至上最高の夏山へE

2011年08月30日(火) 20時11分

針の木テン場でひとり宴会。チタン縦型コッヘルは、山小屋で購入した高価なビールやお酒の安定置き場として確保できます。これまで何度、山に空輸されてきた高価なビールを染み込ませてきたことか、、、(笑)。


今日は、昨日登った針の木岳の反対方向、蓮華岳に進む。


登って振り返る。鞍部の針の木小屋と向こうの昨日登った針の木岳。


8月でも残ってました。ありがとう。

これから向かう蓮華岳は、北アルプスの中でも地味な山。ただ高山植物の王女「コマクサ」が群生することで玄人好みの山として知られています。以前7月にここに登ってガスの中眺めなし、でも足元に無限に咲くコマクサを見て、「ここは天空の楽園」?と感動したことを思い出します。


ここから、至上最高の夏山に突入です。最近、山は脇役で空ばっか撮ってるなぁ、、、(笑)。

雁木

2011年08月28日(日) 19時13分
新潟出張のこの地には、雁木があります。冬季の雪よけです。

夏は、日差しよけで使えます。とてもありがたい。


ここは、お蕎麦屋さんですが、いろいろなお店が雁木をうまく使って、いい感じの空間づくりをしています。1軒1軒歩いて見て楽しい。


地元の人に聞けば、中心市街地のアーケードのような雁木は失敗作とのこと。高すぎて、雪や雨が吹き込んでしまうらしい。木造で低く構えて屋根状に傾斜のついた本来の雁木のほうが機能的、とのことでした。

・・・


これで一旦、新潟出張仕事はおしまい。上越新幹線の車窓から。次に向けて来月のいつか、打ち合わせとかでまたここに来ますが、その時はこの車窓、黄金色でしょう。


「次」は、来春に新潟この地に完成する某有名建築家設計施設。To be continued。


橋デザイン

2011年08月27日(土) 22時47分
今週末も新潟某市出張。


信濃川を渡る有名な橋。この造形、好きです。


河川敷では、雑草の花々が、きれい。暑いけど、風は秋風でさわやか。

至上最高の夏山へD

2011年08月25日(木) 17時36分

針の木小屋に張ったテントに不要なモノを置いて針の木岳に登ります。


テント装備の重荷に耐えたカラダがちょー軽い、軽い、飛んでるみたい。で、どんどん登る。


途中、高山植物が残っていたり、


雷鳥の親子をそっと見かけた(コドモは、親目線の向こうの岩陰に隠れてしまった)。


よし! 針の木岳(2821m) 2度目の頂上です。山登りは苦しいばかりなのですが、これが最高なのでやめられないのです。

信濃川

2011年08月23日(火) 22時53分
新潟仕事の最終日。時間に余裕があったので、日本一長い川、信濃川を見に行く。

空は、もう秋、である。

信濃川から仕事場へ帰る途中に出会った小さなお店で見つけた。



甘いもの嫌いな自分としたことが、一目見て気に入り、つい家族へのお土産に買ってしまった、、、。

帰宅して、「たまには土産だぜ」と見せたら、たまには、「センスあるじゃん」とカミさんからお褒めのお言葉を頂戴致しました(笑)。 長女も絶賛。

至上最高の夏山へC

2011年08月23日(火) 22時30分
雪渓を登りきると小屋が。





もう10年使っているテントを設営。このテント場は狭いので場所を指定される。ぎりぎりのスペースになんとか、、、。入り口は、斜面になっているので脱いだ登山靴が、ころころ滑落する始末(笑)。


ロケーションは、素晴らしい。明日は、あの稜線を行く。


針の木岳に登る途中から、小屋とテント場。稜線の鞍部の狭いスペースだから仕方ないのです。真ん中の青いテントが自分のです。密集地から離れていて実はよい場所だったりします。小屋のデザインは、黒鋼板+木壁。この地域の山小屋デザイン、嫌いじゃないです。

新潟B級グルメ

2011年08月21日(日) 17時56分
新潟某市出張3日目。今日のお昼は、この地のB級グルメにアタック。

ケーキは、さすがに「げぷ」、になりますのでいらない。単品にしました。


実物到着。すげ。


カツは、小さく切ってあってとても食べやすいです。しかし不思議な食べ物です。見た目のイメージは、カツカレーのように重そうなんですが、ソースがトマトケチャップ系?で意外とあっさり、ぱくぱくいけます。ワンプレートの付け合せにかいわれとかあって、更にさっぱりいけます。でも、生姜醤油らーめんのように、また来よう!、はちょっと???(B級)。


カレーのお店のようなので、今度はカレーを試してみたいと思います。






お店は、「雁木」の奥の2階にあります。知ってないと入っていくのに勇気が入ります。でもお昼時で、こんな場所で行列ができていたのは、びっくりしました。

至上最高の夏山へB

2011年08月21日(日) 7時17分
今回の登りルートは、雪渓(針の木雪渓)をたどっていきます。戦国時代の武将、佐々成政公が偉業の冬季越えを果たしたルートでもあります。









7月ぐらいまでは、アイゼン付けて雪渓上を直登できるのですが、さすがに8月は雪渓が崩壊していてダメ。シュルンドに落ちたら最悪。沢の側面の高巻き道(夏道)で登っていきます。しかし、雪渓の溶けかたライン、美しい。自然美。


この登りは暑い、なのだが実は涼しい。雪渓を伝ってくる冷気と流れている豊富な水で顔と背筋をばしばしゃ。休憩ビールも急冷可能(笑)

新潟お散歩

2011年08月20日(土) 20時50分
新潟県某市に仕事で出張中です。お昼頃時間が空いたので周辺をお散歩。

このあたりの住宅には、雪降ろしのため梯子必須のようです。ひとりあたり2回ぐらい自宅屋根から落ちてます、と地元タクシーの運転手さんがおっしゃておりました(怖)。


至るところで道路が赤茶けています。


冬季の消雪に地下水を利用しているようです。その鉄分が、残ってしまってこうなってしまうとのこと。


大雪を考えると、エアコンの室外機も地面に置けませんね。


またまた、駅前ロータリーを駐車場化している地元有名ラーメン屋さんへ。


この地特有の「雁木」がこのお店にもあります。大雪を避けるための建築的手段。地元の人に聞けば、「雁木」は、このあたりが北限で、新潟市内では無いらしい(本当か?)。


休日なので、混んでました。しかし、この立地でこの集客力、スゴいです。


頂きました、生姜醤油ラーメン、麺固、葱増し(+50円)。まいう〜!

新潟週末出張

2011年08月20日(土) 6時44分
信州北アルプスから下ってすぐさま、中1日で新潟某市に3泊4日の出張です。

宿(14階)からの眺め。


有名建築になるであろう、震災によって竣工未定の有名建築(仕事対象)。


泊まった宿は、普通のビジネスホテルですが、TV兼用でPCが使えてなかなか。ブログが書けてしまうのです(笑)。
建もの探訪を目指すでブログの過去記事を検索してみる

https://yaplog.jp/rahaha/index1_0.rdf
今月の記事