風のいたずら

2010年10月31日(日) 11時35分
昨日、台風が接近したが、大風が吹くとなると気が気ではないのです。

なぜなら、南西庭のシマトネリコが大暴れするからです。



今冬の大風でシマトネリコが揺れに揺れて、外壁に付けた傷跡。春に外壁を塗り替えたため、目立たなくなったが、当時はとてもショックでした。

昨日は、それほど風は強くなく、無事でホっ、としてます。

北庭のクロバー、全滅の怪。

2010年10月27日(水) 21時30分
このところ忙しくて、かまっていなかった北庭を久ぶりに見に行けば、、、


クロバーが、枯れて全滅、、、。 何で? 今年の異常な暑さ???

山のかたずけ

2010年10月24日(日) 11時07分
山から帰ってくれば、山道具のかたづけです。


大物は、バルコニー下に吊るして干します。


駐車場で、テントじゃばじゃば丸洗い。とても気持ちいい。


天気が悪い時、シェラフなどを干すには、手摺が重宝。

黄葉の北アルプス登山ダイジェスト

2010年10月22日(金) 21時38分
雨とわかっていながらあえて登り、それゆえ暖かい山小屋ご主人のおもてなしをいただき、2日目とても辛い尾根歩きを達成した黄葉登山風景のダイジェストです。
※写真をクリックすると、もう少し大きく見れます。































晴れてなくても、しっとりとした、日が差すと時に艶やかに輝きだす素晴らしい黄葉を堪能した山行なのでした。

楽園に到着

2010年10月21日(木) 0時41分
不動岳から、大きく下ってまた大きく登り返し、2時間半かけてその楽園に到着しましたが、、、
山の神様は時に厳しく、ガスと暴風雨の中の到着となってしましました。



それでも、ガスの中でぼんやりと紅く染まっているナナカマドは、綺麗でした。

こちらは、昨年、晴天の中、訪れて感動したこの楽園の写真です。また今年も来たくなってしまうわけです。





写真がうまくないですね。黄色く見える草々は、青空の下、黄金の如く、ざわざわ輝いており、正に別天地なのでありました。

烏帽子岳直下の楽園

2010年10月16日(土) 19時47分
船窪小屋から何回ものアップダウンに耐え(マジ辛かった、、、)、5時間歩いて不動岳登頂。
ここから、これから行く、知る人ぞ知る烏帽子岳直下の紅葉の楽園が見えます。

雲上の庭

2010年10月13日(水) 22時01分
天狗の庭から少し登れば、このような素晴らしい雲上の庭が。


こんな庭が創れたならなぁ、、、。自然力はスゴイです。

ざんざん降りで、テント場までは、この小屋から片道30分!
久方ぶりに心折れて、小屋閉間近のこの小屋に泊まることにしました。囲炉裏端でいただくご飯がとても美味しく、アットホームな宿主や他の宿泊の方々との会話がとても楽しく静かな時を過ごせました。また来たいです。山小屋の休日としては、ビックリするほどガラガラでしたので、8時間、超暴睡できました(笑)。自分の横で寝てる小一長男に毎晩、いつもキックされることもなく寝れて(笑)、超快適なのでありました。

天狗の庭

2010年10月12日(火) 23時07分
山登りは、悪天候でも、それゆえ印象深い風景に巡り合えるものです。今回、登山口で、連日雨予報だから「止めようか、、、」と喰わず嫌いしようとした自分を戒めます。

約4時間登って到着した北アルプス標高約2,300mm 通称「天狗の庭」。天気が良ければ、360度の大パノラマらしい? でも、向こうの唐沢岳に舞う雲海を見るだけでも感慨深い。ここで、コンビニおにぎり+Beerの初日昼飯休憩です。

北アルプスの黄葉

2010年10月11日(月) 23時51分
連休の渋滞をこなし、自宅帰着です。
天候は、良かったり悪かったりでしたが、素晴らしい黄葉に会えました。

秋山へ出動

2010年10月08日(金) 1時27分
今週末は、3連休。北アルプスの山小屋は、この連休あと小屋締めとなってしまう。
建もの探訪を目指すでブログの過去記事を検索してみる

https://yaplog.jp/rahaha/index1_0.rdf
今月の記事