内臓と色・2・・・「黒」

2004年11月27日(土) 12時11分
 色について、第2段は「黒」。
 「黒」と関係が深いのは、五臓のうちで「腎」です。
 今は、立冬を過ぎていますから、暦の上で、「冬」ですので、「腎臓」の季節であり、「黒」は、体調を良くしてくれる色となってくれるでしょう。

 「腎」の役割は、生命の根本である先天の精(生命エネルギー)を、大事にしまっておく、貯蔵庫のようなものです。父母から引き継いだ先天の精に、さらに飲食物から造られた後天の精を常に補充して「腎」に貯蔵しておきます。そこから、生きていくために必要なエネルギーを各臓器に運び、生命活動を営んでいます。

 「腎は水の蔵、津液を主る」と古典にあります。
 「津液」とは、体内の水分を総称したものですので、「腎」は、体内の水分量を管理し、不要な水分を膀胱に貯めて、尿として排泄します。この働きは、西洋医学でいう「腎臓」と「膀胱」の働きと似たものになります。

 「腎の合は骨なり、其の榮は髪なり」「歯は骨の終わる所なり」「腎氣は耳に通ず」と古典にあります。
 「腎」と骨、歯、耳、髪などとは関係が深く、これらの組織器官の状態によって、「腎」の状態もわかってきます。老化現象が進むということは、生命エネルギーの貯蔵庫である「腎」の衰えであるということになります。白髪や脱毛、骨粗鬆症、入れ歯になる、耳が遠くなるなどは、老化現象として一般的ですね。

 「腎」は、父母からもらった生命エネルギーが元となっていますが、さらに、子孫を残すための生殖能力をも生み出します。次々と、生命のエネルギーを引き継いでいくのです。
 そして、生命エネルギーの根本ということは、生命力そのものでもあり、病気に負けない力も「腎」の働きによるということになります。
「遺伝」「免疫」などとも関係が深いということが言えるということになります。

 「腎」は呼吸とも関係が深いのですが、「肺」が息を吐いて排出、「腎」が吸って「氣」を貯蔵する、という意味合いになります。
 深呼吸は、吐くことができないと、吸えません。「肺」の働きがあるからこそ、「腎」も機能するとも言えます。「腎」の生命エネルギーがあるからこそ、他の臓が機能できるとも言えますので、相互に助け合っているということになります。五臓全てが協力しあってバランスを保って機能することが健康の秘訣ということです。

手稲山初滑り

2004年11月24日(水) 8時30分
 昨日は、3人で手稲山にスキーを担いで登り、初滑りしてきました。
 今年から手稲山のスキー場は、オリンピアスキー場とハイランドスキー場がゴンドラでつながり、一つのスキー場になります。
まだ、ゴンドラの工事の途中で、完成は12月下旬。スキー場自体のオープンは、予定は11月20日でしたが、雪不足で、まだオープンのめどはたっていません。
 昨日は、ロープウェイの麓から歩き出し、頂上まで行くまで、下ってくる人3人、登り2人に会いました。全員、登るのが目的で、もちろん下りも歩いて降りる人たちです。
 頂上に着くと、もう一人山をこれから歩いて降りるという人に会いました。また、スキーをはいている人2人にも会いました。
 スキー場がオープンする前の雪の少し積もった山は、静かで、ゆっくり雰囲気を楽しむことができます。スキーをつけて降りてくると、真っ正面に虹まで迎えてくれました。半年ぶりの雪は、湿って、うまく曲がれるか、不安でしたが、板を信頼し、重力に身を任せると、ちゃんと思った方向へ曲がってくれました。久しぶりの雪の感触に感激しながら、急斜面へ。先輩スキーヤーが先に飛びだし、草がまだところどころある中、ダイナミックにターンしていき、それに触発され、少し自分もスピードと落下の感覚を楽しみました。そこから下は、雪が少なすぎてスキーで降りるところが困難なところが多く、時々スキーをはずし、担いで歩きを入れながら下山しました。
 大満足のスキー初滑りでした。

内臓と色・1・・・「白」

2004年11月21日(日) 7時20分
リンク先のCouleurさんの記事の中で、風邪を引いた時に色で治す、とありました!
スゴイ発想だと思いましたが、良く考えてみると、東洋医学的にいっても、理にかなっているところがあるのです。

