甘い考え。

2001年08月31日(金) 13時51分
17cm弱。
彼の手首のサイズ。
皮ヒモのブレスレットを作ろうと思ったことは下に書いたけど、その日のうちに自分の分は編み上げ、とてもかわいくてお気に入りになった。
彼のも編もうと思ったのだけど、サイズがわかんなかったので、彼に「計っといて」って頼んであったんだ。
それを今日教えてもらった。
早速今日、皮ヒモを買いに行こうかな。
明日休みだから、ゆっくり作ることができそうだし。
問題はお金がないことだ(笑)
週末は家でお金を使わないことしないと…はうぅ。

毎月積み立て貯金をしているのだけど、それとは別にまた一つ遠恋用の貯金をしようかなと考えている今日この頃。
ひろくんと共同の口座も持っているんだけど、最近ぜんぜん口座を使ってない。
最初は二人で毎月1万ずついれて、デート資金にしようって言ってたんだけど、結局1ヶ月に1度は逢うようにしてるし、逢ったときにお互い1万ずつ出し合うようにしているので、なんだか口座があってもなくても一緒なんだよねー(笑)
だからその口座に遠恋用貯金しようかにゃー、なんて。

最近、頂いたメールで、とても心に響いたことがあって。
わかってはいたことだったんだけれど、まだまだ甘く考えてる自分がいるということに気付かされた。
それは、将来のこと。
まずは、彼のところに行くとしたら…先立つ資金が必要ということ。
当たり前のことだけれど。
それは、逢いに行くための貯金ではなくて。未来への貯金。
それから、両親のこと。
当たり前のことだけど、大阪に行くとなった場合、わたしがしっかりした考えを持たなければいけない。
あいまいな態度や、考えが浅かったりしたら、両親だって止めるだろう…。
これらのことは、当たり前のことかもしれないけど、まだまだわたしは考えが浅いなぁと思ったのでした。

遠恋はツライ、寂しい、やめたいと思う前に、もっとオトナにならねばと思いました。
もう26にもなるのに、まだまだ甘く考えてる部分ってのがあって。
彼が早く迎えに来てくれないかなぁ、なんてお姫様気分で待ってたってしかたないんだなぁ…と。
もっと、しっかりしないとね。うん。
まずはできるところから進めないとね。

皮のブレスの話から変なところに話が飛んでしまった(^_^;)

だんじり祭。

2001年08月30日(木) 12時04分
彼の気持ちが伝わってきて、寂しかった気持ちも昨日の夜には完全復活。
彼とも、充実した電話をすることができました。
わたしはやっぱり単純です。
今思うと、何故あんなに寂しかったのかもわからなくなるくらい。

9月。14日の夜から16日まで行ってこようかと思っています。
もう飛行機も予約しちゃったし。
14日・15日は岸和田というところで「だんじり祭」というのをやるらしく、それが見れるみたいなので楽しみ♪
めっちゃ激しいお祭りで有名らしいけど。
ネットで検索してみてみたんだけど、なんだかよくわからない…
町別で「だんじり」ってのを曳くらしく、それがなんだかとても激しいものらしい。
わかったのは、なんだかすっっごく熱いお祭りってことかな(笑)
だんじりの着メロなんかもあるらしい…よくわからん(笑)
でもでも楽しみ?。
ホームページ見てるだけでもワクワクしてきたっ。
だんじりについて何かご存知の方がいたら、是非教えてくださいませ(笑)

去年も行きたかったんだけど、日にちが合わなかったんだよね。
だからとっても楽しみなのだ?♪

嬉しい電話。

2001年08月29日(水) 15時36分
15時。
彼が仕事に行く時間だなあ。
時計を見ながら、そんなことを考えてたとき。

RRR?♪
携帯が鳴る。
ピンクのランプ。スピッツの「スパイダー」が流れる。
ひろくんだ。

こそこそと非常口に移動して電話に出る。
(仕事中でも私用電話できちゃうのだ…もちろん頻繁にはしないけど)

優しい彼。
明るい声。大好きな声。
すぐに「大好きやで」って言う。
彼はめったに携帯に電話をかけてこない。わたしが仕事の時は特に。
だけど、かけてきてくれた。
きっと昨日泣いたのを気にしてくれたんだろう。
嬉しくて、切なくて、泣きそうになった。
たった2分の会話。だけどとってもとっても嬉しかった。
ありがとう。

