ようこそ!

マスターいちろうから観た南国酒場って?

«2006年02月 | Main | 2005年12月»
ミスターX / 2006年01月27日(金)
実際にこの街に情報屋が存在するところがスパイ映画や刑事モノの映画のようでウケル。(笑)

ただ、パターンとしてうちの店に2日続けてくることが多く、1日目はかなり良質な情報をもたらしてくれることが多いが、2日目はただの酒飲みと化しているところが個人的に笑える。

当然、それが誰かは言わない。(フフフ・・・

 
Posted at 09:08/ この記事のURL
コメント(0)
漢字の書き順。 / 2006年01月27日(金)
カウンターズの話題。

漢字の書き順。

そしてその中でも意見の割れた漢字が

「飛」。

上から書き始め、ちょんちょん。
次に二段目の横棒という意見と
カタカナの「イ」みたいなものから書き始めるという意見と
いろいろあったが、漢字の書き順サイトによると真ん中の縦棒が次にくるのが正解。
正しくはその次に「イ」を書き
最後に二段目の横棒ちょんちょんに続くのだった。

結局のところ全員違ったのかもしれないが、今のご時世漢字の書き順を気にして書いてる人も少なくなってきたようだ。
そう考えると、昔、小学生のころに体験した苦労はなんだったのか…。

TAROさんいわく、
「社会人としてのマナーですから・・・。」
なのだとか。



 
Posted at 03:46/ この記事のURL
コメント(0)
雪だるま、その後… / 2006年01月25日(水)
先日の雪の日にやべっちの雪だるまを紹介したけど、なんと続編、というか雪だるまのその後というのが送られてきた!
もちろん写真がそれ!

とっても力の抜けたその表情が見る人の心を癒してくれてますネ☆

東京はもう雪もかなり溶けてきた様子。

2/19に予定された南国酒場スノーツアーは日帰りです。
新幹線でサクッといってゆっくり帰ってくるつもり。
電車だから誰も運転しないのでお酒を飲んでも大丈夫。
TAROさんはシュウマイとカツサンドとビールが楽しみなのだとか…(笑)
まぁ今回は僕も前の日に飲み過ぎないように気を付けます☆



 
Posted at 07:25/ この記事のURL
コメント(0)
(^O^)降ってるね〜 / 2006年01月22日(日)
東京にしては降ったみたい。
バイクでの通勤はさすがに危険だということで歩いて出勤。
途中いくつもの雪だるまを発見。

しかしあんまり素敵なものはすくなかった…

がしかし!
やべっちが作った雪だるまが写メで送られてきたのだ!
写真がそれ。

一番巧かったゾ☆

やべっちって雪だるまをつくるセンスがあるのネ。W

やべっち写メありがとね〜!
(^з^)-☆


 
Posted at 03:20/ この記事のURL
コメント(0)
扇風機。 / 2006年01月21日(土)
「今度の土曜日になったら雪が降る」

ほんとに降るもんだ。

南国酒場のエアコンは暖かい。
でも上半身だけがね…、ってのがこれまでだった。

しかし、きょうBICカメラに行って買って来ました。
それも

『サーキューレーター』

ようは扇風機なのだけど、これが重要。
頭ばかり熱いのは空気が対流してないからなのだ。

そこでこのサーキューレーターを使って上層部の暖かい空気を足元にも送れるようにしたわけだ。

でもって効果は?

ウワァオ!
エクセレントッ!!
ってわけがわからないぐらい効果抜群。

南国酒場は寒い冬とはおさらばなのだ。

ところで今日、南国酒場に入れなかった団体さま、ごめんなさい。

普段この時期は、客足も落ち着いてるので再びレッツTRYでお願いします。。。
あるいは電話して確認してみてくださいな。


 
Posted at 03:37/ この記事のURL
コメント(0)
とある英単語。 / 2006年01月15日(日)
ふとしたことがきっかけでとある英単語を調べることに。

ウーロン茶は
Oolong Tea

ジャスミン茶は
Jasmin Tea

では
プーアル茶は?

…最初一人で僕は考えていたのだけど、あとからカウンターズのニイズがきたのでいっしょに調べてもらうことに。

僕 「だめだ。ウーロン茶もジャスミン茶も英語辞書に載ってるのにプーアル茶だけは載ってないよ。」

ニイズ「う〜ん。携帯で調べてみたら『pu-erh cha』って書いてあるところもあるのだけれど。。。」

だけど『茶』の部分がそのまま『cha』って言うのはどうにも怪しい…。
英語辞書で『pu-erh』を引いてみるがやっぱり載ってない。
(どうやら造語らしい…。)

しかし、ニイズがあることに気が付いた。
プーアル茶とは別名『黒茶』とも言われているらしい…
ということに。

そこで家に帰って検索にかけてみるとなんと!

Black Tea

として載っていたのだ!

