ミャンマー開発

June 28 [Thu], 2012, 11:08
民主化に向けて進み出しているミャンマー。
各国がインフラ開発を競い合っているが、日本も指をくわえて見ているわけではない。円借款を25年ぶりに再開したことに加え、日本・タイ・ミャンマーの3か国でミャンマー南部ダウェイを開発することを合意したと報じられた。

ミャンマーに対して中国やインドなどは既に積極的にインフラ整備を行っているが、同国はダウェイを開発し、経済特区にしたいそうだ。そしてその協力を日本に要請していたそうだ。中国の影響力が強いミャンマーは、民主化に伴って、ここ最近では軍事面でも対中から対米へシフトしているそうだ。そんな同国が経済特区構想のパートナーとして中国以外の国に協力要請をすることは驚く事ではない。しかし、日本に係る要請をしたのは、単なる政策的な意図だけではなく、やはり親日国である事が強い要因のような気がする。と言っては自信過剰だろうか。

インフラ開発と言っても同国ではダウェイ開発ほどの大規模なものは初めて。経済特区という大事なものを信頼出来る国に頼みたいのは当然のことだろう。日本ではあまり知られていない様だが、東南アジアや中東には親日国が意外と多い。先の大戦(大東亜戦争)に対する評価も酷評(悪者扱い)するのは所謂、特定アジアと言われる国だけではなかろうか。
政治的な壁や、利権に群がる一部の政治家や官僚によって、長らく疎遠になっていた東南アジア・中東へは、これからはもっと積極的に手を取り合うべきだ。今までも日本にラブコールを送る国があるにも関わらず米国や中国に気を使うがあまり無視してきた事も記憶にはあるが、もうそんな事をしている場合では無い。余裕もあるまい。

その為にも、まず内政を固めることが先決なのは言うまでもない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぽぽくん(団長)
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/popopopo90/index1_0.rdf