■皆さんのお悩みを受けてA

February 18 [Fri], 2011, 1:53
カテゴリ:この先音楽業界を生き抜いていくには
■皆さんのお悩みを受けてA
『活動の行き詰りに関しての考え その1』


A『活動が行き詰った』

次に多かったお悩みが『活動の行き詰まり』という内容でした。
現状は皆さんそれぞれ違うと思いますが、ワンマンライブをやったり、地方ツアーをやったりして、
知名度もソコソコ、そんな状況で行き詰っているバンド・アーティストが多いようです。

ある程度活動出来ている状況ですが『それ以上なかなか広がっていかない』
『広げるやり方がわからない』
というところで停滞してしまうのです。


●まず、皆さんが目指している環境を考えていきます。

皆さんが目指しているアーティストの形は、大勢の人から支持される事が目的だと思います。
自分たちの世界観、価値観、理念、志、等を、支持してくれる人(ファン)を沢山増やすという事です。

ファンを増やして、より広いライブ会場、活動範囲を全国に、等々、『規模を広げて活動していく』事を目指しているのです。

それでは、『規模を広げて活動していく』の先には、何があるのでしょうか?
どんな有名なアーティストでも、『規模を広げていく』の先に、特別な事は無いのです。
よく『ワンマンライブ』と言いますが、ブッキングのライブがあるから『ワンマンライブ』と、特別な感じに言っています。
しかし、毎回『ワンマンライブ』しかやっていないアーティストは、特に『ワンマン』という事を強調しません。
毎回『ワンマンライブ』というのが当たり前にならないといけません。


しかし、規模を広げる事がアーティストの本質ではありません。
ある程度規模を広げたら『活動し続ける』という事が大切になります。
ビジネスである以上、ある程度お金が回っていないと成り立ちません。
しかし、アーティストの本質は、作品を作り続け、活動を続ける事です。

『ある程度規模を広げて』『活動をし続ける』という位置を目指しているのです。



●広げたところの規模を考えると…

CDを100万枚セールスすると、ミリオンセラーと言われ「かなり売れた」となります。
現在100万枚以上販売する作品は、年間に1タイトル出るか出ないかという感じなので、
実際に「かなり売れた」という事になります。

一方、現在の日本の人口ですが、約1憶3千万人です。
100万枚という数字を人口比率で考えると、約0.77%です。
つまり、「かなり売れた」と言っても、
日本人全体の1%にも満たない人が買ったという事
なのです。
日本経済全体からいえば、音楽業界はとても小さな規模なのです。

======
『活動の行き詰りに関しての考え その2』に続きます。
  • URL:https://yaplog.jp/pro-music/archive/78
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プレスリリース PR会社 リッスンジャパンで試聴&ダウンロード 資料請求はこちら
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高橋 誠
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
読者になる
バンドを経験して、数々の失敗をしてきました。
その時は失敗と思えませんでした。

現在音楽を仕事としており、レーベルやプロダクションに勤務してきました。
その経験を元にブログを書きます。
■会社名:イズミクリード株式会社
■運営管理者:高橋誠
■所在地:
〒176-0023 
東京都練馬区中村北4-2-3-401 
■TEL:03-5241-8814
■E-MAIL:info◎izumi-creed.co.jp
https://yaplog.jp/pro-music/index1_0.rdf