保留地の話

2005年05月20日(金) 23時20分
今週は、想定外の問題が発生し、その穴埋めに走り回らなければならなければなりませんでした。

その問題とは、購入した敷地が都市区画整理事業における「保留地」であったことなのです。

保留地とは:
http://www.city.sapporo.jp/land-sale/takuchi/horyu-chi/horyu-chi.htm

土地が登記できないと、抵当権が設定できないので、金融機関から住宅ローンの融資が受けられないのです。

自分の目論見としては、土地取得金の償還を含めて、最近低金利で推移している、

フラット35:
http://www.jyukou.go.jp/support/rate_index.html

を利用しようと考えていたのですが、「保留地」のため、すべて断られました。

この件について、説明責任が無かった敷地の販売先:●●再生機構には苦言しました。

そして、自分の敷地は、平成18年夏に「換地処分」される予定であると、●●再生機構からの回答を得ました。

「換地処分」されれば、登記でき、フラット35が利用可能となります。

ただ、先週末に工務店との工事請負契約をしてしまったことや、仮に工事延期したとしても、竣工までの今の住まいの賃料、そして各種住宅ローンの金利が来月以降上昇するとの情報を得ていたので、来年夏の金利にはリスクを感じ、待つことは得策ではないと考えました。

1日会社を休み、「保留地」で融資していだける金融機関を探し続けました。

そして、何とか、地場で信頼を得ている金融機関(農●)が、この土地区画整理事業地の購入者から、同じような問い合わせを多く受けていて、「保留地」であってもその地域限定として融資いただける商品を扱っているのを見つけたのでした。
  • URL:https://yaplog.jp/rahaha/archive/16
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
もんど
いろいろ聞きました。あっちこっちに。

それにしても、銀行の応対は未だにダメですね。
まともなところはわずか。やっぱり金貸しはキライです。
○Rにも苦言を呈しておきました。
公的な会社なのに、大手メーカーとの提携でしか有利なローンを付けられないなどといった不公平な状況を放置するな!と。

結局は農○になりそうです。
まぁ、他行の条件が惨憺たるもんですから。

私はまだ設計を始めたばかりなので、完成時期を換地完了後に遅らせることも考えました。
ところが○Rによると完了が予定より一年くらい遅れる可能性もあるんだそうで。それではちょっと・・。

報告のつもりが愚痴になってすいませんでした。
2006年09月27日(水) 0時13分
もんど 様、

コメントありがとうございます。

日銀の0金利解除以降、各種住宅ローンは貸付金利を上げ始めました。

でも不思議なことに農●は、自分が契約したときよりも安くなっていたりします。なんで?(実際は、この金利に保証料が0.2%程度追加されます)

自分も当時、お金の運用について見ず知らぬでありましたが、家づくりをきっかけに金融投資など、いろいろ勉強しております。自分にふりかかることですから当然興味を持つわけです。

さて、以前のブログ記事でもご紹介しましたが、ここのブログはお金の運用についていろいろ分かり易く解説されており、とてもタメになります(日曜日を除く毎日朝、更新されるスゴいブログです)。

ではでは、明日(おっとすでに今日か、、、)のご交渉、ガンバッてください。
2006年09月26日(火) 1時00分
もんど
早速にお返事下さり、ありがとうございます。

○Rには昼間に電話しました。
問い詰めてやるつもりでしたが、応対したのが女性で・・。
やり場の無い不満だけが残ってます。

○Rは、いくつかの融資実績を把握しているようで、やはり地元の農○の名前が出ました。
しかしこのご時世。フラット35でいきたいんですよ。
しかも某銀行で。
プロパーローンと組み合わせて最も都合が良さそうなんです。
苦労して調べたっていうのにこんなことでつまづくとは。悲しいです。
ここだけは民営化の弊害を感じました。

明日、○Rが言ってた銀行と農○をあたってみます。
2006年09月26日(火) 0時14分
もんど 様、

コメントありがとうございます。

同じ問題でお悩みとのこと、ご心中ご察し申し上げます。

さて、自分もこれを知った時は正直「くらくら」しました。

●Rの担当者を問い詰めたところ、大規模造成地の特例ということで、ある地元の銀行と最寄農●が融資していただけることを知り、なんとか難を逃れたのであります(しかも当時としての低金利で)。

もし、同じような状況であれば、地域として特例的な融資が可能な金融機関があるかどうか、まずは●Rの担当者を問い詰めてみることをオススメ致します。
2006年09月25日(月) 23時18分
もんど
遅ればせながら同じ問題で困っていてこちらに辿り着きました。
何気に某銀行へ出向いたらダメだって・・・。
「そりゃ無いんじゃないの?」
って思いながら、慌てて他の銀行に聞いても同じ答え。
「○○機構さんよぉ〜(怒)、最初にちゃんと説明しとけよなぁ!!ローン付けられんような土地売っといて、銀行の紹介準備くらいしとけ!!」
それにしても困りました。
同じく設計事務所との家づくりですから、工務店には出来高払いもしなきゃいけないし。
2006年09月25日(月) 22時50分
建もの探訪を目指すでブログの過去記事を検索してみる

https://yaplog.jp/rahaha/index1_0.rdf
今月の記事