悪い『気』が流れてる感じが

June 29 [Mon], 2009, 23:45
『NANA』お好きな方も多いと思う…
かくいうワタシも愛読者(?)の1人。
正確には愛読というよりは救いのないストーリーに
毎回『早く希望の光が見えますように』と
祈るような気持ちで毎回買っていたけど…
ますます救いはなくなるみたいで読んでブルーになるの。

人気漫画家の『矢沢あい』先生のことだから
『長年読んでて良かった〜』と思えるような
素敵なラストを用意して下さっているんだろうけど
それにしても最新巻は悲惨な展開だった。

読んで2週間経つけど、思い出してもブルーだわ〜

(熱烈ファンの方がいたらごめんなさい…)

今、21巻なんだけど例え、ハッピーエンドに向けての展開だったとしても
『長年、こんなマンガを描いていてワタシならココロも体も病むな…』
と、思っていた矢先、矢沢あい先生が病気でお倒れになったとのニュース。

『NANA』はしばらく休載となるそうです。

こんな事を言ってはアタマがおかしいと思われるかも知れないけど
1巻当初より『NANA』からは嫌な『気』のようなものを感じていたの。

だいたいマンガを読むと明るい気持ちになったり、
頑張る気持ちをもらったり登場人物に共感したり、
登場人物のセリフから勇気をもらう事が多く
得るものも多いんだけど『NANA』だけは共感できなくて
『すごく『負のオーラ』が強いマンガだな』と常々思ってたの。

若年層の読むマンガ雑誌でこれだけ『負のオーラ』を撒き散らしていたら
そりゃ、体も壊すよ…と妙に納得しちゃったりして…
(ファンの方、本当にごめんなさい!)

一刻も早くご回復なさって、素敵なラストに向けて
これからどんどん救いのある展開になる事を祈ります…

どうか連載半ばにして終了してしまうほどの重病ではありませんように…
  • URL:https://yaplog.jp/princess731/archive/809
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE