英語の論文読んでいます!

2009年04月25日(土) 22時31分
毎月、第2、第4火曜日の18:30〜21:00
北海道カウンセリングフォーラム例会学習会


北海道カウンセリング学習会の案内と学習会の報告を、ここ数年していませんでした。
久しぶりに、ご案内します。
前回の4月14日(火)から、カール・ロジャーズの英語の論文を読むことにしました。
テキストは、以下の書籍です。(クリックしたら、アマゾンのページに飛びます)

『The Carl Rogers Reader 』

まだ、イントロダクションの部分を少ししか読んではいないのですが、とてもおもしろいです。
とりあえず、イントロダクションを読んだ後は、ハーバート・ブライアンの事例のところを読みたいという意見が出ています。
もし、学習会に参加してみたいと言う方は、RELSHYまでご連絡下さい。
初回参加費は無料になります。
2回目以降の参加費は、場所代(お茶代など)として、500円、いただいています。
テキストについては、ご用意ができない場合、事前に連絡いただければ、その日の学習分くらいのページ分はコピーしますので、ご安心ください。
英語論文ですので、英和辞典をご持参ください。
北海道カウンセリングフォーラム主催の学習会は、「自主学習会」という押さえです。
「指導者」「講師」は設定していませんが、人生の先輩、心理学の先輩、カウンセリングの学習の先輩のお話を聴くことは可能と思いますので、初めてカウンセリングの学習をされるという方も、どうぞ参加ください。

1月24日(火)のカウンセリング学習会の案内

2006年01月22日(日) 20時42分
 2006年、新しい年になって、もう1ヶ月の3分の1が過ぎました。全国的に雪がとても多いですが、皆様、元気に過ごしていますか?
 1月14日には、フォーラムの新年会がありました。Kさんの親戚のお店に7人が集まり、隣で集まっていた元気な若者とは、なんとなく対照的な感じでしたが、私たちは落ち着いたムードで、いろんなお話ができました。お料理もおいしくいただきました。2次会のカラオケには数人が参加、きっとノリノリだったに違いない・・・と想像しています・・・(笑)
 お酒の席での話題の中で、医療や教育、刑務所などの現場での忙しさによって、ひとりひとりの心にかかわるというところまでいかず、ただただ安全を守ることにしが意識がいかない状況、ということがありました。医療の現場での話でしたが、忙しい中でも、ちょっとした心がけで、患者さんの心は「気にかけてくれた」と思って気持ちがパッと明るくなってしまうものだ、というお話がありました。それでも、命を守ることが最優先になる場ということが管理ということにつながってしまうという悲しさ、そして一人一人にじっくりかかわれないというもどかしさ、根本的な解決はどこにあるのでしょうか。
 しばらく、学習会の案内報告が滞っていました。前回の学習会、前々回の学習会では、どんな話題が出ていたでしょうか。
 家族のコミュニケーション、特に、親子のコミュニケーション、世代の考え方の差についてのことなどが出ていました。
 老いにかかわって、死後の処理をどうするか、など献体の手続きの煩雑さの話題も出ました。
 今年初めの学習会は、1月24日(火)です。さて、どんな話題が出るでしょうか。お待ちしていますね。

11月22日(火)のカウンセリング学習会の案内

2005年11月21日(月) 6時49分
 雪が降り、のんきな私に向かって、冬になったのだとはっきり視覚で示されたような気分です(笑)
 10月第4週の学習会では、P51〜57を読みました。「精神医学」と「行動主義的心理学」との二つの苦闘について。精神医学との闘いについては、医療行為と心理治療とのからみ…、精神衛生、精神的健康などに関する法的、制度的な争いを取り去ってきたことが書かれていました。行動主義的心理学ロジャーズ=スキナー論争などに関する記述では、少しわかりにくく、じっくり読む必要がありそうでした。オペラント条件づけの理論や発展ならびに手段が創造的業績であることを認めた上での意見が書かれていました。『因果関係の連続である「環境」だけが個人の行動を決定するものであり、個人の行動は原因と結果の連鎖である』、というスキナーの理論に対して、ロジャーズは、『人間による「選択」という現実と意味を否定することは不可能であり、自己理解の程度こそが個人の行動を予測する最も重要な要因』と言っています(要約)。それは、優れた個人による「管理」よりも真に「民主的な行き方」とることにつながる、とも言っています。
 『独裁者や軍事政権に政治を許してしまうなら…軍政ー警察ー企業という連合は、科学技術を軍部や企業の勝利も役立て、心理学的技術を人間行動の調整に用いる…(中略)…かけがえのない個人の基本的自由と尊厳、並びに自己決定の可能性を重視する人間主義的心理学者は、そのような政権のもとではまず第一に監禁されるでありましょう』ここまで読むと、身が引き締まる思いがありました。洗脳、マインドコントロールという言葉が流行したこともありました。個人による行動の「選択」、人生を自分で決める、これを揺るぎないものとしていきたい思いを強くしました。
 11月第2週は、映画「蝉しぐれ」に関する話にかかわって、それぞれの個人的なお話などを交えていろいろと…出ました。では、次は11/22(火)、お待ちしてます。