わたしは愛されていると思ってもいいんだよね?
自信もっていいんだよね?
ひろくん。泣き虫でごめんね。弱くてごめんね。
もっと強くなりたい。頑張るから、待ってて。

メール。

2001年08月29日(水) 11時37分
 昨日はごめんね。
 今日は元気にがんばりまーす。
 仕事が終わったら今日はプールに行くつもり。

ってメールした。
しばらくして、

 昨日はごめんな。
 全然起きられんかった。
 昨日あんまり寝てないんなら、あんまりムリするなよ。

…ひろくんが悪いんじゃないのに。
ひろくんにもどうしようもないことなのに。
わたしが悪いのに。

涙がちょっと出た。
本当にごめんなさい。
いつもありがとう。
うん。頑張るね。

モヤモヤ。 -2-

2001年08月29日(水) 9時58分
彼を好きという気持ちは変わらなくて、それは日に日に増していくほどなんだけど。
普段は彼に対しての不満はあまりない。
最近は連絡も結構こまめにくれているから、不安な気持ちにはならない。
だけど、逢いたくて仕方なくて、でも逢えなくて、どんどん寂しくなって。
いろいろ考えて、考えなくていいことまで考えて、ますます悲しくなって。
彼の口調に敏感に反応してしまって、モヤモヤして。
昨日はもう、遠恋なんてやめたい、と切実に思ってしまった。

彼と付き合っていくためには、こういう気持ちとも上手に付き合わなきゃいけない。
見て見ぬふりをすることも必要なんだけど。
昨日はどうしてもダメだったんだ。

夜、彼と電話をした。
むりやり明るい話題を出したけど、何故か疲れてて眠そうな彼。
話題になかなかのってきてくれなかった。
だから、ますます寂しくなって、電話口で泣いた。
彼は、ビックリしたと思う。
「俺、なんか悪いことしたか?」と聞いてきた。ちょっとめんどくさそうに。
そんな彼にまた泣けた。
わたしが泣いているのに、電話口で半分寝ている彼にも寂しくなった。
本当にわたしってワガママだ。
彼に何を期待したんだろう。
自分の問題なのに。

なんでもかんでも彼に頼ってしまいたくなる自分が嫌いだ。
どうしてこんなに寂しいのかもわからない。
なんでいつまでたっても慣れないのかな、寂しさに。
遠恋を選んだのは自分。彼じゃなきゃイヤだと思ったのも自分。
なのに、全部彼のせいにしたくなる。
わたしはこんな気持ちになりたくて、この恋愛を選んだわけじゃないのに!って。
でもこんな気持ちになってしまうのは彼のせいじゃない。
それがわかっているのに。
心がわかってくれない。
きっと、心が病気なんだろうな。

ここに吐き出したので。
今日は元気いっぱいで頑張ろう。
まだまだ、いけるはず。
まだまだ、彼と一緒に歩きたいはず。
心を休めて、明るい気持ちを取り戻そうと思う。

モヤモヤ。 -1-

2001年08月29日(水) 9時40分
やっぱり寂しい病。
寂しい気持ちって増長して、今まで考えもしなかったこととかを考え出して、どんどん寂しくなっていくんだよね。
だから、それを断ち切ることが本当は大切なのかな。
でも、わたしはいつもいつもいつも、考えてばかりいる。
考えても答えのないことなのに。
だからドツボにはまっちゃうんだよね。

昨日は本当にどうしようもなく寂しくて。
何度もひろくんに電話してしまった(彼は休日だったので)。
そのうち、電話の先のひろくんの一言でイライラしたり、楽しそうな彼を見てヤキモチを焼いたりしてしまった。

