神仙沼での新たな出会いに感謝。
こんなステキな世界を見せてくれる自然に感謝。
感動いっぱいの一日でした。
以下の画像は、友人と、一人旅の男性の撮ったものです。

2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像三上諭
» 合同会社ノアールシーン設立 (2016年03月07日)
アイコン画像えぼけん
» 11/21〜23の臨時休業について (2012年03月04日)
アイコン画像S
» 英語の論文読んでいます! (2011年09月15日)
アイコン画像RELSHY・鮒田新世
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像hiroshi・n
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像ひろぽん
» マフェトン理論とLSDトレーニング (2009年03月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鮒田新世
  • アイコン画像 誕生日:1968年8月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-スキー・登山
読者になる
鍼灸師です。 パワーストーンを使ったセッションも行っています。 冬は、スキーのインストラクターもしています。 宇宙のリズムに合わせて、自然の一部として生きることが、自分のために生き、他の人々の幸せにも通じることと思っています。 まずは「今」という時を・・・「自分」が幸せであるということを感じることが大切だと思っています。
Yapme!一覧
読者になる