10月25日カウンセリング学習会の案内

2005年10月23日(日) 20時28分
最近の札幌の空は近年になく美しいと聞き、空を見上げました。清らかな青。空はどこまでもつながり、世界のどの場所からでも空の一部を見ることができます。
 前回の学習会では、P45〜51を読みました。ロジャーズやその仲間達が(直接?)影響してきた領域とは違う、アカデミックないわゆる科学的心理学の分野について書いてありました。ロジャーズのやってきた分野は、アカデミックな心理学には当てはまらない、というのです。しかし、1956年のアメリカ心理学会大会において、ロジャーズが、心理学に対して科学的貢献をなした人に与えられるとされる賞を受賞したこと、それに対する思いがこう書いてあります。
 『感謝状に添えられた、私は専門分野にたかる“アブ”であるという正直な言葉を嬉しく思いました。今やっと、“尊敬されるアブ”の地位に私をひきあげてくれたのです。私は葛藤を含んだその表現が好きです。』
 実際のロジャーズは、経験的研究に於いては、入念なる観察、面接の録音、仮説の構築、新しい理論の発展等に於いて、真の科学者に近かったと書いています。しかし、そのことを知っているのは、自分と仲間だけと信じていたのに、それなのに、心理学者達がロジャーズに対して科学的貢献をしたと認め、ロジャーズを誇りとしてくれたということなのです。
 昨日、私は『ガイアシンフォニー第1番』の映画を見てきました。宇宙遊泳をしたアポロ9号の宇宙飛行士ラッセル・シュワイカートの、「人間であるということは、テクノロジーと結婚したようなものだと思います。それは、人間という種の持つ独特の個性であり、自然のことなのです。だから、テクノロジーの進歩を否定することは間違っています。」という言葉が思い出されます。夏のワークでも、科学とは何か、ということが話題になりました。ガイアシンフォニーのテーマは、地球が一つの生命体であるということです。私の中では、ロジャーズの文章とリンクするものがありました。次は10/25日です。

10月11日のカウンセリング学習会の案内

2005年10月09日(日) 23時30分
 9月の大雪山系の紅葉から始まり、どんどん、秋の深まりが下界まで迫ってきています。自然災害の恐ろしさはあっても、自然が魅せてくれる美しさを見る度、地球が好きになります。
 9月上旬の学習会では、高齢化社会での生き甲斐などについての話題が出ました。生きる意欲はどのように奮起してくるのか。恋愛感情からくる大きな生命エネルギー、活躍する場の有無、いろいろ話題が出ました。これから到来する高齢化社会、するべきこと、しなければならないことがないという、見る角度を変えれば、ある意味贅沢な悩みにもなりそうなものですが、生きる意欲という問題であることなのですから、深刻なものであることは確かです。全ての人が、この地球上で、それぞれの役割をもって成り立っているのだ、という意識の大切さ。今、学習会の時の話を思い出しながら、地域通貨の話を思い浮かべていました。エネルギーの循環、お金の循環、そして、意欲が活性化されて経済も心も豊になっていくということ。私の中では思いが巡るのですが、みなさんはいかがでしょう・・・?。
 9月下旬の学習会には、夏のワークに参加した方が、初めて学習会にいらっしゃいました。新しい仲間を迎えることは嬉しいですね。北広島でも、学習会を発足されたそうです。楽しみですね。
 久しぶりにテキストP42〜44を読んだ後、この中の文章に触発されて、人間が変化した瞬間の話・・・かしこまった席ではなく、「普通」の会話が始まった瞬間に変化が起こったという実際の話がありました。「普通」とはどういう意味か、というとまた深く掘り下げることも可能ですが、この場合の「普通」の感覚とは、ほっと一息ついて、なんだも話せる場所であるフォーラムの集まりの「雰囲気」とも似たものであるとの話も出ましたので、それぞれ、想像してみてください(笑)
 10月11日連休明けの学習会、待ってます。 

