妙な言動の嫁さんと、私の記録をしてみようと思います。(夫婦喧嘩の元にならぬようネタ限定)


(2007/03/12設置)
RSS feed meter for http://yaplog.jp/pu-yome/
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
記事検索(Google)
Yapme!一覧
読者になる
« 酔ってダメ人間な私 | Main | 海が開かない »
消防団中継訓練 / 2008年07月06日(日)
本日は地元消防団の中継訓練である。

訓練用に火災現場を想定
地元全5分団と消防分遣所が協力し、遠距離にある2箇所の水利(防火用水、消火栓)からの水を中継し放水を行う訓練だ。


06:00 起床
ポンプ車操法大会(6/21)の日に寝坊&大遅刻で団員の皆には迷惑をかけている。
それを繰り返さないためにも、今回はかなり気を入れての就寝&起床であった。

急ぎ着替え、地元に向けて出発。



06:50 消防団分団詰め所到着
一番かと思ったが、すでに1名きていた。

ポンプ車を車庫からだし、各バルブをチェック。よし閉まっている。
真空ポンプ動作テストを行う。
問題なし。

07:10 メンバー揃う
計10名。
しかしこれは本来、本日当番ではないメンバー何人もが自主参加の結果だ。
過疎だから仕方ないが。

大体の役割を決め、無線連絡に備える。


07:20 訓練火災発生の防災無線が入る。 
現場に向かう

現場は町の中心地区に近いところにある畑。
訓練ということで、発炎筒が炊かれていた。


先着していた分団のポンプ車は水利を確保しているようだ。

わが分団ポンプ車は、先着分団ポンプ車と、火点(火災現場)で放水を行うポンプ車との間の中継役を務めることになった。


09:00 訓練終了

市役所駐車場に集合し、消防団本部の感想を受ける。


分団詰め所に戻る。

まだ作業はある。
後片付けだ。

使った20mホース6本を、3本づつ専用の柱にぶら下げて干す。

また、操法大会に向けた訓練で使っていたブルーシートを干してから、市の倉庫に返却。

すべての終了は10:30近くなっていた。

皆さんお疲れ様でした。
Posted at 13:33 / 消防団活動 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/pu-yome/archive/1505
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

P R
月別アーカイブ
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ぷーな嫁と敷かれる夫
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる

私=敷かれる夫
 年齢:40歳代突入
 仕事:パソコンなんでも屋
 趣味:読書(漫画含む)
    ゲーム
    手のかからない植物
    値段の安い熱帯魚

嫁さん
 年齢:三十路ばく進中
 仕事有り


息子 2012年誕生
ペット:双方の実家に数種数匹

   
Powered by yaplog!