最近のわたしって、心が狭くて。
彼の「○○を買ったで?」って言葉を喜んであげられない。
そんなの買うなら、少しでも貯金して、わたしに逢いにきてくれたっていいんじゃ…なんて思ってしまう。
前に、彼は「自分のやりたいことがたくさんあるから、あまりそっちには行けなくなるかも」とは言っていた。
それは、寂しかったけど、承知したはずだった。
わたしが逢いたければ逢いに行けばいいって思ってた。
ただ、彼が他のことにお金を使っているかと思うと、なんだか悲しくなってしまう。
2月から彼がこちらに来てくれていないのは前にも書いたけど。
それからずっとわたしが向こうに行っていて。旅費も自分で出して。毎日節約して。
なんだかむなしくなってしまうことがあるんだな…。
もちろん、向こうに行っている間は彼は少し負担はしてくれるんだけど。
この間のラブホのようなこともあるし。
だから、彼は彼なりに努力はしてくれてるとは思う。
だけど…。
そのうち、「ゆんが逢いにきてくれるからいいや」ってなるんじゃないかなって。
いや、もう少しそんな感じなのかもしれないな。

でも、仕方ないんだよね。
彼にそのことを話したって、彼のほうは余裕がないわけだし。
実際そう言われたし。
そうしたら、逢うのを我慢するしかなくなっちゃうんだもん。
彼は彼なりに考えてくれてるとは思う。
以前も「負担かけてばかりでごめん」と言ってくれたこともある。
たぶん「申し訳ない」とか「情けない」とか思っていると思う。
それに、お給料もわたしのほうがかなりいい。
それを彼も気にしているのは知ってる。
だから、彼にはいえない。
結局、答えはないんだろうな。
わたしが我慢すればいいことなんだよね。

…ホント、お金の問題って難しい。

過去を振り返る。

2001年08月28日(火) 9時53分
最近、なんだかセンチメンタル。
夏が終わるからかしら。
彼との関係はうまくいっていると思うけども、何故だか切なげ。
過去の思い出を書いたりしてみたのもそのせいかな。
なんだか、今までの二人の道のりを振り返ったりしてしまう。

というわけで、今回は過去の日記を読み返してみた。
はぁ?、我ながら莫大な量。
よく書いたなぁと感心。
とりあえず、去年の今ごろは何をしてたかなと思って、その頃の日記を読んでみました。
8月終わりから9月くらいまで。
ちょうど、ひろくんとギクシャクしだしたとき…って感じだったかなぁ。
結局はそのギクシャクが解決されていないまま(というか、答えが見つからないまま)、何ヶ月もズルズルと来ていたような気がする。
実際、何度か別れ話も出て。
その結果、彼と距離を置くことになったんだけど。
そう考えると距離を置くのは悪くなかったんだなあと。
違う角度で物事を眺めることもたまには必要なんだなぁ。
そういうことで、また違う面が見えてくるというのは本当だと思う。

過去の日記を読んでいて。
なんだか、その頃の自分が、恥ずかしいような、いとおしいような、不思議な気持ちになりました。
たまには、昔の日記を読み返すのもいいかもしれない。
同じ間違いはしたくないと思うし。
その時の一生懸命な自分を感じるのも、またなんというか、感慨深い感じ。
二人が頑張ってきた結果が、この日記を読むと伝わってくるから。

彼と付き合うようになって1年10ヶ月目だけど、ぜんぜん「好き」という気持ちが薄れないな。
むしろ強くなっているような。
彼もそうなのかな。
そうだったらいいな。
あぁ、なんだかセンチメンタルだわ(笑)

不機嫌な夜。

2001年08月27日(月) 9時43分
昨晩、仕事が終わった彼から電話がありました。
楽しくお話してたつもりだったんだけど…
なんだかわたし、どうも寂しい病なのかどうなのか、なんかひねくれちゃってたようです。
自分でもよくわかんないんだけど…。
一言でいえば、不機嫌?
たしかに、自分ではあまり意識がなかったけど、なんだかちょっとイライラしちゃったりしてたかな。
彼も「今日はどうしたん?なんか不機嫌やな」…と。
理由はないんです。
だけど、なんだか不機嫌でした。理由は特にないのに。
そんな自分にまたイライラしたり。
悪循環。

でも彼はそんなわたしに優しくて。
「まったくもぉ?、しょうがないなぁ?」って感じでした。
そんな彼に申し訳なくなってしまった。
そして、無性に逢いたくなってしまった。
どうして気持ちがセーブできないのかな。
彼が眠そうにしてたので、電話を切りたくなかったけど「寝ようか」って言った。
彼は「ゆんは寝れるん?」とか、「寝れなかったらまた電話してな」と言った。
嬉しくて、そして、寂しかった。
この気持ちはあまりうまく説明できない。
そこまで考えてくれる彼の気持ちが嬉しかったけど、彼にそこまで気を使わせてしまう自分が情けなかった。
そして、ここまで彼が言ってくれているのに、電話を切るのがイヤだった。

