8月1日〜8月4日!日本カウンセリングセンター主催・夏季ワークショップ

2008年07月06日(日) 13時20分
今年も日本カウンセリングセンター主催の夏季カウンセリングワークショップが開催されます。
私は、共催の北海道カウンセリングフォーラムの事務局担当でもあるんですが、ワークには、一個人として参加します。
地に足をつけ、自分の人生をしっかり歩く・・・自分の内側から納得した言葉を使う・・・相手のことをそのまま聴くということ・・・そんなことを考えている方に参加をオススメします。
詳細は、こちらをどうぞ→日本カウンセリング・センター

以下の文章は、RELSHY個人の文責にての案内となります。


会  場   北海道クリスチャンセンター
会  期   8月1日(金)午後2時
        〜 8月4日(月)午前11時まで
           (3泊4日)
会  費   18,000円
        (研修費のみ、宿泊費別)


開催要項からの抜粋・・・
----------------------------------------------------
「誰かがなんとかしてくれるであろう」時代が急ピッチで終末段階に向かいつつある現代において、言わば「生命感覚」を頼りに己れの分をシッカリと見定め、己れの足で立ちかつ歩くことが、何よりも肝要な緊急事となっているのであります。そして、ここにご案内するワークショップスは、「そのための体験学習の場」以外の何ものでもないのであります。
----------------------------------------------------


日本カウンセリング・センターは、アカデミックな世界でカウンセリングを学ぶ際には必ず出てくる、カール・ロジャーズを訳し、日本のカウンセリング業界の初期を創った、カウンセリングの実践家である、故・友田不二男氏が創設しました。
「老子」や「孔子」、「夏目漱石」「松尾芭蕉」など様々な題材、つまり東洋思想の中から自由自在に、「生きる」こととはどういうことか、「聴く」ということ、「応答」するということ、「言葉」を使いこなすということ、人と人との関係とはどういうものなのか、そして「人間」が変容する瞬間とはどういうことなのか・・・、などなど、実際に「体験」しながら学ぶというグループワークを展開してきました。
私、RELSHY個人は、この夏季カウンセリング・ワークに出た時に、安心して自分自身となり、いろいろなことを学んできました。自分のベースとなるものです。
スピリチュアルな世界とは無縁となりがちな、アカデミックな心理学やカウンセリング業界ではありますが、友田不二男氏は、早くから『易經』を取り入れていました。
シンクロニシティというものだけではなく、「神の声」が降ってくるとでも表現できそうな出来事についても話されていて、今流行の(?)スピリチュアルな出来事に対しても自由自在に踏み込んでいました。
しかし、この地球上に生きるということ、自分の足で歩くということ、そして、持続可能な世界とは、ということの探求、常に「現実に生きる」ことに即しての、全身全霊に迫ってくるような関わりを大事にしてきました。
私は特に、スピリチュアルな世界ばかりを見てきた人に、このワークに参加して欲しいと思っています。
「どうぞご自由に」というスタンスで始まる、「エンカウンターグループ」のワークショップです。

世話人の紹介です。
----------------------------------------------------
  山口ゆき
・日本カウンセリング・センター法人理事
・久里浜少年院篤志面接委員
日本カウンセリング・センターでの担当講座は「体験学習」「監督実習」「カウンセリング演習」「夏季ワークショップ」

RELSHY個人からの紹介です。
 年齢は80代なのですが、とてもパワフルです。
少年院では、殺人を犯した少年の担当などを多く行っています。
ハート、魂にグッと迫ってくる、揺さぶりをかけてくるような関わりをたくさんさせていただきました。
そして、そのような関わりの場面をたくさん見てきました。
ある人は、手を握られた瞬間、涙が溢れてきました。
山口先生自身は、スピリチュアルという言葉もほとんど使いませんし、ニューエイジの世界も知りませんが、暖かいエネルギーに溢れた方であることは、RELSHY自身も感じています。
アカデミックなカウンセリング業界の初期を生きてきた方ですので、貴重なお話も聴くことができます。
----------------------------------------------------
 柳川実
・十勝カウンセリング研究会会長

