不妊治療

2004年10月29日(金) 19時25分
この間の、北海道鍼灸師会の学会のテーマは、「婦人科」でした。
不妊治療についてもとりあげられていました。
その中で、「妊娠したが、基礎体温のグラフをみて、この状態で大丈夫だろうか、と思っていたら、流産してしまった」、という話がありました。
基礎体温のグラフにも、いろんなパターンがあって、低温期、高温期がはっきりしていなかったり、高温期の山が二つあったり、いろいろです。
理想的な基礎体温のグラフの形になった時は、身体も、妊娠に耐えうる準備ができた、ということにもなるのだ、ということなのでしょう。
卵巣や子宮の働きだけの、部分的なことだけではなく、身体全体が健康になって初めて妊娠が可能なのだというお話だと解釈しました。

続き〜治療のイメージ・1

2004年10月29日(金) 1時03分
東洋医学的にみて、人間の身体は何でできているのか、というと、それは「氣」でできている、ということになります。
宇宙は混沌であることから始まり、ここから「氣」が生まれます。
この「氣」が陰陽、即ち、寒の性質、熱の性質に分かれて、さらに、時間、空間の作用によって、陰陽の交流があって、様々な「形」を作っていきます。
人体は、「氣」から「形」である「血」ができてきて、この2つの「氣血」でできている、ともいえます。
「氣」は五臓、「血」は六腑を作ります。五臓の働きがあるから、六腑がある、ともいえます。
「五臓の氣」は精気とも呼びます。精気が旺盛であれば、「形」「血」である六腑も健康になれるということになります。
精気の不足がそれほどでなくても、そこから経絡を流れていく「氣」のバランスが崩れると、そいろいろな症状が起こります。
さらに、その「経絡の氣」のバランスの崩れから、「形」である「六腑」も不健康になっていきます。
そして、「経絡の氣」によって作られた人体の「組織の氣」も、不足したりバランスを崩すと、痩せてきたり弾力がなくなったりして、いわゆる「身体がボロボロです」状態になってしまいます。
土台となる「五臓の氣」即ち「精気」を補って五臓の働きのバランスを整えることを優先するか、「経絡の氣」の流れのバランスを整えることを優先するか、「組織の氣」のバランスの崩れを整えることを優先するかは、その時一番バランスが崩れている段階のところにアプローチするのが一番、と考えています。

東洋医学のイメージ

2004年10月28日(木) 23時51分
運気論医学での、脈診による経絡治療が、うちの治療室の治療方法です。
漠然と、免疫力を高める、体力をつけていく、自然治癒力を高める、などという効果がある、という表現は、間違いではないのですが、一般の方に、もう少しわかりやすく、説明したいと思います。

人間の身体は、何でできているか、というと、西洋医学でいえば、まず、細胞。もっと細かくみれば、原子。もっと細かくすると、素粒子の世界に入っていきます。

量子力学的健康という考え方があります。ナツメ社の「図解雑学量子力学」佐藤健二監修の本、P188〜207に書いてある内容を参考に引用してみます。
【人体は、初めに、量子力学的な波動という目に見えない強い振動の形態をとる。そしてそれが集まって、エネルギーの振動や物質の粒子になっていく。】
【人間を量子レベルまで分割すると、そこで何が起こっているのかは、まだよくわかっていないのである。】が・・・・しかし、
【病気、あるいは体調が悪いという状態は、人間の身体の各部のそれぞれ固有の振動が、もともとの振動とは違った周期で振動することをいう】という考えも紹介されています。
【仮に人間の目で電子を観測できたとして、目で観測するということは、イコール光が電子に跳ね返ったものを人間の目が捉えるということである。光は粒子である。したがって、人間の目で観測した電子は、その光の粒子の跳ね返りの影響を受けて、その後の運動に影響が出ることになる。】
【東洋思想ではすべてのモノが互いに関連し、響しあっている。】【東洋の思想で理解すれば、量子力学の謎「観測という行為が物体に与える」ことを宇宙全体として不可分な結果であると捉えることができる。】
またまた、引用が長くなりましたが、鍼治療や漢方薬などの東洋医学で身体に実際に何が起こるのか、ということが、西洋医学的な考え方からみて、想像できるのではないでしょうか。