 「白」は、五臓の働きの中では、「肺」と関連が深いのです。
 「諸々の氣は、皆肺に属す」と古典に書かれています。
 肺の作用は、呼吸。呼吸によって、「天の氣」、即ち、陰陽でいうと「陽の氣」を取り入れます(陰の氣は脾胃の作用で飲食物によって取り入れます)。

 「肺の合は皮なり、その榮は毛なり」と古典にあります。
 肺は皮毛を主どる、即ち、皮膚と関連が深いということです。
 皮膚の作用は、外からくる邪気(東洋医学では、病の原因となるもの、身体が不必要と認識するものを総称して邪気と読んでいます)が体内に新入しようとすることから身体を守ること。

 「肺」と表裏の関係にあるのは「大腸」。
 どちらも、排泄作用。
 「肺」は呼吸において、いらなくなった濁った氣(西洋医学的には二酸化炭素)を排出しています。
 「大腸」は、飲食物を栄養として体内に取り入れたあとの糟粕として、大便を排泄します。
 いらなくなったものは、身体にとっては毒になり、邪気ともなります。邪気を排出させるには、肺(表裏関係の大腸も一緒に)が大活躍しているということになります。

 

11/30のカウンセリング学習会案内

2004年11月20日(土) 23時59分
以下、「次回のカウンセリング学習会の案内」の葉書と同じ内容です。

 手稲山の新雪50pのところをスキーで初滑りした、と知り合いの方からメールを貰いました。確実に雪の季節は近づいているんですね!下界ももうすぐです。
 前回の学習会では、ある講座を主催したフォーラムの仲間の人の話題がありました。「講座」という名のもとに集まった人が、何を求めて集まってきたのか、ということ。また、「講座」を開いた本人が、何をしたくて開いたのか、ということ。模索、試行錯誤の段階であるのかもしれないということのようでした。
 このフォーラムの学習会に関しても、何を目的に集まっているのかは、それぞれ、みんな違っているのだと思います。決まっているのは、「自主」学習会であること。テキストが『人間尊重の心理学』であること。もっとも、テキストは、必ずしも毎回読むわけではなく、その時の話題によっては、その話題の方が重要と参加メンバーが認識してしまえば、その話題でいってしまいますが。
 いろいろな団体で、いろいろな会が「学習会」「講座」「セミナー」「セッション」「研究会」などなどの名前で行われています。参加者は、その名称によっていろいろな内容を思い浮かべて参加しようと決めるのでしょう。しかし、「講師」「先生」「指導者」などのような立場の人が、知識や技術を伝える、という形式のものの方がまだまだ多いのかも知れません。
 自主学習会という抑えであれば、それぞれの参加者が主役であり、それぞれが「講師」「先生」「指導者」にもなることもできれば、「学ぶ者」にもなることができます。自主学習会ですので、やはり「学ぶ」ことが基本なのでしょう。そして、「自主的」に学ぶという会ということですね。自分の姿勢を問われていることにもなり、そう思えばこそ、真剣にもなります。
 次回学習会は、第5火曜日の11/30です。
11/23は、祝日なのでお休みです。お間違えのないように。

漢方薬と鍼灸

2004年11月18日(木) 22時59分
 今日は、薬剤師の方と鍼灸師との、合同での学習会に行って来ました。
 漢方薬と、鍼灸を併用すれば、もっと治療効果があがるのだろうけども、あまり鍼灸師と薬剤師の交流が深いわけでもなく、実際は、別々に治療方針をたてていることが多いのです。
 お互いの知識を交換しあい、共通の診方ができるようになれば良いという展望で合同の学習会をすることになったということなので、私も参加させてもらいました。
 中国最古の医学書は、「黄帝内経」です。それは、「素問」と「霊枢」という二部分に分かれています。「霊枢」は、鍼灸に関しての記述になるので、漢方薬を扱う薬剤師さんが読む最古の医学書は、「素問」ということになり、それは鍼灸の原点でもあるため、共通の認識となるはずです。
 しかし、「素問」で使われていた用語も、時を経て、間違った解釈やある一面だけで解釈してしまったものが、ある一部の人たちで使われ始める、ということで、いろんな流派ができ、狭義の意味での言葉がそのまま、言葉の使い方の違いとして認識されてしまってきたのではないかと思っています。
 漢方薬を扱っている方たちで使われる用語も、鍼灸で使われている用語も、言葉は同じでも違った意味で使われているように感じるものもありましたが、その言葉の原点を「素問」から探ると、使っていた意味はお互いに狭義の意味で、広義の意味でとらえると本来の意味では同じということがわかり、解釈の幅が広がるように思いました。
 鍼灸と漢方に限らず、どんな世界でも、意見の対立や見解の違いなどは、原点の共通したものとは離れたところで議論するから「違う」と感じて、原点に戻って見てみると、同じことを目指していたり、同じことを主張していたということに気付くことは多いのではないかと思います。