RELSHY個人からの紹介です。
この方も70代です。
中学校の音楽教師をやりながら、十勝のカウンセリング業界に長く携わっていました。
教員を定年後は、少年院の篤志面接員を続けていました。
「受容」ということが自然にできる方、という印象です。「話を聴く」ということを、この方から学んだと言っても過言ではありません。
「私自身」に興味をもってもらえている、という実感をもちました。
「北風と太陽」の「太陽」のような方です。
いつまでも、「少年」のような瑞々しい感性を持った方です。
----------------------------------------------------
 熊本陽子
・北海道カウンセリング・フォーラム代表

RELSHY個人からの紹介です。
長い間家庭裁判所の調停員を勤め、昨年定年を迎え、藍綬褒章を受章されました。
70歳ですが、歌とスキーとゴルフに夢中になるパワフルな方でありながら、繊細な気遣いをされ、ワーク参加者からは、「お母さん」と思わず言われてしまったような、RELSHY個人も、そのとおりと感じる、暖かな方です。
共催である北海道カウンセリングフォーラムの代表で、RELSHY個人もいつもお世話になっています。
----------------------------------------------------

申込み先

日本カウンセリング・センターのHP参照
http://counseling.web.infoseek.co.jp/framepage.html

センターに直接申込み、または世話人の熊本陽子宛でも申込みできますが、RELSHY宛でも申込み可能です。
部分参加については、ご相談に乗りますので、RELSHYまでご連絡ください。
朝9時〜12時、14時〜17時、19時〜21時、というようなタイムスケジュールで行われることが多いのですが、当日の流れから変更になることもあります。

RELSHYの連絡先
PCメール  funachan009003@ ↓コピーペーストしてください
                   yahoo.co.jp
携帯メール  arnoul@ ↓コピーペーストしてください
             ezweb.ne.jp
電話番号  090-2074-4166

H19年度 夏季カウンセリング・ワークショップ

2007年06月27日(水) 0時34分
平成19年度 夏季カウンセリング・ワークショップ 第四会場 札幌 

今年の夏季カウンセリング・ワークショップでは、なんと、
あの中垣哲也氏の オーロラスライドショーを企画しています!!
オーロラスライドショーは、ワークショップ期間中の、
8月11日(土) 20:00〜21:00 に行います!!


カウンセリングという言葉に対するイメージは
どんなものをもっていますか?
ワークショップとは、体験学習という意味です。
「どうぞご自由に」というスタンスで始まる
ワークショップは、本当にあなた自身が
「自由」になる場です。
まず自分自身が自由になるということは
どういうことなのか?
同じく自由である他の参加者との出会いの
中から、あなたは何を学びますか?
魂と魂の会話・・・相手の話を本当に
聞くということはどういうことなのか?
カウンセリングの「技術」とはどんなものでしょうか?
人間が「変容」するということは、どういう瞬間
であり、どういうことなのでしょうか?
講義で学ぶのではなく、体験から学ぶカウンセリング・
ワークショップに、あなたも参加しませんか?
今回のワークショップ期間のうち、8月11日(土)の
夜8時からは、あの中垣哲也氏による、
オーロラスライドショーを企画しました。
この企画も、ワークショップに通しで参加者の皆様には、
「どうぞご自由に」参加いただくという形になります。
オーロラスライドショーのみに参加の方も、
別枠で15名まで募集致します。
言葉ではないものからのメッセージに
何をあなたは感じますか?
オーロラスライドショーを見た後、あなたに
どんな変化が起こるでしょうか?
そんな話題も、ワークショップで交流できたら
いいなと思っています。
オーロラスライドショー
in夏季ワークショップの実行委員(RELSHY・鮒田新世)


会 場北海道クリスチャンセンター
札幌市北区北7条西6丁目 電話:011-736-3388
札幌駅北口(西出口)より徒歩5分



ワークショップ会期8月10日(金)14:00 から 8月13日(月)11:00まで
(3泊4日の日程ですが、宿泊、通い参加どちらでも良いです)



ワークショップ全日程参加の方の会費18,000円(宿泊費は別)(部分参加については2〜3時間ごとに区切り、
   1セッション3千円程度になりますが、ご相談下さい。)
定員30名
 
          

オーロラスライドショーのみの参加の方の会費1,000円(緑茶・麦茶・インスタントコーヒー・等フリードリンク付)
ワークショップ定員30名に、プラス15名まで



申込先(定員になったら締め切ります)
RELSHY(リルシィ)・鮒田新世(ふなだしんよ)
E-mai  funachan009003@yahoo.co.jp



ワークショップ 世 話 人山口ゆき(当法人理事・久里浜少年院篤志面接委員)
柳川 実 (十勝カウンセリング研究会会長)
熊本陽子(北海道カウンセリング・フォーラム代表)