プーアル茶は
Black Tea

へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜
(9へぇ〜 ↑実際たいしたことはない。)

そうなんだぁ。
ブラックティーねぇ

ちなみにプーアル茶は減肥茶としても有名らしく脂っこい中華料理などでも多く飲まれているのだとか。

そういえば台湾に行ったとき点心のお店で飲んだプーアル茶おいしかったなぁ。

好きな人はあのクセが癖になるそうです(ププ・・・)

南国酒場にも台湾直送のプーアル茶があるのでぜひどうぞ!

 
Posted at 05:18/ この記事のURL
コメント(0)
櫻 / 2006年01月12日(木)
暑さ寒さも彼岸まで。
そんな言葉があるけどぜんぜんお門違いの話であって今は冬真っ盛り。

新春とはいえ春はまだ遠い。

街路樹の葉もずいぶん前におち
道路には舞うべき枯れ葉も見当たらない。



年の離れた男性客がポツリとひとこと言った。

「これだけ寒いと春が来るのが待ち遠しいですね。」

何気なく言ったその一言が
僕にはとても暖かく、心に響く言葉だった。

この冬はいつもの冬よりも寒さが厳しい。
暖(だん)を取らないとまともに生活もできない。

でもだからこそ憬れるものがそこにあり、それを心に思い描きながら
この厳しい冬を乗り切ることができるのかもしれない。


帰り際に、その男性客はこう言った。

「春になったらきっと素敵な櫻が咲くでしょう。」

これだけ寒さを体感した櫻は
きっと春になったら素敵な花を咲かせるにちがいない。

日本には立派な四季がある。
それぞれに魅力があり厳しい冬もまた、
次の春への喜びを与えてくれる。

今はじっと暖かい春が来るのを待っている。


人も櫻も春を待っている。




 
Posted at 05:57/ この記事のURL
コメント(0)
トータル18匹。 / 2006年01月12日(木)
うちには熱帯魚を飼う水槽がある。

アフリカンランプアイという目の上が青く光るめだかの仲間を、
これまでに15匹飼っていた。

そしてオトシンクルスというコケを取ってくれる。
愛嬌のある小魚を一匹飼っていた。

去年の始めごろに買い始めたような気がするが
10月だったか11月だったか忘れたが
アフリカンランプアイが卵を産んで2匹ほど孵った。

しかし、魚は口が利けない。

水槽の中は魚にとって住み心地の良いところなのか、
それとも何か不都合や苦情があるのだろうか?

精一杯の努力(したつもり)も、むなしく
アフリカンランプアイ(成魚)たちは一匹一匹亡くなり
オトシンクルスもあの世へと旅立ち
果ては孵った子供たちも今日あの世へと消えていった。

空っぽになってしまった水槽。

ただむなしく水だけが濾過され続けている。

いったい何が原因だったのかすらわからないまま、
僕の目の前を小さな命たちが過ぎ去った。

熱帯魚を飼うのってこんなに難しかったっけ?
夕方まで元気に泳いでいたあの稚魚はなぜしんだ?


トータル18匹。

この消して少なくない数字が
今後新たに魚を飼うべきか否か
僕を迷わせる。

命の大切さを知ってるというのならば
飼わぬべきなのか。。。



 
Posted at 05:32/ この記事のURL
コメント(0)
冷汁食べた!! / 2006年01月11日(水)
ついに宮崎の名物のひとつ、冷汁をいただきました!
写真がそのときの写真です。

まぁ、寒い時期に食べてもおいしかったですけどやっぱり夏に食べるのがいいですかね、な〜んてことは言いません。(笑)

十分おいしかったであります。

おいしいモノがあるって幸せですね。。。

ちなみに僕は埼玉育ちですが埼玉のおいしいモノがあったら誰か教えてください。
^^;

 
Posted at 17:14/ この記事のURL
コメント(0)
『生きる知恵』。 / 2006年01月11日(水)
うちの店にはテレビのアンテナがきてないので、室内アンテナを液晶テレビにつないで見ている。

しかし、室内アンテナではどうにもこうにも映りが悪い。

そこでただのアンテナ線をテレビに接続し、その先っちょにアルミホイルを巻きつけてみた。

するとどうだろう。

ありえないほど映りが良い。

いわゆる昭和のやり方ってやつかもしれないのだけど、所詮原理なんてそんなものだ。
デジタルだのアナログだのなんてたいした差じゃない。

電源がなきゃ便利なテレビだってただのガラクタに早代わり。(笑)

生きる知恵ってのはとっても重要で、僕は親父を見て育った。

子供のころ『アンペア』という言葉を親父から良く聞いた覚えがある。
子供には到底理解できない言葉をつかう大人だけの世界、そう思っていた。
そんな世界に憧れていたが、気がつけばしっかり自分もいい大人になってしまって、子供には到底理解できない言葉を今度は僕が使ってる。(笑)

これから先、もし自分に子供ができたら算数や国語も大切だけど、もっと大切な『生きる知恵』を親から子へと伝えて生きたい。

 
Posted at 03:53/ この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Master Ichiro
  • アイコン画像 誕生日:1972年
読者になる
この新宿区若松町で南国酒場を引き継いで14年が経過。 気が付けば、とてもたくさんのお客様に囲まれていた。
2006年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過去の記憶。。。

| 前へ
 
GMO Internet, Inc.