また、続きを書きますが、今日はこのへんで切ります。

ブライアンの真空

2004年10月27日(水) 7時09分
今朝は、札幌のマチも、一面、真っ白の世界です。

昨晩のカウンセリング学習会の様子です。

「禅セラピー」、「真空」のことにを案内葉書に書いたので、「真空」とは、なんのことを指していっているのか、なじみのない人もいらっしゃるので、以前、友田不二男先生のワークでも取り上げていた、David Brazier:『ZEN THRAPY』(Constable,London)の25〜27ページの訳、「ブライアンの真空」についてのプリントを、読むことにしました。

ブライアンとは、カール・ロジャーズの初期の著作『カウンセリングとサイコセラピー(1942)』で引用されている、“ハーバート・ブライアンのケース”と呼ばれている中に出てくる、(おそらくロジャーズがセラピストとしてかかわった)クライエントの名前です。
【“ブライアン氏”が、何回かの好機を得て、“真空(vacuum)即ち閑寂(solitude)の状態になる必要がある”と言及していることに、友田は着目した】とあります。
【友田の見解によれば、“人間というものの真の飛躍もしくは成長は、完全に一人ぼっちである時に生起する。個人の飛躍もしくは成長を確かなものにするのは、なんらかの人間関係においてか、もしくは現実の世の中においてである。がしかし、真の成長が起こるのは、現実の人間関係においてでもなければ現実の世の中においてでもない”友田はさらに語を進める:“このことはまた、禅の真理である。(中略)カウンセリングに関して言えば、ロジャーズ派の技術の真義は、それらの技術がクライエントを援けて完全に一人ぼっちである状態になるようにすることである”と】と、パースナリティの変化が起こる瞬間についてと、その変化が確実なものになる過程(?)についてを、分けて書いてあります。
【一人ぼっち(aloneness)、この個(singleness)という状態、即ちekagata(サンスクリット語)】という表現も、「真空」の状態の解釈の参考になるでしょう。
【心の中には“内なる見ず知らずの人(inner stranger)”があり、神経を尖らせてこれらの他者を凝視するので、一人ぼっちを感じない。内なる見ず知らずの人に気を使う必要から解放される時、邪魔されることなく、自分の内面的探索を遂行することができる】(←要約)

内蔵と時間

2004年10月24日(日) 22時51分
内蔵が動き出す時間ていうのがあります。

3〜5時→肺。  5〜7時→大腸。  7〜9時→胃。  
9〜11時→脾臓。  11〜13時→心臓。  13〜15時→小腸。
15〜17時→膀胱。  17〜19時→腎臓。  19〜21時→心包。
21〜23時→三焦。  23時〜1時→胆嚢。  1〜3時→肝臓。

でも、内臓も、表面的な動きとか、内面的な動きとか、奥行き(?)があるので、これが全てというわけではないのが、東洋医学の奥深さなのですが・・・。

例えて言うと、人間は大体、昼間起きて活動していますが、その時、内臓はちょっと休んで、筋肉などが大活躍しています。
夜中は、大体人間は睡眠をとって休んでいますが、その時、筋肉はちょっと休んで、内臓が大活躍しています。

ということは、その内臓が起きて活動し始める時間、といっても、その内臓の中身は、働いているものと休んでいるものが分かれて存在する、というようにも考えられます。

とりあえず、この時間に、内臓が起きだして、活動を始める、ということは、一つの見方になりますね。
そして、この内臓が起き出して、活動を始める時間を考慮しながら、生活リズムをつくることが、自然の流れなのかもしれないですね。


