何がおもしろい仕事

2006年03月22日(水) 14時52分
 就職相談に来る学生に、「先生はどうしてこの仕事に就くことに決めたんですか」と聞かれるのですが、答えられません。いつ決めたんだろう? いや、決めなかったし、悩まなかったですね。だから、就職に関して、私は良いロールモデル(お手本)にはなれません。すみませんm(_ _)m。

 むしろ、私の周りには先輩の大学院生が大勢いて、研究者のロールモデルには事欠かなかったのです。4年次に進むころには、大学での勉強が終わるとは考えられなくなり、あとは目の前にあった道を歩いてきただけです。それから現在に至る道が単にまっすぐだったとは言いませんが、万一、この仕事に意義を感じていないとすれば、これまで支援してくれた私自身の先生や係累に対して申し訳が立たないと思います。

 おもしろいことは、まず、私は人の話を聞くことは嫌いですが、自分の考えを表現するのは好きでした。そうでなければ、この仕事はやってられませんよね。ただ、話すのは苦手なので、初めのうちは冗談までノートに打ち込んでから講義していたのです。最近は、年のせいか、けっこう講演などを聴くのも耐えられるようになってきましたが、それでもやはり、聴きながら、(この講師の話し方は、ここをこうすればもっとよくなるのにな)、などと余計なことの方を考えてしまいます。

 それから、学生の考えをずっと聞いていると、ときどき、(えっ? これは!)と思うようなスゴイことを言うことがあるのです。つまり、自分では(まだ知識が足りないので)スゴイという自覚はなくても、それまで研究史で言われてなかったことや、理論的に水準の高いことを言う学生が、年に一人や二人はありますね。その時は、私は躊躇なく、「それはスゴイ。本当にスゴイ」と言っています。

 たぶん、そういうことは、大学院重点化大学ではもっと多いのでしょう。まあそれは当然でしょうが、なかなかどうして、こちらも捨てたものではありません。私はそういう演習発表、卒論発表に出会ったときに、自分の研究以上にうれしいと感じ、どうにかしてそれを伸ばして、公開させてあげたい、と思ってしまうのです。それが、この仕事の大きなやり甲斐ですね。……あっ、でも、「できない子ほど可愛い」というのも、やっぱり真実ですけどね(^_^;)。
  • URL:https://yaplog.jp/projectmannex/archive/59
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Project M Annex
読者になる
Project M Annexとは?
主宰者プロフィールはProject Mをごらんください。
初めて投稿する方は、次の記事をごらんください。
「このサイトについて」
「質問・投稿の仕方について」
「このサイトのポリシー」
コメントは承認制です。トラックバックは、不正な書き込みが多いので中止しました。
https://yaplog.jp/projectmannex/index1_0.rdf