行ってきます。

2002年03月27日(水) 23時14分
さてさて。

明日から、出張で留守にします。
明日は滋賀県にお泊り?。
で、金曜の夜から彼の家にいくつもり。
だけど、彼は土曜日もお勉強会があるから、実質二人でのんびり出来るのは、最終日の日曜だけなんだけど。
まぁ、逢えるだけいいよね。
夜は一緒に寝れるしね♪
彼は少しお疲れのようだけど、ちょっとでも癒してあげられたらなーと思ってます。
夜ご飯、何作ろうかな?

なんだかバタバタしていて、お友達のHPにもなかなかカキコできなかったり、メールのレスが遅くなってしまったりしていて、ごめんなさい。
出張から帰ってきたら少し落ち着くかと思うので、そしたらHP訪問&メールのお返事、させていただきますね?。

行ってきま?す!

カケヒキ。

2002年03月27日(水) 14時59分
<a href=http://www.memorize.ne.jp/diary/03/58652/index.html>Essay?</a>にも少し前に書いたのだけど。
恋愛していて、カケヒキしたいときってたくさんある。
例えば、こっちばっかり電話してるから、彼からかかってくるまでかけないことにしよう、とかね。
わたしも例にもれず、何度も何度もそう思っていろいろカケヒキめいたこと、してきた。

・・・というか、今日もした(笑)
最近(といっても、ここ2日だけだけど)、わたしからばっかりメールしてるっ、って気付いちゃって。
彼にとってみれば、たぶん何にも考えてないだけだと思う。
彼は今が大切な時だし、メールなんてコマメに送れるだけの余裕がないのかも、ってことは理解できる。
だけど、気付いてしまったその気持ちは、なんとなく鬱々として胸の中に影を作っていて。
「今日は、わたしからメール送るのやめよう!」って決めてた。

んで、さっき、お昼過ぎに。
今日はじめてのメールが彼からきた。
たわいのない話題。
わたしがメールしなかったことについては、何にも思ってなさそうな。
なんか、脱力。
なんか、むなしい。
いつも、こういう風にカケヒキしたあと、こういう気分になる。

最近、こういうことをしてたどり着く答えは結局一つで。
恋愛において、カケヒキなんかしても結局はろくなことがないってこと。
・・・ってか、カケヒキはあんまり必要ないって感じかな。

返事が欲しいのは当たり前。
たまには、彼から行動して欲しいと思う気持ちも当たり前。
だけど、メールは、わたしが送りたいから、するんだよね。

同じように。
わたしが、彼の声を聞きたいから電話する。
わたしが、彼に逢いたいから逢いにいく。
それでいいんだよね、本当は。
シンプルな「好き」に繋がる気持ち。
素直な気持ちが、やっぱり一番なんだよね。

ホルモン効果?

2002年03月26日(火) 13時00分
ひろくんに逢いに行った時。
花粉症のせいもあって、肌がすごーく荒れていたのです。
ヒリヒリ、痛いくらい。

だけど、帰ってきたら、綺麗さっぱり。
なんだかいつもより、調子がいいみたい・・・。

これって、ホルモンの影響・・・ですかね?

昨日、林真理子さんのエッセイを読んでいたら。
「他人に髪の毛を触られると、女性ホルモンが出やすくなって、髪が綺麗になる」というようなことが、書いてあったのですよ。
確かに、今回、ひろくんに髪の毛、いっぱいいじってもらったー。
髪の毛は綺麗になったんだかわかんないけど、肌は確かに綺麗になったぞ。
うーんうーん、一理あるかも。

それに、ひろくんと逢って、たくさんひっついて、ぎゅーってしてちゅーってして、思う存分いちゃいちゃしてきたので。
女性ホルモン、かなぁ・・・なんて思ったり。
いや、きっとそうに違いないぞー。