10/26のカウンセリング学習会のご案内

2004年10月24日(日) 18時21分
以下、カウンセリング学習会の案内の葉書と同内容です。


10/20より土用に入りました。とうとう秋も終わり、冬の準備です。あちこちで初雪の情報を聞きますね。札幌のマチに雪が降るのも、あと少しでしょうね。

 Kさんから、D.ブレイジャー著「禅セラピー仏教から心理療法への道」の書籍が発売になったという案内をいただき、フォーラムでも、1冊買うことにしました。
 「真空」に関するところだけ、友田不二男先生が翻訳し、ワークに使われていた、ということです。
 ロジャーズ・プロジェクトの末武康弘氏(法政大学教授)を招いての読書会が山径会で企画され、Kさんも第1回に参加したそうです。今度お会いした時にどんな学習会だったのか、お話を聞きたいなと思っています。
 読書会は、第2回11/13〜14、第3回12/18〜19、場所は千葉の亀山山荘です。

 前回は、少々忙しく、葉書を出すことができませんでした。例会学習会の様子ですが、それぞれのメンバーのおかれた状況や経験などから、カウンセリングに対する言葉の捉え方や、人間関係を学んでいくためのノウハウが違っていることを感じ、今まで自分がカウンセリングに対する固定観念というものを持っていなかっただろうか、という確認ができたような気がします。
 また、自分自身の問題に取り組んでいるという話の中では、ただ聞くということから、どのように問題に取り組んでいる本人が、問題の核心に向かっていくか、ということの難しさと、タイミングなどの微妙な部分を感じました。「真空」の話での、話し手の意識の変換のようなものとも関係があるのでは、と思いましたが、どうなのでしょうか。「真空」では、聞き手の存在が消えたので、少々違っているような気もしますが・・・。

次回学習会は10/26(火)です。場所はRELSHYです。お待ちしてますね。

鍼灸の学会

2004年10月24日(日) 17時30分
今日は、北海道鍼灸師会の学会がありました。
私は、症例発表があたっていました。
『運氣論治療による体調変化の考察』という題で、15分で発表しました。
鍼灸の世界では、様々な治療方法の学会が存在し、それぞれの研究会で学んでいる内容が独自に体系化されているため、ただ「鍼灸」という大きな枠組みの中の学会では、共通理解を持つには、苦しいところがあります。
今回は、15分と短い時間であったため、「運氣論」という概略を伝えるのみとなりました。
ただ、「運氣論」というものは、中国最古の医学書である、『黄帝内経』の紛失された部分をも含む、完成された東洋医学、鍼灸医学というものになると思います。
東洋思想の根本的な考え方から始まり、単なるハウツーものではない、本物の東洋医学は、全ての鍼灸の基礎、出発点でもあると思います。
ということは、「鍼灸」という大きな枠組みの中での共通理解をしていくためにも、「運氣論」は鍼灸、東洋医学が発展普及していくためには、必要不可欠な理論ではないかと思っています。そう思って、私は、研究会に入会しているわけです。
『運氣論医学』に興味をお持ちの鍼灸師の方、もし、このブログを見ている方がいましたら・・・、一緒に研究会で勉強しませんか?


二十四節気

2004年10月23日(土) 10時00分
 うちの治療室では、二十四節気や七十二候を見ながら、身体の変化を考慮したり、ツボを変えたりしています。もちろん、養生法も、変わってきます。

 今日は、二十四節気でいうと、霜降 (そうこう) 。
太陽視黄経 210 度
「つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也」(暦便覧)
 北国や山間部では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃。野の花の数は減り始める、代わって山を紅葉が飾る頃。

 二十四節気とは、陰暦で自然現象にもとづく季節の区分。中国では冬至を起点として1年を24等分し、それを二十四節気(にじゅうしせっき)とよんで季節を示しました。古代の黄河中・下流域の農業活動で培われた経験から生まれた季節区分です。
 日本では1843年(天保14)以後、太陽の軌道を24等分したものを用いており、起点を立春としています。この24節気の1節を3等分したものを72候(しちじゅうにこう)といいます。5日を1候とし、3候を1気とし、6候を1か月とし、72候を1か年としています。72候は24節気と同じく自然の特徴的な現象によっています。