 今日の収穫・・・今日のびっくりしたこと。
 漢方薬の朝鮮人参(高麗人参ともいう)は、英語のキャロットとは別物なんだそうです。セリ科の植物であるキャロットが日本に輸入された時に、キャロットを「人参」と訳してしまったので、本来の中国語である漢字での言葉は「人参=朝鮮人参」だったのに、キャロットが「人参」として普及してしまったのだそうです。
 漢字は中国語から来ていますが、日本では、当て字があったり、訳すときに間違っていたりすることで、本来の意味からはずれてしまっているものも多いようです。
 

ナンバ走り

2004年11月15日(月) 20時14分
 最近、ナンバ走りの本を読みました。
 前から、ナンバ走りには注目していました。
 山登りでも、スキーでも、ナンバの動き(右手右足を一緒に出し、左手左足を一緒に出す)を、ナンバという言葉を知る以前から、自分なりに工夫して身体に優しい動きとして取り入れていました。
 オリンピックで、陸上短距離の末續選手がナンバ走りを取り入れている、ということで、ナンバは注目されました。
 本を読んでナンバの動きを再確認してみましたが、リズムの取り方など、自分なりの身体の使い方とは、若干違うかもしれないとは思いました。ナンバ走りの本もいろいろ出ていますし、私の読んだ本の中にも、いろんなナンバの動きがあり論争になっている、とも書かれていましたから、どれが最高の理論なのかは、わからないのですが。
 いかに身体に負担がかからないように楽に動くか、長続きするような動き方はどんなものか、試行錯誤されながら、生み出された動きが写真とともに解説されていました。
 昔は、トレーニングとは、根性を入れて取り組むもの、しごかれるもの、がむしゃらに頑張るもの、限界まで耐えるもの、ひたすら筋力をつける、などのイメージがあったのではないでしょうか。
 ナンバの動きは、そういった方向とは逆のものです。いかに楽に動くか。しかし、一番楽な動きだからこそ、ここぞという時には力も発揮できます。
 もともと、ナンバの語源は何なのか、ということは明らかにされていませんでしたが、「難場」をいかにきりぬけるか、という意味でとらえることにしで身体の動きを考えた、と書いてありました。
 硬軟どちらが強いか。軟らかい方が強い場合も多いのではないでしょうか。硬いものは折れやすいけども、軟らかいと折れないし、ショックに強い。
 東洋思想は、陰陽の組み合わせでものごとを表現しますが、陰は良くないもので陽や良いものと認識している人もいるようです。特に食養生について解説しているもので、そのような誤解をまねく表現で書いているものはたくさん目にしています。
 陰陽どちらも長所短所があって、補い合うものだったりします。より強く、という思想や激しくキツイトレーニングに偏らず、いかに楽に動くか、という反対の方向でのトレーニングや思想を大切にしたいものだな、と思いました。

内臓とこころ・2

2004年11月11日(木) 21時50分
 喜怒哀楽などの情動に変調が生じると、体内の気のめぐりにも影響を与えます。

  「怒れば気上り、喜べば気緩み、悲しめば気消え、恐るれば気下り、寒ければ気収まり、熱いと気泄し、驚けば気乱れ、労すれば気耗り、思すれば気結ばる」

 なんとなく、イメージが沸くでしょうか。

 また、怒・喜・思・憂・恐を五情(五志)、それに悲と驚を加えて、七情と言います。
 七情を、陰陽に分類すると、陽が喜怒哀楽、陰が悲哀憂愁となります。
 過度の感情が、病の原因となることは大変多いです。

