妙な言動の嫁さんと、私の記録をしてみようと思います。(夫婦喧嘩の元にならぬようネタ限定)


(2007/03/12設置)
RSS feed meter for http://yaplog.jp/pu-yome/
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事検索(Google)
Yapme!一覧
読者になる
« 息子 今日で生後4か月 | Main | 2012年のアケビは、1個だけ。 »
千葉の医者に、右足首と腰を診てもらう / 2012年11月21日(水)
2007年5月に骨折した右足首の影響は今なお大きい。

3か所の骨の変形治癒で関節自体が変形するとともに、体重をささえる軟骨も変形摩耗。
右足が3cm?ぐらい短くなっておりバランスも崩れている。
これらにより、普段から右足首の鈍痛と頻繁な腰痛に悩んでいる。

そもそもが骨の変形なので治ることはない。
悪化させないように生活するだけである。


最近、10/7の町民体育で走った翌日から万年腰痛が少し強くなっていた。

それが致命的になったのは、11/3の息子を抱っこ後のギックリ腰である。


そこで、今日は会社を休み、父母が月に2回治療を受ける「ささき整形リハビリテーションクリニック」に一緒にいってきた。
 (前回は2007年10月



レントゲン

うーん、やはり良くはなってはいないね。
当たり前だが。


問題は足首関節の変形だ。

水平でなくなっているので、軟骨が体重を均等に支えられないのだ。

その後、マッサージ等のリハビリ治療を受ける。
腰痛と右足首の鈍痛が楽になった。
治療直後は右足首は可動範囲が少し回復したほどだ。

 「今更、まがった骨は治せないけれど、
  せめて月に1度通院すれば、
  生活が楽になるよ」

 とのこと。

毎日着用の足首サポーターが傷んできたので、3枚購入してきた。

Posted at 19:05 / 故障記録 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/pu-yome/archive/2845
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

P R
月別アーカイブ
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ぷーな嫁と敷かれる夫
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる

私=敷かれる夫
 年齢:40歳代突入
 仕事:パソコンなんでも屋
 趣味:読書(漫画含む)
    ゲーム
    手のかからない植物
    値段の安い熱帯魚

嫁さん
 年齢:三十路ばく進中
 仕事有り


息子 2012年誕生
ペット:双方の実家に数種数匹

   
Powered by yaplog!