第2回 北海道大学映像・現代文化論学会大会 開催のお知らせ

2018年10月14日(日) 9時03分
■日程 2018年11月17日(土)10時〜17時30分
■会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W409会議室
■主催 北海道大学大学院文学研究科 映像・表現文化論講座

広報ページ(発表要旨集掲載)

総合司会 水溜真由美
・開会の辞 中村 三春

○研究発表
ヤンチョー・ミクローシュの世界における国家統制と儀式
 ―『密告の砦』をめぐって―
  博士後期課程 モルナール・レヴェンテ
  司会 博士後期課程 繻エ  彩

大和屋竺『裏切りの季節』における写真運用と「地獄」
  修士課程 崔ブンショウ
  司会 修士課程 佐藤  颯

魚喃キリコ『strawberry shortcakes』と大島弓子『F式蘭丸』からみる少女マンガの技法変遷
  修士課程 鄭ブンイク
  司会 修士課程 堅田  諒

中国映画『緑茶』における分身表象についての考察
 ―「消去された他者」を手がかりに―
  博士後期課程 王  玉輝
  司会 博士後期課程 黄   也

島宇宙の内から外へ
 ―「ウェブ小説」の再評価―
  博士後期課程 酒井駿太郎
  司会 博士後期課程 杉本 圭吾

〇講演
  講師紹介 応   雄

雑司ヶ谷の光と影
 ―『東京暮色』(1957年)と『珈琲時光』(2003年)―
  京都大学大学院准教授 木下 千花

・閉会の辞 押野 武志

・懇親会

フィクションと日本文学の研究会 開催のお知らせ

2018年10月08日(月) 6時04分
■日時 2018年11月3日(土)14時〜17時30分
■会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W409会議室(4階)

※来聴歓迎

特集 竹内敏雄と日本の文芸学
・研究発表

〈遊戯〉・〈模倣〉・〈快楽〉
  —フィクション論から竹内敏雄へ—
同志社女子大学 准教授 高橋 幸平

ミメーシスと〈接続する〉文芸学
  —竹内敏雄『アリストテレスの藝術理論』から—
北海道大学大学院 教授 中村 三春

・自由討論
司会 奈良教育大学 教授 日高 佳紀



北海道大学国語国文学会 平成29年度大会のお知らせ

2017年06月05日(月) 9時26分
北海道大学国語国文学会ホームページより転載
■日時 2017年7月22日(土)午前9時より
■会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W409会議室

研究発表
列を表す「し」と「たり」の機能について
大山 隆子
「も」の数量詞接続に関する考察
稲吉 真子
日本語の名詞句における主要部位置の再考―「名詞+の+名詞」の反転現象を対象とした 名詞分析―
中村真衣佳
漢字字体の記載からみた改編本系『類聚名義抄』
張  馨方
上野本『注千字文』の漢字音について
鄭  門鎬
『土左日記』亡児追慕記事における象徴性
大場 健太
宮原晃一郎「身に咲いた花」とイメージとしての天国―札幌聖公会との関わりから―
王   玉
円地文子『女坂』論―沈黙の風景―
齊田 春菜
村上春樹小説における「空間」をめぐって―『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』から『1Q84』へ―
袁  嘉孜

講演
虚構の表現主体
愛知県立大学教授 福沢 将樹

総会



福沢将樹著 ナラトロジーの言語学―表現主体の多層性 (未発選書 24)

第5回《Session The Pure Dazai》開催のご案内

2015年09月26日(土) 14時02分
■日時 2015年10月31日(土)13時〜17時30分
■会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W409会議室

(クラーク像からメインストリートを北へ200m右側の灰色の建物)
※一般来聴歓迎

Session The Pure DAZAI 第5回

司会・北海道大学大学院文学研究科 博士後期課程
山路 敦史・平野  葵


「黄金風景」の黄金性
福岡女学院大学教授
大國 眞希


太宰的テクストと聖書―『風の便り』以前以後―
北海道大学大学院教授
中村 三春


運命と人―太宰治『新釈諸国噺』試論―
東北工業大学准教授
高橋秀太郎


太宰治「津軽通信」論―宛先不明の通信―
國學院大學兼任講師
吉岡 真緒


反復と応用―太宰治「饗応夫人」論―
北海道大学大学院修士課程
細谷 里穂


(発表要旨は「続きを読む」をクリック)