何故、彼がわたしの髪の毛をいじってたのかというと。
わたし、白髪が少々あるのです。
髪の毛、カラーリングしちゃうとわかりにくくなるんだけど、前回カラーリングしてからちょっと経ってしまったので、白髪が目立つようになっちゃって。
んで、ひろくんに、それを探してチョキンとしてもらってたのでした(笑)
どうやらひろくんは、そういう作業が好きみたいで、何も言わずに自分からやってくれるんだけど。
髪の毛いじられてると、ほーんと気持ちがいいのだ。
うとうとして、そのまま寝ちゃったこと、多々あり(笑)

昨日はそんなこと考えて。
本当にホルモン効果ってあるのかもーと思って、彼に報告してみたんだけど。
彼は「気のせいやないの?」って一蹴。
気のせいじゃ、ないやいっ。
きっと、恋する乙女パワーなんだいっ。
・・・と信じてるわたしなのでありました。

デート日記。

2002年03月26日(火) 11時50分
今回は簡単にメモ書き。

20日。
20時40分発の関空行き飛行機。
空から見る東京は、宝石箱。
いつかひろくんと見たい景色。
彼の住む街について、彼に電話すると、彼が途中まで迎えに来てくれた。
彼の家なんて、もう何度も行ってるし、一人でも行けるのにわざわざ迎えに来てくれる彼。
こういう彼の優しさが好き。
夜は、おしゃべりしたり、いちゃいちゃしたり。
ひろくんが眠そうにしていたので早々に就寝。

21日。
お昼くらいに起きて、まったり。
りんくうアウトレットに行く。
「COACHのバッグ、欲しいなぁ?」と冗談で言ったわたしに、真剣な声で「貧乏で、誕生日プレゼントも買ってあげられんくて、ごめん」と言った彼。
わたしは、そんなことどうでもいいんだよ。
こうしてずっと手をぎゅっと握ってくれてるだけで。

夜ご飯は、カレー。美味しかった♪
でも、二人でご飯2合は食べすぎだろう・・・。

22日。
彼は、仕事。
わたしは部屋の掃除。ゲーム。ネット。夜ご飯の支度。
「早めに帰るようにする」といった言葉通り、19時には家に帰ってきてくれた。
夜ご飯は、餃子とにら玉スープ。
副菜、もう一つくらい作っておけばよかったな、と後で後悔。
30個の餃子、ふたりでペロリ。
パラッパラッパーで遊びつつ、就寝。

23日。
彼は、お勉強会。
わたしはゲームをちょこっとした後、一人でお出かけ。大阪城へ。
大阪城は、桜が6分咲きくらい。
風が強くて、散歩するのにいまいちな天候だったけど、きてよかったと思った。
一人でみたらし団子食べて、ぼーっとした。
今度はひろくんと来たいな。

その後梅田へ出て、またもやふらふら。
ヨドバシカメラの大きさにビックリ。
新型パソコンなんかをひやかしていたら、彼から着信。
お勉強会、終わったからとのことで、難波で合流。
いつもより3時間くらい早く切り上げてくれた彼。ありがとう。

難波ではカラオケしたあと、既に定番になっている串揚げ屋さんでご飯。
家に帰ってきて、ゲーム。
頭が痛くなってきたので寝る。深夜2時。

24日。
最終日。
起きて、簡単な朝食食べてから、彼がゲームするのを見てた。
ぎゅーっとくっついて。
気付いたら寝ていた。彼が髪の毛をなでてくれていた。
空港へ行く。
マックでご飯。またすぐ逢えるから、と思ったけどやっぱり寂しい。
彼が別れ際、キスしてくれた。
ちょっとの辛抱、だね。

日常と非日常。

2002年03月25日(月) 18時48分
彼とのデートから、帰ってきて。
また、今日から仕事。
なんだか、忙しい。
最近、仕事が増えた。
大阪の出張が増えるのは嬉しいし、その分負担が増えるのは仕方がない。
仕事は、楽しいし。やりがいあるし。
だけど、ひろくんとの時間のほうがずっとずっとずっと楽しい。
・・・当たり前だけどさ。
仕事をしていても、昨日まで繋いでた右手が、ちょっと寂しい。
彼の匂いが恋しい。
まだ1日も経っていないのに。

ひろくんと一緒に過ごす時間は、非日常で。
平日、仕事をしている時間が、日常。
そんなことわかりきったことなんだけど、これが逆だったらなぁ・・・なんて思ってしまう。
ひろくんとの時間が、日常で。
仕事している時間が、非日常。
・・・なるわきゃないよねぇ。

彼と逢っているとき、出張の話をした。

 28日・29日ってまた出張なの。
 だから、週末また一緒に過ごせるよ?