それでも、電話を切って。
しばらく考え事をしていた。
別に、彼に不満があるわけじゃないんだ。
最近の彼は、ちょっと前と比べたら本当に愛情を表現してくれるから。
愛されてるっていうのが伝わってくるから。
それなのに、なんでわたしはこうなんだろう…。
逢いたいって気持ちを抑えることができなくて、それが不機嫌の元になってしまう。

結局、もう一度彼に電話してしまった。
相変わらず眠そうな彼だったけど、優しかった。
複雑な気持ち。
でも、付き合ってくれた彼に感謝。
早く逢いたいな。

なんだか、変だな。わたし。
逢いたいって気持ちがひねくれちゃってる。
ごめんね、ひろくん。

ブレスレット。

2001年08月26日(日) 22時17分
今日は、友達と新宿で映画を見に行ってきました。
「ジュラシックパーク?」
なかなか面白かったです?。ドキドキでした。
怖くて心拍数上がっちゃったわ(爆)

で、その時に丸井を見に行ったのです。丸井ZACCA。
ゆんはビーズを使ってアクセを作るのが好きで、趣味だったりするんだけど、この丸井に小さなスペースでビーズアクセ用品が売っているお店が入ってるの。
なもんで、友達そっちのけで、物色(笑)
そのときに、革紐で編んだブレスレットを見つけた。
とってもシンプルなんだけど、可愛い。
一目ぼれしちゃって、作り方を教わって、革紐を買って帰ってきました。
これから作るとこ。

革紐の太さとか、色とかを換えて編んだら、メンズとしても良さそうだなぁと思ったので、彼にも編もうかなぁと。
なにげにおそろいでいいかなぁ?なんて。
んでも、彼の手首がどれくらいの太さなのかわからない・・・。
今日聞き出さなくては。

ふふ。
なんかワクワクしてきちゃったぁ♪
彼とおそろいのブレス。むふ。
おそろいって、なんだか嬉しいのはわたしだけ?
色違いとかも。
何故か、離れてても一緒、って感じがするんだよね(笑)
ペアリングもいいなぁと思うけど、彼は指輪ってあんまりしないんだよね・・・。
今度聞いてみようかなぁ。ペアリングってどぉ?って。

「好き」という気持ち。

2001年08月25日(土) 14時51分
やっぱり、彼が好きなのです。
遠恋、寂しくても頑張ろう!って思えるのも、すべて彼のおかげ。

今日は。
11時半ごろ、モーニングコールを入れる予定だった。
だけど、その前に彼からメールが入った。
『Y(彼の友達)からの電話で目が覚めた。ゆんに起こしてもらいたかったのにぃ』って。
それまで、寂しくて逢いたくてしょうがなくて、下に書いたような気持ちでいたんだけど、彼のそのメールで心がブルーからピンク色になった。
なぜかはわからない。
彼の気持ちが伝わったからかな。

その後、電話をしてみた。
寝起きのせいかな、甘えっ子の彼。かわいい。
大好きな声で、嬉しい言葉をたくさん。
わたし、単純。
ブルーな気持ちは、もうなくなってた。

結局は…寂しくなっても逢いたくなっても、それがどうしようもなくっても。
彼がいれば。心が繋がっていれば。
頑張ろうという気持ちがまた湧き出てくる。
わたしは何度それを繰り返したんだろう。

すごくすごく不思議なのだけど、「好き」って気持ちはどこから生まれるんだろう。
「好き」って気持ちは、すごいパワーにあふれているような気がする。
好きなだけじゃダメなことがある、ってことを以前書いたけど。
でも、好きって気持ちは、恋愛をする上では一番大切だね。
…あは、当たり前だけども(笑)
だけど。
こういうことがあると「好き」って気持ちは何て大きなチカラを持っているんだろうって思っちゃうんだよね。
2001年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:raspberry
読者になる
Yapme!一覧
読者になる