 「怒は肝を傷る。喜は心を傷る。思は脾を傷る。憂は肺を傷る。恐は腎を傷る」

 それぞれの五臓がバランスよく充実していればこその健康です。一つの臓が変調を来すと、他の内臓にも影響を与えます。また、それぞれ五臓には相互依存・相互抑制の働きもあるので、こんな法則もあるのです。

 「悲しみは怒りの感情に勝る。恐れは喜びに勝る。怒りは思に勝る。喜びが憂に勝る。思は恐れに勝る。」

 さっきまで泣いていたのに嬉しいことがあると悲しさが吹き飛んでしまう、さっきまで思い悩んでいたのに怒らせると悩みが吹き飛んでしまう、なども、こういった関係を見ると、納得できるのではないでしょうか。
 しかし、ある感情が別の感情を抑えるだけでなく、その感情の源である神(神魂魄意志)を傷つけてしまうという法則もあります。

 悲しみ→魂(肝が蔵している)を傷る→物忘れや言動の異常
   肝の気が虚すると恐れ、実すると怒る。

 心配(思う)→神(心が蔵している)を傷る→常に恐怖感
   心の気が虚すると悲しみ、実するとよく笑う。

 憂愁→意(脾が蔵している)を傷る→落ち着きがなく、イライラする
   脾の気が虚するとだるくなり、実すると腹が脹り排泄できなくなる

 過度の喜楽→魄を傷る→気が狂ってわがままにふるまう
   肺の気が虚すると呼吸が弱り、実すると喘息などで胸苦しくなる

 怒り→志を傷る→健忘症や腰痛症
   腎の気が虚すると冷えやすくなり、実すると腹が脹る

生命力が衰えている状態では、よかれと思った感情の刺激が悪化へ導くこともあるので、要注意ともいえますね。

内臓とこころ・1

2004年11月11日(木) 18時52分
「内臓」と「こころ」とは、密接な関係があります。

 まず、人体の機能を支配・統制するものを「神気」といって、さらにそれがおさまっている五臓によって分類されます。

 ※ 心は神を蔵す。肺は魄を蔵す。肝は魂を蔵す。脾は意を蔵す。腎は志を蔵す。

  ☆心におさまっている神が、この中の最上位にあって、他を支配しています。
   神は、生命活動そのものであって、この神が安定していれば、心身ともに
   健康であるということになります。

  ☆肝におさまっている「魂」は、「神」に随って往来するもので、いわゆる
   「こころ」と密接に関係のある「たましい」に近い意味のものになります。
   肝は、判断力や計画性などの精神活動を支配しています。

  ☆肺におさまっている「魄」は、「精」と並んで出入りするもので、いわゆる
   「本能・肉体」と密接に関係のある「たましい」に近い意味のものになります。
   肺が充実していると、「気(狭義の意味の気)」が充実してきます。

  ☆脾におさまっている「意」は、実際に「思ったり」「おぼえたり」するもので、
   「記憶」や「思考」と密接に関係のある「こころ」になります。
   脾の働きの衰えと、全身倦怠感や無力感などは密接に関わっています。

  ☆腎におさまっている「志」は、「意」の存するところで、日本語の「こころざし」
   に近い意味のもので、目的をもって思ったり、思いを持続させる「こころ」に
   なります。
   腎は生命力の源となるエネルギーを貯めておくところのようなものです。
   腎の働きは、免疫力、生殖能力、老化現象にも深くかかわっています。
   「元気の源」、「基礎活力」でもあり、「根気」のあるなしにも関係します。

 「神(神魂魄意志)」が「情動(喜怒哀楽)」を統制していて、「神」が充実して健全に働けば、情動が人の心を乱すことはないのです。
 「神(神魂魄意志)」に乱れがあると、「情動(喜怒哀楽)」のままに動いて人の心を乱して、それがまた「神(神魂魄意志)」を不安定にします。