って。ひろくんは何ていうかな?ってちょっと怖かったけど。
ひろくんは「そなんやー、楽しみやなぁ?」って、即答。
なんだかいろいろ考えて、ひろくんが少しでも考えるそぶりを見せたら、逢うのはやめようと考えていただけに、ちょっと拍子抜け。
「お勉強の予定とかがあるなら、邪魔したくないから、そっちを優先してね」って言ったら「うん」って。
これで、週末は彼とまた逢えることになりました。
土日だけになりそうだけど。
でも、土曜は彼はお勉強会だし、実質は日曜日だけ、かな?
それでも、ちょっとでも逢えるだけで嬉しい。

毎週末、大阪に行くのはちょっと疲れるけど、彼に逢えるのなら、頑張れちゃうもんね?♪

ひろくんのパソコンから。

2002年03月22日(金) 12時12分
今、ひろくんのパソコンから、ネットしてます。
ADSLだから、早い?。うらやましい!
あとで、履歴消しとかなくちゃ。ちょっとどきどき。

今日はひろくんはお仕事。
ひとりでお留守番。
掃除しようかなと思ってたんだけど、汚いでぇ?といっていた部屋もそれほどきたなくなかったから、すぐに終わってしまった。
う?ん、ヒマ。
外に出かけようと思ったけど、ご飯のしたくとかもあるし、今日はおとなしくしてよう?と思ってます。
ひろくんも、早く帰れるようにするわって言ってくれたし♪

逢う前は、いろいろ考えてしまうけど、やっぱり逢うとどうでもよくなってしまう。
「俺が貧乏で、誕生日プレゼント、ちゃんと買ってあげれんくてごめんなぁ」
って昨日言われた。
でもね、わたしは、その気持ちだけで嬉しくなっちゃうんだよ。
ひろくんがそばにいてくれるのが、一番嬉しい。
逢いたいって思ってくれて、逢うと幸せな時間を過ごせて。
それが一番、嬉しいし、幸せなんだよ。

今日の夜ご飯は、餃子。
そろそろ、お買い物行って来ようかな♪

贅沢な悩みだけど。

2002年03月20日(水) 9時39分
うーむ。
また、大阪に出張の予定が。
今度は28日29日。
週末だから、土日合わせて彼に逢えるなぁ。
でも、まだ彼には言ってない。
本当は、前回出張したときから次の出張が決まってたんだけど、何となく言えないでいる。

何でかと言うと。
彼は今大切な時だし、あんまり邪魔しちゃいけないのかなとも思うから。
仕事の後も勉強したり、土曜日は勉強会みたいのに出かけてるし。
わたしがいると、どうしても勉強できなかったり、気にしちゃったりするんじゃないかなぁと思って。
ちょっと、悩んでます。
逢いたいのはやまやまなんだけど。
彼にそれを伝えるのが少し怖いな。
逢えないと言われるのも、たぶんショックだろうし。
逢えるのに逢えないのは、やっぱりつらいし。
かといって、邪魔するのもイヤだし。
まぁ、彼に伝えなきゃどうしようもないから、今回のデートで伝えてみるつもりなんだけど。
彼も「逢えるのに逢えないのは寂しいな」って思ってくれるといいんだけど。
でも今は、彼はわたしのことなんかより、自分のことを考えるべきときなんじゃないかなぁとも思う。
なんだか、複雑だなぁ。