ゲスト(オーロラスライドショー上映)中垣哲也 (星景写真家)
http://www.starrysight.com


主催 日本カウンセリングセンター
 〒161-0033 東京都新宿区下落合3-14-39
        TEL:03-3951-3637・1808 
http://counseling.web.infoseek.co.jp/framepage.html

共催 北海道カウンセリング・フォーラム (代表 熊本陽子)
  (例会学習会は、第2第3火曜日夜6時半〜9時、RELSHYにて開催)

夏季カウンセリング・ワークショップ

2006年07月11日(火) 1時36分
平成18年度 
夏季カウンセリング・ワークショップ
第四会場 札幌


カウンセリングという言葉に対するイメージはどんなものをもっていますか?
ワークショップとは、体験学習という意味です。
「どうぞご自由に」というスタンスで始まるワークショップは、本当にあなた自身が「自由」になる場です。
まず自分自身が自由になるということはどういうことなのか?
同じく自由である他の参加者との出会いの中から、あなたは何を学びますか?
魂と魂の会話・・・相手の話を本当に聞くということはどういうことなのか?
カウンセリングの「技術」とはどんなものでしょうか?
人間が「変容」するということは、どういう瞬間であり、どういうことなのでしょうか?
講義で学ぶのではなく、体験から学ぶカウンセリング・ワークショップに、あなたも参加しませんか?



会  場   北海道クリスチャンセンター
           札幌市北区北7条西6丁目 電話:011-736-3388
           札幌駅北口(西出口)より徒歩5分

会  期   8月4日(金)午後2時 〜 8月7日(月))午前11時まで (3泊4日)

会  費   18,000円(研修費)(部分参加については、お問い合わせください)

定  員   30名     申込期日  7月28日(金)まで

世 話 人   山口 ゆき(当法人理事・久里浜少年院篤志面接委員)
         柳川  実 (十勝カウンセリング研究会会長)
         熊本 陽子(北海道カウンセリング・フォーラム代表)

京都北山 カウンセリング・ワークショップ

2005年08月18日(木) 21時43分
以下は、主宰の松浦先生の了解を得て転載しています。


京都北山
カウンセリング・ワークショップ
ご案内・第7回

会 期  2005年10月9日(日)〜10月10日(月)
時 間  10:00〜16:00  (2日間・通い。)
会 費  10,000円(初日に会場で納入。)
定 員  10名(申込み受付順。)
申 込  電話でお申し込みください。

会 場
主 宰  京都北山カウンセリング・センター
      所在 京都市北区上賀茂菖蒲園町87−15 松浦方
          郵便番号 603−8064
          電話    075−711−5079

世話人  松浦 健
      京都北山カウンセリング・センター、カウンセラー、主宰。
      財団法人(法務省認可1959年)
        日本カウンセリング・センター評議員
        同法人の「カウンセラー認定証」受領。

備 考  このワークショップは、参加者中心に展開されることが
      目ざされております。自分自身を見定める、「体験学習の場」
      であります。
      どなたでも参加できます。

京都北山カウンセリング・センターでは、「こころの相談室」「こころの学習室」として、1996年の開室依頼、ご来談・ご来訪くださるひとりひとりとゆっくり話し合っています。

カウンセリングワークショップに参加して・・・

2005年08月18日(木) 20時05分
 8月5〜8日まで、日本カウンセリングセンター主催のカウンセリングワークショップに参加しました。個人的な感想を少し書きます。
 世話人の山口ゆき先生に、札幌会場に来ていただいたのは、今回で3回目。ワークが終わった次の日に、一緒に食事をとりながらお話しました。
「今年は、一歩部屋に入っただけで、雰囲気が昨年までとはまた違っていた」こんな風に言われました。
居心地が良かった、違和感なくなじめた、そんな意味のことを言われたと記憶しています。
昨年までのメンバーと、今年のメンバーと、全く全員が同じというわけではないのですが、場そのものの雰囲気を作るのは、そこにいる私たちであって・・・。とても嬉しい一言でした。
 何度も参加されている帯広カウンセリング研究会会長の世話人である柳川実先生、北見カウンセリング研究会主宰の武山圭一さん、そして、札幌の北海道カウンセリングフォーラム代表で世話人である熊本陽子さん・・・北海道の、友田不二男先生のカウンセリングというものに魅せられて、後世に残していきたいとがんばっている仲間の結束が強まったような気がしています。京都北山カウンセリングセンターの松浦健先生も3度目の参加です。本当のカウンセリング(?)というか・・・本質にせまる、という生き方の実践を目指した仲間たちが、日本各地で、地域に根ざしてしっかり力をつけ、全国各地とネットワークが広がっていけばいい、という夢も語り合いました。
 今回は、科学とは何か、カウンセリングとは何か、という話題が印象に残っています。固定観念にとらわれないで、その人の本質と触れあうこと、その人の本質に触れるには、どうすればいいのか。カウンセリングワークショップでは、この「本質に触れる」ことに焦点があるように思います。
 ワークが終わると、しばらくボーッとなってしまう。そんな話がありました。確かに私もそうです。魂の深いところが揺さぶられる体験の後は、現実の建前のようなものがとても嘘くさく感じてしまうのです。

