人生最後のセリフとは?

January 10 [Tue], 2012, 22:42
あまりにも怖い&リアルな夢を見たのでしたためておく。


父母姉私の家族4人でバスに乗って大洪水から避難していた。
20m以上の大津波が街を襲う。
青緑色の波が白いしぶきを上げていた。波の色が緑色が印象的だった。
その中をバスで逃げる。
バス後方右側に座っていた。さらに右後ろにお父ちゃんがいた。

途中で小型のマイクロバスに乗り換え。ここで家族バラバラになった。
ワタシはなぜか!?イトコのたろチンといっしょになった。
次々と大津波に飲まれていく。その中をバスが進む。
もはやこれまでと、覚悟を決めて波に飲まれていく人もいた。
おそろいの白黒の立て縞野球ユニフォームを着て波に飲まれていく少年?チームもいた。
津波の最先頭でサーフィンをしている男が2人いた。うち1人のスカイブルーのウェットスーツ着用が印象的だった。彼らはパフォーマーと呼ばれていた。

そうこうしているうちにイオン!?みたいなショッピングモールに着いた。
店舗の従業員バックヤード?にマイクロバスに乗車していたみんなでいた。
その時、「建物そのものが」大波に飲まれた。
「みんな逃げろ〜!!」の大声が聞こえた。
「上だ!上に行け!」誰かが大声で怒鳴る。
建物が水没したのであちこちから水が大量に浸入する。
そんな中、みんな非常階段を上って上に逃げようとする。
スキマというスキマから大量に水が入ってくる。
天井材を剥がして逃げようとしたがムダ。
緑色の非常階段を知らせるおなじみのカンバン。非常階段にありがちなクリーム色の鋼鉄製階段が印象に残る。
そうこうしているうちに、あっという間にアゴ下まで水が!
水は冷たかった。
もうだめだ・・・。
恐怖とあきらめ。
この世の最後に残した言葉はなんだと思います?




「みんなありがとう」
恐怖におののき震えた声でイトコのたろチンに震えながら右手を差し出して握手を求めた・・・。


ここで目が覚めました。
あまりにも怖い&「みんなありがとう」のコトバが印象に残ったのでしたためておきます。
震災被害にあったワケではありません。
ナゼこんな夢を見たのか不明です。
ヒトが死ぬ間際に残す最後のコトバ、セリフについて考えさせられました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:パコパコ
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/pzk/index1_0.rdf