9月13日カウンセリング学習会の案内

2005年09月12日(月) 2時25分
 終わってから、もう一ヶ月以上も経ってしまいましたが、8月上旬のカウンセリングワークショップでは、北海道のカウンセリングに対する熱意、同じ北海道の仲間という意識、地域の活動が確かになっていけば、それが大きな流れを作ることにもなる、そんな話がありました。
 参加者みんなの意識が同調していくのか、話せなかったことが、今、話す時なのだと言わんばかりに言葉と思いが出てきてしまう・・・または、本質に触れる言葉、その人そのものに触れる言葉がダイレクトに魂に響いて、思わず出てくる言葉でのレスポンス・・・。いろいろなことが起こったように思います。「場」の力というものを感じたように思います。
 昨日、北海道新聞に「鍼灸探検」を連載し、今年1月に「鍼灸の挑戦」を出版した、松田博公さんの講演会に行ってきました。
「智者は同を察し、愚者は異を察す」という中国最古の医学書である黄帝内経にある言葉が一番印象に残りました。テーマは、地球文化としての鍼灸。易経を含めた天文学からくる宇宙観、世界観をもとにしてまとめ上げられた鍼灸は、中国で起こったものであっても、宇宙の仕組みをどう見るか、という観点から考えると、地球上のどこにいても通じる考え方です。しかし、中国から日本に伝わり、日本で発展してきた鍼灸というものもあり、その日本らしさというのはどういうものなのか、ということを問われていました。農耕文化をもとにしての文化、植物を育てるということに通じるのは、丁寧さ、きめ細かさではないかということでした。
 カウンセリングワークショップでも、日本独自のカウンセリングとは何か、という話題が出ました。日本らしさというものについて、はっきりとした答えは、ワークの中では出ませんでした。
 松田さんによると、オーストラリア人の鍼灸師は、アボリジニの伝統医学、その国独自の文化に流れる「気」というものをうまく取り入れている、ということでした。
 最近、アイヌ伝統医学に興味を持っている私は、自然と共生してきたアイヌ文化を探ると、北海道でどう生きるべきなのか、ということがが見えてくるのではないか、と思っていました。

7月26日カウンセリング学習会の案内

2005年07月25日(月) 9時34分
 暑い日々が続いています。皆様、お元気ですか。
 前回の学習会で、私は、「核心に触れる」ことができるようなお茶を・・・とブレンドしてもらったハーブティーを用意しました。やはり、もう一人のメンバーも、「今日は核心に触れる話をしなきゃ」と思いながら参加しました。
 「核心に触れる」とは、フォーラムのあり方に関すること。これからの方向性。友田不二男先生という大きな存在を支えにフォーラムも歩んできたようなところも確かにあったのだと思います。カウンセリングとは何か、カウンセリングで何を学ぶのか、フォーラムで、何を学ぶことができるのか、などについて、新しくフォーラムに参加されようとしている人から質問を受けたとして、どう答えるのか。簡単には答えられないのが本当のところです。フォーラムは、最初から自立していたはずですが、友田先生の存在に頼っていたところもあったのかもしれません。フォーラムの歩みをもう一度振り返ってみると、受け入れること、誰でも参加できること、第2第4火曜日の夜ということで、ずっと続けてきたこと、それだけでも、安心できる場所となっていたということは確かなことであるのです。
 カウンセラーを育てるためのカリキュラムを作ったらどうか、という話題は、何度か出ましたが、内容を詰めるところまで話されたことはありませんんでした。それに取り組む余裕のなさもありましたが、もっと、フォーラムとは・・・カウンセリングとは・・・ということがもっと明確にならなければできない、という理由もあるからだと思います。カウンセラー育成よりも自分の成長のことが重要なテーマになってきてしまうのだと思います。しかし、実際に、クライエントと呼ばれる存在を持たなくても、日常、人の話を聞く立場にある人たちの参加があり、事実上、カウンセリングをしている人たちの集まりでもありました。
ホッとできる場所、それがフォーラムでもあるのだ、とも思っています。まだまだ、こんな話題は続くのかもしれませんが・・・フォーラムの方向性について、少し納得してきた気もしています。
 また、フォーラムで出た話題を、発言者のいない場所で話すことの問題性の話題もありました。何でも話せる場所、ということは、学習会自体がカウンセリングの実践の場であることにもなり、プライバシーの保護は重要な問題です。しっかり考えなくてはならない問題です・・・。