カウンセリングワークショップ部分参加について

2005年07月31日(日) 0時51分
 8月5日〜8日に行われる、日本カウンセリングセンター主催の「夏季カウンセリングワークショップ札幌会場」の申込みの締め切りは、既に過ぎていますが、もし、部分参加であれば、参加できるのに・・・と考えていた方がいましたら、相談に応じますので、申し出てください。

ワークショップについての案内は、こちらをご覧ください。
http://yaplog.jp/relshy/archive/45

主催の日本カウンセリングセンターのHPの、夏季カウンセリング・ワークショップのページも合わせてご覧になってください。
http://counseling.web.infoseek.co.jp/framepage.html

2005年夏季カウンセリング・ワークショップご案内

2005年06月22日(水) 9時52分
 以下の文章は、日本カウンセリング・センター主催の夏季ワークショップの札幌会場の事務局である、北海道カウンセリング・フォーラムとしてみなさんへ出した案内書のものと同じ内容です。

2005 年夏季カウンセリング・ワークショップご案内

2005 年 6 月 21 日
北海道カウンセリングフォーラム

 いつもよりも多かった雪の影響で、なかなか春も夏もやってこないような気がしていた札幌ですが、夏至を迎え、気づくと次 々 咲く花、黄緑から緑へと変化していく木 々 に、確かな夏を感じることができます。
 毎年、友田先生がいらっしゃる、というワクワクした気持ちで迎えていた夏季カウンセリングワークショップですが、 2 月 5 日に友田先生が他界され、また一緒にという望みは絶たれてしまいました。大塚健夫先生ご健在の時の月形での大人数でのワーク、クリスチャンセンターでの、記録的な暑さの続く中でのワークなど、友田先生と一緒に過ごしたいろいろなワークが思い出されます。
 大塚健夫先生が亡くなられた後も、フォーラムは仲間とともに続いてきました。友田先生が縁で始まった夏季ワークショップは、友田先生不在の中でも新たな縁を呼び、新しい仲間とともに貴重な体験を重ね始めています。
 山口ゆき先生が世話人としていらっしゃってからも、毎回どんなことが起きるのか予測はつかず、終わってみると大きな収穫が積み上がっていきました。
 皆様の参加により、新たな出会いが起こるものと思います。どうぞ、皆様ふるって、ご参加ください。いつものお仲間も、また、ワークは初めてという方も大歓迎です。

以下の続きをクリックしてください。
詳細を記載してあります。
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像三上諭
» 合同会社ノアールシーン設立 (2016年03月07日)
アイコン画像えぼけん
» 11/21〜23の臨時休業について (2012年03月04日)
アイコン画像S
» 英語の論文読んでいます! (2011年09月15日)
アイコン画像RELSHY・鮒田新世
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像hiroshi・n
» 8月の休業日、休診時間のご案内 (2010年02月26日)
アイコン画像ひろぽん
» マフェトン理論とLSDトレーニング (2009年03月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鮒田新世
  • アイコン画像 誕生日:1968年8月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-スキー・登山
読者になる
鍼灸師です。 パワーストーンを使ったセッションも行っています。 冬は、スキーのインストラクターもしています。 宇宙のリズムに合わせて、自然の一部として生きることが、自分のために生き、他の人々の幸せにも通じることと思っています。 まずは「今」という時を・・・「自分」が幸せであるということを感じることが大切だと思っています。
Yapme!一覧
読者になる