つづきのようなもの

April 30 [Sun], 2006, 18:46
22分34秒 喋ってたんだね。

17:22〜
   44分ぐらいまで、
  ぐだぐだと、話してたんだね。
 彼は、必死で(?)ご機嫌よくしていてくれたのに
話題を変えたりして…
 なのに、私は愚痴ばっかり。
嫌んなる。埒が開かない
不毛なの、不毛。
 私が大事でしょ?と尋ねてみて、答えは曖昧に、うん。
力なく答えるし。
でも、くいしんぼより私のほうが親しいよね、という問いには割とリキ込めて肯定されてたように思います。

 要らないものを持ってくだけだよ、と(果物類のこと)

あぁ〜喋っててもきりがない。

また、あの飲み屋に行くと、消えてしまうんだろうか。
はしごしなきゃいいが。電波が届かなくてもっと騒音で聞こえないところに行くと困る。

それにしても、あの物凄い着信音なのに、どうして出てくれないのか不思議だ。
しかも、電源を切るとは…深い意味があるに違いないと勘繰っても仕方がないだろう?!

書いても、喋っても、どうしようもない。
もっと賢い行動に出ないと。

17:21 Fw:

April 30 [Sun], 2006, 18:38
おわったよ

17:21 Fw:

April 30 [Sun], 2006, 18:38
おわったよ

17:21 Fw:

April 30 [Sun], 2006, 18:37
おわったよ

7:47 Fw:

April 30 [Sun], 2006, 18:34
でたよ

7:47 Fw:

April 30 [Sun], 2006, 18:33
でたよ

いくら頑張っても

April 30 [Sun], 2006, 18:28
だめなんだな、と思った。
鬱になる。ふだんから何も手につかないのに、もっと酷くなる。
連休も鬱だ。家主が娘に、怒鳴って娘が口惜しさに泣いた。可哀想で…
しかし、台所の散らかりようを見たら、誰だって怒る。呆れる。

どうしようもなくて。
くいしんぼに、お葬式からもらった果物などを、届けると言うから
落ち込んだ。くぼみへこみ、もうどん底なぐらいに(そりゃオーバーかよ)
暗くなった。

玄関先にいたら、メールがきて、外でずっと話していた。声も聞き取りにくくて、
家の中のこと(足の治らない娘のこと、家主のこと)も気がかりで
話せば話すほど 腹が立つと彼に言った。くいしんぼと親しすぎる、深い関係だ、と。
勝手に思い込んで怒った。そう思わせているのは、あの店に行ったときだけ、電話が繋がらなくなり、家に電話をし続けても出てくれないからだ。

しかも店内で電話には出てくれない。
店の外に出て話す、だから雨の日に FOMAは壊れたんじゃないのか?その前から調子悪かったのか知らないが。
 FOMAはその後 機種変更をした。
 店主の携帯の番号も知っているらしい。もちろん 彼の番号を店主は知っているのだ。
 店主の旦那は?には、知っているのに「知らない」と言い張る。離婚かなんかだろう。
 娘がひとりいる、という、若い娘だということだ。つまりババアじゃないのじゃないか?
まだ私と大差ないのではないのか?と思う。しかも旦那はいない…そんな雰囲気。
 ふたりきりで何を話すんだよ、遅くまでいて、ふたりきりになる機会ばっかり作りやがって、と。
 毎晩 毎晩行くし…。と言うと毎晩じゃないと言う、そりゃ仕事の夜勤の日や、遅くてもう疲れ果てたときは行けないのは分かっている。
 それ以外は、休日の日まで行くではないか、と言いたい。

書いていても埒があかないのかも。落ち込むだけか。
口惜しいなぁ。

車は走る…

April 30 [Sun], 2006, 9:14
8:19 に、運転中に電話をしたよ。すぐに電話に出られました。
誰かと、電話で 話ながら行くのかな?連絡取りながら
 お葬式もそうだけど
他にも、誰かと会ったりするのかな?
あれこれ疑ったらきりがないのです。

運転しているときに、電話をしたら 良くないから
メールもしました。

渋滞はしていない、すいてる、と 8:19の時点ではおっしゃっていました。

晴れて暖かく 気持ちの良い ドライブになるといいね。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

電話メモなど

April 30 [Sun], 2006, 7:55
渋滞してるかもね
連休ですから

慌てて行くと事故やスピード違反になりますから
気をつけて行ってね

電話出来るときは 終わったときもそうですが
 合間に 出来るときに 電話をかけてね


おにぎりでも食べて行ってらっしゃいね。

(あ、炊飯器にご飯があったんだったっけ)

――――――――――――――

事故は、自分が大丈夫でも、連休などはいつもは運転していないドライバーが多かったりしますから
気をつけても避けられないようなことになり兼ねませんから…
ほんとに、いつも以上に気をつけてってください、と言いたい。
次に電話出来るとき、そう言おう。
今からまたかけたら、うるさいだろうから。

――――――――――――――

昨晩(朝からの仕事の日の夜、29日、祝日、土曜日の夜)は、あれから 
炎のゴブレットを見ていて、私がうるさく言ってから また数分後に電話をして、おとなしくしている約束をして
じっとしてたら、また「いったん電話を切るですよ」というような言い方で、切られてしまいましたから…
 それから、また電話をかけて 誰か今から来るんじゃないか、とか 隣に誰かいるのではないのか、などとあれこれ追求しつつ、おやすみを言った気がする。

――――――――――――――
天気は良い。

29日 21:18 Fw:

April 30 [Sun], 2006, 0:00
かえるよ