ようこそ!

マスターいちろうから観た南国酒場って?

«2018年05月 | Main | 2018年02月»
フェアリーシュリンプ失敗。 / 2018年04月25日(水)
5月4日快晴気温23度


前回から一週間以上たち再び観察するもシュリンプは確認できず。


きっと卵が爪楊枝の先についてなかったんでしょうね。
と言うことにして、ここはひとまず卵からやり直し。
直接飼育水に卵が入るのを目視で確認出来るようにしよう。
まずは卵の確認。

そしてスギ薬局のレシートに折り目をつけてその上におよそ100個近くの卵を乗せる。


極々少量に見えるだろうけど全部孵化したらヤバイ数になると思うので約半分くらい袋に戻しておこう。(笑)


そしていざ投入!




今回は直接飼育水に卵を入ったのを確認。


ちゃんと入りました!
上から覗くと水面に浮いてるよ〜


今回は前回よりも平均気温が高くなって来てるから、3日以内に孵化すると良いのだが…


では次回のレポートをお楽しみに!




 
Posted at 16:54/ この記事のURL
コメント(0)
フェアリーシュリンプ。 / 2018年04月22日(日)
ファミレスで食事をした時に入り口近くにあったガチャガチャでゲットしたのが「フェアリーシュリンプ飼育観察キット」だ。こういうの一回やってみたかったのでゲットできてちょっと嬉しい。
カプセルの中身はこんな感じで説明書を始め6点が封入されていた。

1 説明書
2 フェアリーシュリンプの卵
3 虫眼鏡(ルーペ)
4 観察日記
5 えさ
6 飼育観察キットの注意が書かれた商品パンフレット

ちなみに対象年齢は12才以上
僕は46歳なのでOKだ!

説明書には水槽・容器が手元にない時には透明度の高いペットボトルでも代用可と書いてあるのでペットボトルを用意。
まずは飼育水。
カルキを抜く為に数日放置した水をペットボトルに入れる。説明書には300mlとかいてあるけど500ml入れてしまった。
しかも自宅の金魚用に買った水草アナカリスの切れ端約5cmも勝手に入れる。
爪楊枝の先を折って卵の袋に差し込み、付いてるのかついてないのかわからないぐらいの先端を飼育水の入ったペットボトルの中に着水♪
今日、初日にできることはここまで。
あとはうまく孵化すれば1日から3日で赤ちゃんが見られると説明書には書いてある。
インターネットで調べるとうまくいく場合とうまくいかない場合があるらしい。まず日頃の平均気温が寒い冬場は水温が上がらない為にほぼ孵化しない。(卵が死んだわけではないと思う。)
なので暖かくなる春を待って飼育スタートだ!(飼育開始日は4月22日晴れ平均気温22度)ちなみにペットボトルの蓋はしない方がいいと思う。エビが空気を吸えないからとかではなく、蓋をするとペットボトル内の空気の温度変化等で水圧が加わってしまう。結果、エビの血管や心臓などに血液が流れなくなってしまうのではないかと思うからだ。
というわけで次のレポートは孵化した時だ!


 
Posted at 15:52/ この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Master Ichiro
  • アイコン画像 誕生日:1972年
読者になる
この新宿区若松町で南国酒場を引き継いで14年が経過。 気が付けば、とてもたくさんのお客様に囲まれていた。
2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
過去の記憶。。。

 
GMO Internet, Inc.