造作プロジェクター台 -1

2006年01月05日(木) 23時23分
ウチの居間は、テレビの無いホームシアター計画であります。

スクリーンの設置場所は、南窓面を活用した計画としました。

さて、将来を考えると難しいのがプロジェクターの設置場所。

よくあるホームシアターにおけるプロジェクターの設置事例は、事前に電源や映像ケーブルを壁や天井などに隠蔽配線して天井吊りするもの。

でも、ここ最近のデジタル家電の進歩は激しく、その配線の進歩も激しい(最新配線仕様は、HDMI端子のよう)。

ということで将来の変化に対応すべく、ウチのプロジェクターの設置方法は、建物へは固定しない「置き型」で計画しました。

プロジェクターの投影機能である、レンズシフト機能を活用したのです。

この機能を有するプロジェクターであれば、左右、上下にその機器が有するシフト幅を活用し、スクリーンの正面からずらして設置できるのです。

※ブログの投稿文字制限により、次回へつづく。。
  • URL:https://yaplog.jp/rahaha/archive/226
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
建もの探訪を目指すでブログの過去記事を検索してみる

https://yaplog.jp/rahaha/index1_0.rdf
今月の記事