 結局、生命力そのものが旺盛であれば心身は健康ということで、「からだ」と「こころ」はひとつ、ということにもなりますね。

ウェイトトレーニングの結果・・・私の場合

2004年11月08日(月) 23時57分
 実験と思い、最大筋力の約70%の負荷で15回×3セットのウェイトトレーニングをしてみました。
 メニューは、レッグプレス(太股とお尻)、レッグカール(太股・後ろ)、ロゥワーバッグ(背中)、アブドミナル(お腹)、チェストプレス(腕・胸)。
 日をおいて、一週間に3日間やってみましたが、昨日の朝、右の腰痛になり、これは、ロゥワーバッグのせいじゃないか、と思いました。
 もともと、数年前までは右の腰痛があったので、できるだけ、左右対称の低負荷の有酸素運動をすることで、腰痛解消していました。
 やはり、ウェイトトレーニングは、少々リスクがあるのではないかな、という私の結論で、ウェイトトレーニングはしばらく休むことにしました。
 昨日は、1時間の早足ウォーキング、今日は2時間のアップダウン付きのウォーキングとジョグをしてみました。
 経験からも理論的にも、有酸素運動で、たまった乳酸を抜くと、筋肉疲労は早く解消されるので、筋肉の左右の強弱などが原因の歪みで起こる腰痛は、治りが早いです。
 もちろん、内臓に働きかける、経絡治療での鍼でも、左右の歪みは、自然治癒力によって解消されます。
 やはり、もともと左右の歪みの起こりやすい骨のバランスなので、エアロビック筋をしっかり鍛えて、骨格を安定させてから、ウェイトトレーニングに入った方が、私には良さそうです。

マフェトン理論については、こちらのサイトで詳しく解説しています。
http://www.ne.jp/asahi/ja/asd/saitou/tore1.htm


ウェイトトレーニングについては、こちらのサイトで詳しく解説しています。
http://www.icofit.net/gym/resistance/index.html

立冬

2004年11月07日(日) 19時48分
今日は立冬で、いよいよ今日から冬です。

太陽視黄経 225 度
冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が降る季節。
北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

「こよみのページ」
(暦について、いろいろ書いてあるサイトです。ここから引用しています。)

東洋医学で、冬といえば、腎の働きが旺盛となる時期になります。
腎と膀胱は表裏関係。
腎(水)は、先天の腎とも呼ばれ、両親からもらった、生命エネルギーの素とも言われます。
腎のエネルギーがそのまま、生命力、とも解釈できるのです。
枯渇していまったら大変ですので、常に、脾の働き(土)によって、後天のエネルギー(飲食物から得る栄養)によって、補完されていきます。
腎と関係の深い組織は、耳、骨、髪、脳、神経、骨髄、白血球、などです。
腎は、脾(土)の働きが亢進して攻撃を受けることがあります。
脾の働きとは、脾と関係のある「甘いもの」「牛肉」「乳製品」を過剰に食べるなどです。脾(土)と関係が深いのは、緩む性質、膨張する性質のものです。
腎は、ギュッと固まる作用があります。
腎と関係の深い色は、黒です。
腎と関係が深い、黒っぽい色をした、ギュッと締まった食べ物は、冬の季節の食べ物として適切だと思います。根菜類、豆類をしっかり摂ると良いでしょう。
背中の丁度まんなかのあたりは、脾(土)の配当になりますので、あまり刺激しないほうが良いです。
腰は、腎(水)の配当になります。
腰を冷やさないように、温めてあげると、良いでしょう。
背中のまんなかが張っていたり、コリがあったりしても、腰や首肩を温めたりすることで改善することも多いですよ。
腎と関係の深い病は、治癒に少々時間がかかる場合が多いので、無理せず気長にゆっくり養生をすることをオススメします。
植物でいうと、腎(水)は、「種」です。一年かけて、じっくり作られる、次の年のエネルギーの源となるものです。一年の集大成ということも言えますので。
2004年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像三上諭
» 合同会社ノアールシーン設立 (2016年03月07日)
アイコン画像えぼけん
» 11/21〜23の臨時休業について (2012年03月04日)
アイコン画像S
» 英語の論文読んでいます! (2011年09月15日)
アイコン画像RELSHY・鮒田新世
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像hiroshi・n
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像ひろぽん
» マフェトン理論とLSDトレーニング (2009年03月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鮒田新世
  • アイコン画像 誕生日:1968年8月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-スキー・登山
読者になる
鍼灸師です。 パワーストーンを使ったセッションも行っています。 冬は、スキーのインストラクターもしています。 宇宙のリズムに合わせて、自然の一部として生きることが、自分のために生き、他の人々の幸せにも通じることと思っています。 まずは「今」という時を・・・「自分」が幸せであるということを感じることが大切だと思っています。
Yapme!一覧
読者になる