敷地取得の奇跡

2006年03月11日(土) 21時33分
家を建てるには、敷地を取得しなければなりません。

4年ぐらい前から、今住んでいる敷地の周辺の土地を探していました。

この辺りは、同一の独立行政法人が開発したいわゆる「ニュータウン」です。

敷地の応募については申し込み期間が設けられ、ほとんど複数の申し込みがあり抽選となります。

で、3回程落選しました。

落選した敷地は、南面道路、整形敷地で価格面でも理想的なもの。

このような敷地は、もちろん応募殺到、簡単に2桁以上の倍率となるのです。

そして4度目の敷地分譲。ここで今の敷地と巡り合ったのです。

変形五角形の敷地です。

ここだ!ここなら応募数少なくて勝てるかも?と思いました(普通に北側に寄せて建てたら、南側に変な三角形の庭できちゃうし)。

こんな変形地、他に整形地がたくさんあるのだから申し込み数少ないのでは?と考えたのです。

応募倍率は、戦略どうり6倍。今までの2桁倍率からしてみれば、もうなんか当たっちゃった気分。

自分の受付番号は、「2」。そして抽選日です。抽選機が、くるくる回り出てきた玉の番号は、いかに?

「6」! あちゃー、また落ちた、、、(しくしく)。

ところが、当日抽選前に「1」の方が棄権。ということで「補欠1位」になりました(当選番号の次番が補欠1位、次々番が補欠2位となるルールです)。


落選後、引き続き近くの敷地分譲に応募してまた玉砕。いつになったら敷地取得できるのでしょうか、、、(この辺の応募画地もだんだん少なくなってきたし、、、)。

意外にもその知らせは、4回目の敷地に応募した日から、5ヶ月後にいきなり来ました(この敷地は、もはや記憶の彼方にありました)。

当選者辞退、補欠当選であります(キター!!!)。

この日から、現在に至る家づくりが始まったのであります。
  • URL:https://yaplog.jp/rahaha/archive/272
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
建もの探訪を目指すでブログの過去記事を検索してみる

https://yaplog.jp/rahaha/index1_0.rdf
今月の記事