第4回《Session The Pure Dazai》開催のご案内

2014年10月20日(月) 13時25分
■日時 2014年11月23日(日)13時〜17時30分
■会場 北海道大学人文社会科学総合教育研究棟 W409会議室

(クラーク像からメインストリートを北へ200m右側の灰色の建物)
※一般来聴歓迎

Session The Pure DAZAI 第4回
司会・北海道大学大学院文学研究科 博士後期課程
山路 敦史・平野  葵

□特集 DAZAI Osamu 1940年以後

引用が開示する物語 「ろまん燈籠」―「愛と美について」―
國學院大學兼任講師
吉岡 真緒


太宰治『津軽』論―序編の私、本編の私―
東北工業大学准教授
高橋秀太郎


女同士の絆―「冬の花火」論
北海道大学大学院博士後期課程
唐   雪


「斜陽」の音楽性
福岡女学院大学教授
大國 眞希


『斜陽』のオリジナリティとオリジナリティの神話
北海道大学大学院教授
中村 三春


(発表要旨は「続きを読む」をクリック)

専修大学村上春樹研究会 第5回研究発表会のご案内

2014年05月15日(木) 16時07分
特集『女のいない男たち』
■日時 2014年7月6日(日)13時30分〜17時30分
■会場 専修大学サテライトキャンパス スタジオA
(小田急線向ヶ丘遊園駅北口下車。新宿より急行で約20分)

□パネル発表 短編集『女のいない男たち』を読む

「私」を生成する―村上春樹「シェラザード」を中心に―
堀口 真利子(名古屋大学大学院 博士研究員)

性愛一致の呪縛―村上春樹「イエスタデイ」論―
徳江  剛(専修大学大学院 博士課程)

複数形の男たち―村上春樹「ドライブ・マイ・カー」論―
平野  葵(北海道大学大学院 博士課程)

□講演

村上春樹『1Q84』は、なぜ「見かけにだまされないように」で始まるのか?
跡上 史郎(熊本大学 准教授)

第2回翻訳ワークショップ・シンポジウムのご案内

2014年02月13日(木) 15時38分
■日時 2014年3月10日(月)
   ・午前の部10時30分-12時30分
   ・午後の部14時-16時30分
■会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 文系6番教室
■主催 翻訳ワークショップ・シンポジウム企画委員会
■後援 北海道大学大学院文学研究科


リンク:北海道大学大学院文学研究科・文学部インフォメーション・イベント

【午前の部】 10時30分-12時30分

Workshop:Learning Translation
北大卒の翻訳者が北大生を対象に実際に翻訳の授業を行います。
受講希望者は企画者に申し出てください。参観は自由です。

講師 藤井光(同志社大学文学部英文科准教授)
《講師紹介》北大文学部・文学研究科(修士・博士)卒業後、学術振興会研究員として柴田元幸のもとで東京大学現代文芸論研究室の草創期に携わる。柴田がサルバドール・プランセシア著『紙の民』(白水社、2011年)の帯文において、「これだけ奇妙奇天烈で、これだけ悲しく、これだけ笑える小説が他にあったら教えてほしい。そういう奇妙奇天烈で悲しく笑える、だが訳するには種々の困難が伴うこの小説をあっさり訳してしまう訳者が他にいたら教えてほしい」と絶賛した新進気鋭の研究者・翻訳者。テア・オブレヒト著『タイガーズ・ワイフ』(新潮社)で、2013年本屋大賞(翻訳小説部門)受賞。

【午後の部】 14時-16時30分

Symposium: Teaching Translation
 北大文学部・大学院で翻訳論を担当する教員が加わり、文芸翻訳研究・教育の面白さや難しさ、課題とその可能性について発表・討論を行います。学生も教員も参加自由です。