6月28日カウンセリング学習会の案内

2005年06月27日(月) 12時54分
6月は、例年になく暑い日は続きましたが、皆様、お元気ですか?
 前回の学習会では、「人間が変化すること」についての話題がありました。私はその話題について、それぞれの発言を、きちんと聞けていなかったような気がしているので、うまく内容を伝えられるか自信はないのですが…。 保護司という仕事についての話、犯罪者の再犯の多さについての話。どこまで周囲の人が関わるのかという話。現実をおもう時、理想とは違って社会をよくしていくということ(?)の困難さが際だってくる…。そんな内容を話していたような気がします。
 また、家庭教師をしている生徒のことについて、体力そのものがなく、受験などを考えられるような状態ではないが、将来の夢を語る様子に、小さな変化に見えるものが、大きな変化のように感じた…。
 私はこのような意味に聞こえということで書いていますので、内容に間違いがあったら、発言された方、すみません。
 「変わる」ということに関しては、ロジャーズの本では、『パースナリティ変化の必要にして十分な条件』の中でもテーマになっていることです。6つの条件を要約して載せます。
【@二人の人間の心理的な接触の存在。Aクライエントが不一致の状態。Bセラピストが、この関係のなかで一致しており、統合されている。Cセラピストはクライエントに対して、無条件の肯定的な配慮を経験している。Dセラピストはクライエントの内部照合枠に感情移入的な理解を経験しており、この経験をクライエントに伝達するように努めていること。Eセラピストの感情移入的理解と無条件の肯定的配慮をクライエントに伝達するということが最低限に達成されること。】
 ロジャーズは、このようにも書いています。【個人のパースナリティ構造や行動における建設的な変化を目ざしている計画──教育、矯正、軍隊、産業における──において、この公式は、その計画の価値を測定するためのきわめて試案的な基準となるであろう。】
 次回学習会は、6月28日です。

5月24日のカウンセリング学習会の案内

2005年05月23日(月) 6時00分
 今年の札幌の桜は、GW過ぎて今か今かと待って待って、やっと咲きました。蕾から花が咲く、という変化は、劇的で感激ですね。 

 今年度初の例会学習会は、4月第2週に行い、途中からお食事会。普段の学習会にはなかなか来られないけど・・・という方も見え、新鮮な気分でおしゃべりに花が咲きました。
 今年度は、テキストは今までと同じくロジャーズの「人間尊重の心理学」です。
 8月5日(金)〜8日(月)に、日本カウンセリングセンター主催の夏季カウンセリングワークショップ札幌会場が行われます。参加希望の方は、予定を空けておいて下さいね。
 山径会の会長から、友田不二男先生の追悼句集を作るという連絡が来ています。締め切りは6月中旬です。短い言葉に思いを託すということは、大変難しいことだな、とつくづく思います。みなさん、チャレンジして、投稿して下さい。お問い合わせは、RELSHYまで。
 前回の5月第2週の学習会は、案内の葉書を今回も出せなかったせいか、少々人数が少な目で、寂しかったのですが・・・。テキストは読まず、町内会の様子から、地域のあり方や、自然発生的に住民が結束していく芽を摘みがちになる形式的な組織など、矛盾する構造についての話、天童荒太著の「家族狩り」の中で扱われている素材とカウンセリングの学習で学んできた素材との共通点についての話などがありました。

次回は5月24日(火)です。お待ちしています。

4月26日のカウンセリング学習会の案内

2005年03月25日(金) 16時46分
 前回の例会学習会は、3月22日に行われましたが、案内の葉書が間に合わず、また、このブログにもUPできませんでした。
 参加者は3人と少なく、内輪での話題(友田先生とのお別れ会に参加した時のお話)になりました。
 また、来年度初めの会の日程や、日本カウンセリングセンター主催の夏期ワークショップの日程と世話人決定の報告など、事務関係の話題も多く、学習会というより、会議という意味合いが強かったかもしれません。
 とりあえず、4月は、第2火曜は、お休みということで、第4火曜の4月26日から、平成17年度の学習会を始めましょう、ということになりました。
 さらに、新年度最初なので、18時半〜19時半にRELSHYにて学習会を行い、その後、近所のバーミヤン(ファミリーレストラン)に移動して、お食事会、ということになりました。
 近々、16年度の会計報告も合わせて同封して、4月26日の案内を郵送するつもりです。
一足早く、ここのブログに連絡として載せておきます。
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像三上諭
» 合同会社ノアールシーン設立 (2016年03月07日)
アイコン画像えぼけん
» 11/21〜23の臨時休業について (2012年03月04日)
アイコン画像S
» 英語の論文読んでいます! (2011年09月15日)
アイコン画像RELSHY・鮒田新世
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像hiroshi・n
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像ひろぽん
» マフェトン理論とLSDトレーニング (2009年03月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鮒田新世
  • アイコン画像 誕生日:1968年8月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-スキー・登山
読者になる
鍼灸師です。 パワーストーンを使ったセッションも行っています。 冬は、スキーのインストラクターもしています。 宇宙のリズムに合わせて、自然の一部として生きることが、自分のために生き、他の人々の幸せにも通じることと思っています。 まずは「今」という時を・・・「自分」が幸せであるということを感じることが大切だと思っています。
Yapme!一覧
読者になる