ボディイメージ

2005年02月14日(月) 11時55分
 学生時代、障害児教育で、フランスの医師セガンについて少し学びました。セガンは、「精神遅滞児の生理学的教育」の中で「生理学的感覚教育こそが知能の陶冶のための王道であり、記憶でなく経験こそが理念の母である。」 と述べています。学生時代はセガンにあまり興味がわかなかったのですが、実際に知的障害の養護学校勤務時代に子供達にかかわり、日常動作その他の指導をし、そして趣味としてスキーを教わっていくうちに、セガンの教育を思い出していました。 セガンについての学習で印象に残っていることの中に、模倣の難しい子供についての教育についてがありました。そのうち、セガンについて本を読んで、このブログにも書きたいと思っていますが、今回は、スキーの指導に関して思うところを書いてみます。

 スキーでの指導では、「このように滑って下さい」とインストラクターが滑って見せ、模倣させる、ということが多いのですが、この模倣は場合によってとても難しいものと感じることがあります。
 模倣というのは、まず、相手の動きを目で見て、それを自分の身体を動かした場合はどうなるか、と自分のボディイメージをしないとならないのです。この、目で見て得た情報を、自分の脳の中で、身体を動かした場合へのイメージ変換がうまくなされないと、うまく模倣ができないのです。

 ダンスや体操などの指導でも、このように、と見せたところで、右左逆になってしまったりといった間違いは多く起こります。
 後ろ姿を見せることで、自分の身体を動かした場合へのイメージ作りをすることが楽にでき、正しい模倣へと導くことに成功することは多いと思います。
 スキーでは、何も言わずついておいで、と指導者のすぐ後ろを滑ることが運動のイメージが即身体の動きに伝わり、無意識に上達していく場合が多いです。

2月8日カウンセリング学習会の案内

2005年02月06日(日) 19時16分
以下は、カウンセリング学習会の案内の葉書と同内容です。

 立春を過ぎ、身体の内部は春のエネルギーが動き出してきます。雪景色の中には春の姿はどこにもないように見えますが、気分は活動的になってきませんか?

 前回の学習会は、第二章のP29〜に書かれている、ロジャーズのウィスコンシン大学農学部の学生時代の、YMCAの仲間のグループでの活動について読みました。ちょうど、YMCAに長く携わってきたメンバーが、YMCAの歴史やその団体独自で使われる言葉の意味などを体験に基づいた話からイメージを示してくれたので、大変理解が深まったように感じています。
 「グループ」というのは、いわゆる「小集団活動」ということを指しているのだろう、ということ。「恵まれない環境にいる少年のための夏季キャンプのカウンセラー」という言葉では、いわゆる「リーダー」のことであろう、ということ。「非指示的療法」「来談者中心療法」「人間中心療法」という言葉で「カウンセリング」を説いている時代のロジャーズに対しての方がなじみがあるメンバーの方が多く、「グループ」や「カウンセラー」という言葉に対するイメージを切り換えて読まなくてはならないため、YMCAでの活動の詳細について聞けたことは、大変有意義な時間になりました。
 目的を持って活動を展開していくという「小集団活動」と、「ご自由に」というスタンスでの「エンカウンターグループ」の違いなどに触れ、この時代のロジャーズの考え方が、今後どう変化していくのかを読み進めていくことがますます楽しみになりました。
 副題が「わが人生と思想を語る」であるこのテキスト、ロジャーズの歴史とも言えますので、読むとどんどん惹きつけられていくようです。学習会も春の兆しが訪れていたののでしょうか?!
 次回は2月8日です!お待ちしてます!

立春

2005年02月04日(金) 16時53分
 今日は立春。
 今日から春っていうこと。
 今日から、一年の始まり。

太陽視黄経 315 度
春の気たつを以て也(暦便覧)
この日から立夏の前日までが春。まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、九州や太平洋側の暖かい地方では梅が咲き始める頃である。  
「こよみのページ」より引用

 春は、木運の氣・・・肝臓の精気、すなわち肝臓のエネルギーが旺盛になる季節です。
 「木」の性質は、まっすぐにすくすくのびのびと伸びていくということ。
 春は「発生」の季節。
 すべての物が芽生え、万物は生き生きと栄えていきます。
 人間の養生法も、心身ともに生き生きと陽気を発生させることが大事です。
 古典には、夜更かしをしてもかまわないが、朝は早く起きること、と書いてあります。
 天と地のエネルギー、陽気を胸いっぱいに取り込み、体内の陽気を大事に育てます。
 
 立春とは、一年のうちの陰と陽の変化の時でもあるのです。今まで、貯めてきたエネルギーを、芽を出すために一気に使うという勢いのある時期です。動物に例えると、鳥。俊敏に動く様子は、まさに春の性質。
 人間も、そわそわ落ち着きがなくなったり、活動的になったりする人は多いでしょう。テーマはのびのびと、生き生きと・・・なので、勢いを殺すようなことはせずに、まっすぐ伸びていけるように、コントロールすることを主眼にするのが良いと思います。
 今まで潜んでいたものが、新たな症状となって現れてくることも多い季節です。せっかく出てきた悪いもの、いらないもの、すなわち邪気を、抑え込んでしまうと、これから1年、また邪気を持ち越してしまうことになります。できれば、汗や大小便、呼吸の二酸化炭素などで、排泄してしまいましょう。
 でも、特に弱った人は・・・大事なエネルギーを発散させ過ぎて、動く気力もなくなる、なんてことがないように下さいね。


 
2005年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像三上諭
» 合同会社ノアールシーン設立 (2016年03月07日)
アイコン画像えぼけん
» 11/21〜23の臨時休業について (2012年03月04日)
アイコン画像S
» 英語の論文読んでいます! (2011年09月15日)
アイコン画像RELSHY・鮒田新世
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像hiroshi・n
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像ひろぽん
» マフェトン理論とLSDトレーニング (2009年03月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鮒田新世
  • アイコン画像 誕生日:1968年8月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-スキー・登山
読者になる
鍼灸師です。 パワーストーンを使ったセッションも行っています。 冬は、スキーのインストラクターもしています。 宇宙のリズムに合わせて、自然の一部として生きることが、自分のために生き、他の人々の幸せにも通じることと思っています。 まずは「今」という時を・・・「自分」が幸せであるということを感じることが大切だと思っています。
Yapme!一覧
読者になる