 二十四節気の言葉は、中国の古代の黄河中・下流域をもとにした自然現象に基づいたものになっていて、例えば沖縄ならばあてはまらない、など、地球のどこの地域でもあてはまる現象ではありません。でも、太陽の軌道を二十四等分するということは、地球のどこにいても、地球が太陽の周りを回っているということが変わらない限り、同じ区分になります。
 引力、磁力、重力、などなど、この世界にはいろんな力が作用しています。もともと、宇宙というものが誕生していなければ、地球も存在しないし、人間も存在しないわけです。
 太陽の位置、星の位置などによって、いろんな作用を受けて自然環境が成立し、人間が生きているというこは、このような暦を見ながらの治療というものは根本的なところに作用させるという意味で大変効果的だと思います。

 私は、運氣論医学会というところで勉強させてもらっています。無限にある自然のエネルギーを治療に生かせるように、精進、精進です。
 

続き→“It”(それ)と呼ばれた子

2004年10月21日(木) 22時43分
話してしまえば本当は楽になるだろうけど、話せないこともあるのでしょう。
身体も同じです。
患者さんの身体をみていて思うこと。
身体が緊張していて、邪気(身体が不必要と認識するものの総称)をためこんでいるとき。
コリや、スジの張りもひどいものになっています。
鍼で、一番弱ったところを補ってあげると、フッと身体が緩んで、どんどん邪気が排出されていきます。
具体的には、汗や油、呼吸の二酸化炭素、おしっこやうんちとして、邪気は排出されていきます。
安心できる場所でないと、話せないことというのもありますよね。
身体も、弱った部分があるからギリギリの緊張状態を保つしかないという時があります。
強制的に吐き出すことは、エネルギーを使います。
でも、弱ったところに、ちょっとエネルギー(氣)を補うと、吐き出す力が出てくるのです。
悪いもの、邪気をためこむと、内蔵を攻撃してしまいます。
心もそんな感じなのでしょう。
優しさをちょっと与えてあげると、ためこんで話せなかったイライラも、もし言葉に出して吐き出さなかったとしても、うまく何かに変換して排出してしまうことが可能なのではないでしょうか。

“It”(それ)と呼ばれた子

2004年10月21日(木) 21時51分
4冊一気に読みました。
児童虐待経験のある作者の話。
虐待される子どもに罪がないのは当然だけど、家族の秘密を守るために、愛されたいがために、救いを求めることができない。
自分が悪いのではないかという罪悪感も持ってしまう。
救い出されて保護されてから、里親や周りの温かい人々とのふれ合いによって、憎しみの連鎖から抜け出すことができた作者。
でも、なぜ虐待されたのか、という疑問は残り、母親と対決。
「声」が気にさわった、というささいなことがきっかけだったという事実がわかる。
もちろん、アルコールが原因ではあるけども。
母親もまた、虐待の経験者だったという事実。
作者が、虐待の連鎖を断ち切ることができたのは、もちろん本人の努力と、本人のたくましさと純真さなのだとは思うけども、周りの優しさに触れることができたからだということは大変大きなことなのでしょう。
イライラを解消するために、弱い子どもが犠牲になってしまう事実。
もし、母親も、周りの優しさに触れることができたら・・・そして、周りの優しさに心を解放することができていたなら・・・ここで虐待の連鎖も終わっていたのかもしれない。


2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像三上諭
» 合同会社ノアールシーン設立 (2016年03月07日)
アイコン画像えぼけん
» 11/21〜23の臨時休業について (2012年03月04日)
アイコン画像S
» 英語の論文読んでいます! (2011年09月15日)
アイコン画像RELSHY・鮒田新世
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像hiroshi・n
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像ひろぽん
» マフェトン理論とLSDトレーニング (2009年03月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鮒田新世
  • アイコン画像 誕生日:1968年8月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-スキー・登山
読者になる
鍼灸師です。 パワーストーンを使ったセッションも行っています。 冬は、スキーのインストラクターもしています。 宇宙のリズムに合わせて、自然の一部として生きることが、自分のために生き、他の人々の幸せにも通じることと思っています。 まずは「今」という時を・・・「自分」が幸せであるということを感じることが大切だと思っています。
Yapme!一覧
読者になる