今日の夜から、彼に逢うんだけど。
わたしったら、大事な花粉症の飲み薬を忘れてきてしまった・・・。
あぁ、どうしようかなぁ。
市販の薬、買うしかないかな。
しかも、今日薬飲み忘れたために、めちゃ体調悪ー。
もー、わたしってどうしてこう抜けてるんだろう。

彼は金曜・土曜と仕事なので、一人で何をしようか考え中。
桜でも見に行こうかな。
大阪城に行ったことがないので、行ってみたいんだけど。
あ、でも一人旅気分で京都まで行ってもいいかなぁ。
一人はちょっと寂しいけど、彼は仕事なんだから仕方ない。
せっかくだから楽しまないとね♪
あぁ、だけど彼の部屋掃除で一日はつぶれそうだなー(笑)
めちゃめちゃキタナイと言ってたからな・・・覚悟しないと。

今朝、彼にモーニングコールしたら、「今日逢えるな?♪」って彼が言った。
嬉しそうな彼の声を聞いてたら、なんだかわたしも嬉しかった。
彼に逢うのはもちろん嬉しいんだけど、わたしに逢いたいと思ってくれてる彼を感じるほうが、なんとなく嬉しい。
早く逢いたいな。
そのためには、残業なんてことにならないように、しっかり仕事しなくちゃね。

作ってきた道。

2002年03月19日(火) 11時15分
彼とは、相変わらず。
花粉のせいで、長くお話できません。
だるいし、薬のせいで眠いんだもんー。
ま、彼のほうも勉強とか忙しいみたいだから、それはそれでいいのかも。
なんとなく不完全燃焼のような気もするけど、ま、明日の夜には逢えるし。
しかも久々に4日間も。嬉しい。
彼は仕事があるけど、わたしはのーんびり過ごそうっと。
ご飯、何作ろうかな。
彼は餃子とおでんとロールキャベツが食べたいらしー。
おでん・・・もうそろそろ季節はずれなのではー?
作り納めかしら。

ゆずのニューアルバムをやっと買ってきた。
ビックカメラのポイントが溜まってたので、タダで手に入れて嬉しいー。
そのアルバムの中の「みぞれ雪」って歌が、心に引っかかってる。
長く付き合ってきて、だんだん馴れ合いのようになって、それはそれで心地いいけども、やっぱりときめきも欲しいよなぁ、みたいな歌。

確かにね。
彼と長いこと付き合って。
好きって気持ちは今のわたしにとっては揺るがないものだし。
彼もきっとそうなんだろう(と信じてる)。
だから、つまらないケンカも減ったし、変なすれ違いみたいのも、昔に比べたらずっと減った。
彼が好きでいてくれてるっていう、自信がついているような気がする。
愛情表現だって、前に比べたらずっと減った。
彼からは甘い言葉・メールなんてめったに聞かなくなったし来なくなった。
それは、わたしもそうなのかもしれない。
つまり、付き合い始めのような甘?い時間というものが少なくなってきて、そのかわり一緒にいて落ち着いたり、穏やかな時間が多くなってきた。
ホント、それはそれで喜ばしいことなんだとは思う。
だけど、たまに、あの熱い時間が懐かしくなると言うか、そういう気分になることがある。
昔の日記を読み返すと、たくさん泣いて、苦しんでるわたし。
おかしいかもしれないけど、そのころの自分が懐かしくなるというか。
彼のことを好きすぎちゃって、辛くて、こんな思いをするくらいなら、別れたほうがマシかも、って思ってしまうほど好きだったあの頃。
以前と気持ちは少しも変わっていないように思うけど、でもやっぱり違うんだよね。
慢心、というか。妙な自信がある。
二人でいるのが、当たり前、のような。
でもそれが、ふたりで作ってきた道の成果、なのかなぁ。