司会:藤田健
翻訳にとって成功の条件とは何か
藤井光(同志社大学文学部英文科准教授)

「タイランド」と翻訳の村上春樹―日本語の自由間接/直接表現―
中村三春(北海道大学院文学研究科映像・表現文化論講座教授)

北大文芸翻訳教育の現場から―Not Looking Up, But Looking Level
晒科洋輔(北海道大学大学院文学研究科西洋文学講座修士課程2年)

企画者:瀬名波栄潤(メールアドレス:juneアットマークlet.hokudai.ac.jp)



(シンポジウム報告要旨は「続きを読む」をクリック)

第3回《Session The Pure Dazai》開催のご案内

2013年11月02日(土) 11時02分
■日時 2013年11月30日(土)13時〜17時30分
■会場 北海道大学人文社会科学総合教育研究棟 W409会議室

(クラーク像からメインストリートを北へ200m右側の灰色の建物)
※一般来聴歓迎

Session The Pure DAZAI 第3回
司会・北海道大学大学院文学研究科 博士後期課程
山路 敦史・平野  葵

□特集 DAZAI Osamu 1940

「古典風」のアヴァンギャルド性―旧稿「貴族風」を補助線として―
北海道大学大学院博士後期課程
唐   雪


太宰治「女の決闘」論―「女の決闘」の反権威性―
國學院大學文学部非常勤講師
吉岡 真緒


〈鳥の声〉と銀貨
福岡女学院大学教授
大國 眞希


『新ハムレット』の「愛は言葉だ」―パラドクシカル・デカダンス2―
北海道大学大学院教授
中村 三春


(発表要旨は「続きを読む」をクリック)

第1回 現代日本〈映画―文学〉相関研究会のご案内

2013年05月17日(金) 17時46分
■日時 2013年6月22日(土)13時〜17時30分
■会場 北海道大学東京オフィス
※参加は事前登録が必要・人数制限あり
(6月13日(木)まで申込みのこと)

□研究発表

1 コメディエンヌ・高峰秀子と『グッドバイ』
二松學舍大學非常勤講師 志村三代子
2 映画『他人の顔』関連の未公開資料について
信州大学助教 友田 義行

□ラウンドテーブル

1 豊田四郎監督の『或る女』
北海道大学大学院教授 中村 三春
2 女優と監督―50年代女性映画の構造―
立命館大学教授 中川 成美
3 〈翻案〉の方法―小説から映画へ―
早稲田大学助手 宮本 明子
4 変転する『本陣殺人事件』
甲南女子大学講師 横濱 雄二
5 「脚色」の方法論―宮崎駿の評価基準―
専修大学准教授 米村みゆき

科学研究費  基盤研究(B) 課題番号25284034
「現代日本映画と日本文学との相関研究―戦後から1970年代までを中心に―」
(研究代表者 中村三春)


(発表要旨は「続きを読む」をクリック)

専修大学村上春樹研究会 第4回研究発表会のご案内

2013年05月13日(月) 18時07分
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』〈1〉
■日時 2013年6月23日(日)13時30分〜17時00分
■会場 専修大学サテライトキャンパス スタジオA
(小田急線向ヶ丘遊園駅北口下車。新宿より急行で約20分)
※お問い合わせは専修大学サテライトキャンパスまで(人数制限あり)

□研究発表

迷走する〈娘〉たち
 ―『1Q84』から『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』へ―
平野葵(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)

□読書会

ナビゲーター徳江剛(専修大学大学院文学研究科博士後期課程)

□特別研究発表

Monsterと「獣」のあいだ
 ―解釈としての英訳による村上春樹短編論―
中村三春(北海道大学大学院文学研究科教授)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Project M Annex
読者になる
Project M Annexとは?
主宰者プロフィールはProject Mをごらんください。
初めて投稿する方は、次の記事をごらんください。
「このサイトについて」
「質問・投稿の仕方について」
「このサイトのポリシー」
コメントは承認制です。トラックバックは、不正な書き込みが多いので中止しました。
https://yaplog.jp/projectmannex/index1_0.rdf