人とネットワーク

2006年03月29日(水) 6時45分
 第12回大学教育研究フォーラムは、研究発表・小講演・ラウンドテーブル(RT)とも複数会場に豊富なテーマが用意されて、2日目も盛況でした。私がこの日聴いた内容は、実に印象的でした。

 このフォーラムの出席者は、多くが各大学の高等教育センターやFD関係者ですが、今回は情報センターの関係者が比較的多く、報告される話題もeラーニング関係が相当な割合を占めていました。現在、授業改善で何が喫緊の課題になっているかは、ここからも分かります。この私も今回はITを用いた修学支援の発表を行い、6月の別の学会ではeラーニングとFDとの関連について報告することになっています。

 ところで、小講演で、ある大学のカウンセラーの方が、学生相談現場の現状について語ってくれました。権力的な教授のアカデミック・ハラスメントや、引きこもり学生の事例などのほか、私が資料の片隅にメモしたのは、「情報の取りすぎは心を壊す」という命題です。常々、冷たいメディアとしてのインターネットに関連して、私が考えていたこととも一致し、興味深く聴きました。多くの人がそうであるように、私も自分の心が壊れそうになると、情報を遮断しています。

 続く午後のRTでは、Web2.0レヴェルの国内外の最先端eラーニングシステムの紹介が行われ、私は文字通り目を丸くして聴いていました。Web2.0は、双方向・集団的なアクセスによって、動的・自己生成的に作り出されるネット上のシステムを指し、例えばブログやWikiもそれにあたります。技術系の話が大半を占めたせいか、ちょっとついていけない部分もありましたが、私がやっているシステム構築なんて、これらに比べると単なる子どもの遊びでしかないなと思いました。

 情報は人の心を傷つけ、しかし情報の進展を止めることはできません。今、ICT(IT・コミュニケーション)の領域で進んでいる事態は、これまで人間が体験したことのないものです。教育・研究が人間と文化を相手にしている限り、ここから逃げるわけにはいきません。しかし、話をした参加者が口々に言うのは、FDは結局、人と人間関係に帰するものだということです。教育におけるテクノロジーと人間とのインターフェイス、それが今後のFDの大事な課題となるわけです。

 帰ったらいろいろやることがあるな。今日はこれから、信州大学のeラーニング視察調査に回ります。
  • URL:https://yaplog.jp/projectmannex/archive/65
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Project M Annex
読者になる
Project M Annexとは?
主宰者プロフィールはProject Mをごらんください。
初めて投稿する方は、次の記事をごらんください。
「このサイトについて」
「質問・投稿の仕方について」
「このサイトのポリシー」
コメントは承認制です。トラックバックは、不正な書き込みが多いので中止しました。
https://yaplog.jp/projectmannex/index1_0.rdf