恐るべし、花粉。

2002年03月18日(月) 9時51分
なんだか、ここ2?3日の花粉の量はすごいものがあるらしく、かーなーり、調子が悪い。
薬は飲んでるのにな。
1週間前まではバッチリ効いてたのにな。
あぁ、つらい。
目がかゆいのとか、鼻が詰まるのとか、喉がかゆいのとかもあるけど、何より体がどんよりだるいのがつらい。
あと、肌荒れ。
早く終わって欲しい。この季節。

それでも昨日は重い体を引きずって、妹と遊んできた。
久しぶりに逢う妹は、少し痩せたようだった。
秘訣を聞いたところ。
「お腹がすいたら、セロリを食べる」らしい。
お肌にもいいし、野菜ならヘルシーだし、繊維だからお通じにもいいらしい。
うーん、お腹すいて甘いものをたべるよりはいいかもー。

そして、行った先は表参道。
なにやら、パレードみたいのをやっていて、めちゃ混んでたー。
「キルフェボン」に行こうかと思ったけど、混んでたので「DU CAFE」でお茶。
イチゴのタルトを食べた。美味しかった?♪
そして妹が誕生日プレゼントね、といってご馳走してくれたから、もっと美味しかった(笑)
表参道はオシャレなカフェが多くて好き。

それから、カラオケ。2時間半。
「二人のアカボシ」を歌ってみた。
この曲好きなんだけど、彼はあんまり好きじゃないみたいなんだなぁ。
なんて思いながら。
最後のほうはナツメロばかり歌った。
やっぱり、妹だけに昔聞いてた歌がかぶってるし、気兼ねなく歌えて楽しかったー。

それから、夜ご飯を食べて、ゲーセンをちょこっと見て、帰ってきた。
帰ってくるころには、花粉の影響で目が開けられないくらいに。
そして、だるーい。
帰ってきて、彼と電話したけど、もう、だるくて力がでないー。
ダルダルーで電話を切る。
彼ともっと話をしたいと思ったのに、体がついていかなかった。
恐るべし、花粉。

今日も花粉が多そう。かなり憂鬱。

情けないほど惚れているもよう。

2002年03月16日(土) 23時24分
掲示板や、メールで。
わたしと同じように、「ホワイトデー、何ももらってないー」って方が多いのに驚きました。
なんだか、心強いぞ。
うーん。
男なんて、所詮、そういうものなのかしら。
でも、世の中にはちゃんとお返しをする男性だっているわけで。
こんな些細なことで、とは思うけど、こういう価値観の違いって放っておいていいものなのかしら。
去年は不満を彼には伝えたけどさ。
今年もそれが出来ないということは、それが「彼」なんだろうし。
それにそれに、結局はわたしがどーのこーの言って、それを彼がやってくれたってちっとも嬉しくない。
何も言わないけど、わたしのことを考えて行動してくれる、っていうそのキモチが欲しいんだものー。
だから、諦めが肝心なのかなぁという気もする。
なんつーか、諦めるべきなのよ、って気持ちと、いや、ちゃんと伝えるべきなのでは、という気持ちが二つあって、変な感じ。
落ち込んだりはしてないけど。
どっちかというと、脱力したって感じ。

昨日の夜も、彼と電話したのだけど、そういうキモチが伝わったのかなー。
「ゆん、元気ないなぁ。どないしたん?」って何度も聞かれちゃったわ。
「なんもないよー、花粉症がつらくてさぁ」って言っといた。
ホワイトデーのことでいろいろ考えちゃったなんて、気付きもしないんだろうなぁー。
それがまた、不器用な彼っぽくていとおしい気持ちになっちゃうんだけど(笑)
ホント、わたしって彼に惚れてるのよ。情けないけど。

今日。
元気のないわたしを気にしたのか、突然なんの前触れもなく
「好き。ちゅ。」ってメールが彼から届いた。
あー。だめ。顔がゆるむ。
わたし、やっぱ彼に甘い。彼に惚れてる。情けなーい。悔しーい。
わたしくらい、彼もわたしのことを好きになってくれればいいのに。
2002年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:raspberry
読者になる
Yapme!一覧
読者になる