イケメンの罪

September 26 [Wed], 2012, 18:19
たまに、なんの脈絡もなく、過去に出会ったオトコのことを思い出す。
過去のオトコといっても、つきあったとか恋愛関係だったとかではなく、道ですれ違う程度の男のことである。
今回は、あまりに記憶の隅っこすぎて、思い出したことに驚愕してしまったある出来事について、記念に日記に残しておこうと思った。
昔むかし、私がまだ某有名下着メーカーにいた頃のこと。
その時代、ちょうどバブル期の末期で、女性は4年制大学だとむしろ就職が難しいといわれていた頃。
私たち女子はみな、短大に進学した。
短大を卒業さえすれば、就職は安泰と言われた、今から考えるとバカみたいに日本の景気がいいころだった。
おかげで、3流もいいとこの短大だったにもかかわらず、私程度の学力で1部上場有名メーカーに就職できたわけだが。
そんなわけで、20歳で会社員となった私たちがようやく2年目を迎えるとき、男性の正社員はひとつ年上浪人してたらさらに上の男子が新入社員として入社してくるわけである。
先輩になれる喜びと、どんな新人が入ってくるのかワクワクして彼らの入社を待っているのだが、なんと配属された新人の中に、目を見張るようなイケメンがいたのだ。
大騒ぎしていたのは私だけだったので、ほかの女子にはどう見えたのかわからないけど、椎名桔平をややソフトにした感じのサワヤカな男性であった。
21歳の私は、そりゃもう発情期の真っ最中ですから、その人の姿をみるだけでホホを染めたりしていたわけだね。
あの頃は若かったなあ。
とは言いつつも、私たち販売員は普段はお得意先で販売をしているわけだし、内勤営業の男性とは月に一回会うか会わないか。
しかも課が違うとさらに接触高額アルバイトはなくなるわけで、そのイケメン男子とは別に顔を見知っている程度の関係だった。
それが、いつのころだろうか。
彼も新人ではなくなり、23年の月日が経ってからのことだろうと思う。
全く接唐ェなかった彼と、セミナーを主催するために一緒に日帰り出張に行く機会があったのだ。
23年経ってはいたけれど、彼の美しさに陰りは見えず、噂ではかなり遊んでいるらしいと耳に入ってきてもそりゃあれだけイイ男なんだから遊ぶだろ、フツーとか思ってた私は、彼との出張を多少の緊張感とともに楽しんでいた。
ほかにスタッフもいたし、仕事が終わって軽く飲んでから電車で帰ったのだが、ラッキーなことにそのイケメンと同じ電車に乗るのは私だけだったのだ。
電車を待つホームで、二人でベンチに座ってお話しなどしていた私たち。
私は言う。
ずーっとファンだったんですよね。
わたし目を潤ませながらマジでありがとうスゲー余裕。
言われ慣れている。
だから今日も、すごく楽しみだったんです余裕の返しに、さらに目が潤む。
なんだ、もっと早く言ってくれればよかったのにと言って、私の肩を抱く。
ふみえ、テンションアップだって俺はお前が好きなんだからと言って、キスもちろんホームには私たちの他にも人がいましたともふみえ、テンションあがりつつも疑問符。
帰したくないなイケメン、遠い目で皆様、ここまで読んでどう思われますちなみに私、この時のお誘いは断りました。
いや、したくなかったとかではなく、その当時は普通に実家に住んでいたし、外泊とかうるさかったし。
次の日も仕事だったし。
でもね。
すごくないほとんど接唐フない私ごときに、ちょっと色目使われただけで突然どっかのスイッチが入って、好きとか言っちゃうのって、どうなの確か、当時はけっこう舞い上がっていて、しばらく思い出してはほわっってなっていたんだと思うんだけど、それでも疑問符は残った。
好きって言ってたけど、あれ、ウソだよね。
やっぱって冷静に考えた。
あれは相当の女好きだな、ヤリたかっただけで、出張行っては女の子と関係しているに違いないと考えた。
私も泊りの出張だったらヤってたかも。
うん。
ヤルな。
で、しばらくほわっってなって、次の機会を一生懸命待っていたに違いない。
で、相手は一回ヤって気がすんでいるから、私の誘いも軽くあしらったりして、私は心傷ついたに違いない。
まあ、若い頃はちょっとやそっと傷ついても、すぐに立ち直れるくらいのバイタリティはあるし、恋はゴロゴロ転がっているしで、いいんだけども。
いや、今になってこのイケメンの男性のことを思い出して驚愕したのは、その女に対する自信と口説き方だ。
なんか、もうねえ。
少女マンガか、いまどきの女性向けゲームかっつーくらいのキザっぷりだったのよ。
また、キザなのが似合うんだ、くぅヘタな男がやったら、全国から爆笑される程のクサさなんだけど、そういうのが、女の子が好きだって、わかってやってるんだよね。
マイミクの男性の皆様の中には、わかる方もわからない方も、腹を立てる方もあきれる方もいるだろうけど、世の中にはこういうのがいるんです。
今はどうしているんだろうなあ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:q9gdma2p9s
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/q9gdma2p9s/index1_0.rdf