第1回 1950年代日本〈映画−文学〉相関研究会案内

2011年02月14日(月) 16時06分
■日時 2011年3月12日(土)13時〜17時30分
■会場 北海道大学東京オフィス

※参加は要登録。一般公開はいたしません。

□研究発表
1 『彼岸花』・『秋日和』成立の背景―「原作:里見ク」の意味するもの―
早稲田大学オープン教育センター研究助手 宮本 明子
2 戦後イメージのなかの1950年代―押井守作品を基点に―
日本学術振興会特別研究員(名古屋大学) 水川 敬章

□ラウンドテーブル
1 日本映画と日本文学の横断的研究動向
立命館大学ポストドクトラルフェロー 友田 義行
2 〈原作〉の記号学―『羅生門』『浮雲』『夫婦善哉』など―
北海道大学大学院教授 中村 三春
3 1950年代における大藤信郎のアニメーション的想像力―「国歌 君が代」に着目して―
専修大学准教授 米村みゆき

科学研究費  基盤研究(C) 課題番号22520120
「1950 年代日本映画と日本文学との相関研究」(研究代表者 中村三春)


(発表要旨は「続きを読む」をクリック)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Project M Annex
読者になる
Project M Annexとは?
主宰者プロフィールはProject Mをごらんください。
初めて投稿する方は、次の記事をごらんください。
「このサイトについて」
「質問・投稿の仕方について」
「このサイトのポリシー」
コメントは承認制です。トラックバックは、不正な書き込みが多いので中止しました。
https://yaplog.jp/projectmannex/index1_0.rdf