第12回大学教育研究フォーラム

2006年03月28日(火) 6時42分
 昨日から、京都大学で開かれているFDのフォーラムに出席しています。昨朝は、カリキュラム研究部会の座長を務め、YUサポーティングシステムの研究発表をしました。午後のシンポジウム「FDの新たな組織化をめざして―教員、学生、事務職員―」では、久留米・名城・京都3大学の取組が報告され、ディスカッションが交わされました。

 このフォーラムは、京都大学高等教育研究開発推進センターが主催しており、要するにある大学のセンターのイベントに過ぎないのですが、回数の通りの伝統があります。全国から500名の大学人が参加し、他の関係学会に勝るとも劣らない活発な討論と情報交換を行いました。このような交流には高い価値があります。

 今、大学が内部で、また相互に、授業方法やカリキュラム運営や修学支援などについて、日常的に研究と改善を続けていることを、あなたは知っていますか? これらを総称してFD(ファカルティ・ディヴェロップメント)と呼び、多くの大学はFDの司令塔として高等教育センターを設置し、センター相互間でもこのように連携しています。

 大学は昔の大学ではありません。FDを中心として、いかにして教育・研究をよりよいものにしていくかを、組織的・継続的に追求しています。

 しかし、FDの取組は、大学生自身や高校生、あるいは社会に広く知られるまでにはなっていないので、もっとうまく広報すべきだろうと思っています。ついでに、「FDって何? フロッピーディスクのこと?」などと、いまだに言っている大学教員がいるとしたら、そんな人は、冷たい井戸水で顔でも洗って出直してきてください。

 今日も一日、研究発表・小講演・ラウンドテーブルが続けられます。
  • URL:https://yaplog.jp/projectmannex/archive/64
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Project M Annex
読者になる
Project M Annexとは?
主宰者プロフィールはProject Mをごらんください。
初めて投稿する方は、次の記事をごらんください。
「このサイトについて」
「質問・投稿の仕方について」
「このサイトのポリシー」
コメントは承認制です。トラックバックは、不正な書き込みが多いので中止しました。
https://yaplog.jp/projectmannex/index1_0.rdf