大河内と浜崎

April 24 [Sun], 2016, 16:29
他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る介護士ですが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。
専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。

とはいっても、メインで勤務している職場が副業を禁止、としていることもあります。
また、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。色々とある中で、介護士という資格の一番いい点を挙げるとすれば、やっぱり、たとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。その理由は、介護士は専門職という位置づけであることと現場の人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、条件に合えば五十代でも復帰できます。



正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、それでも、殆どの人は介護機関で働いているわけです。しかしながら、介護施設における看護業務の他にも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、介護施設、保育園、大きな企業内などです。



こういった所で介護士として働く人は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。こうして、介護施設に限らず介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際に転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。
基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは職場によって異なっていますから、一概には言えません。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトに沿っての仕事になりますから、休日勤務や平日休みになることが当たり前にあります。
別の見方をすれば、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、そういう意味では働きやすいと言えますね。


検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。
注射されるのが好き、なんていうタイプは稀でしょうが、注射の必要があるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる介護士に打ってもらいたいと思うのが普通です。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。



たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。
あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。

料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。

けれども、近年では介護士の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。

ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたらなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、これも世の中の傾向なのでしょうね。どこの業界にもこういったものはあるようですが、介護士の世界で通用する業界用語のひとつに「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。

実は、食事休憩をとりますよ、と勤務している他の人に知ってもらうために現場でよく使われています。ではこのエッセンというのは何かといえば、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。
この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、その影響です。



何であれ便利に多用されているようです。

この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、介護士というのは求人が途切れるようなことはありません。
その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、その際に気を付けてさえいれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。
ネット環境があれば、簡単にアクセスできる転職や求人を介護士に特化したサイトが豊富にあるようですので、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、介護機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、介護士はさらに忙しくなっていきます。介護士らの労働環境はあまり良くはなく、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、さらに介護士の需要は高まっており、介護士にかかる心身の負担は大きいです。



介護の現場に携わる仕事とあって、介護士は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうこうしているうちに常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタル面にもつらい部分があると言えます。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ハードな仕事である介護士を、長く続けていきたいなら大事な点になるでしょう。


病棟勤務の介護士として働いている者ですが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。

煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、介護士の喫煙率も多少減ってはいるようです。

でも、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。


そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。介護士の不足は介護の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。


原因は様々ですが、その一つとして過酷な労働環境があります。介護士による医師の補助行為が認められ、仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。
また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、介護士を退職する人も珍しくありません。未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。

男性から人気が高い介護士が、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。
実際のところ、介護士の結婚年齢は両極端だという事が判明しました。挙げられる理由としては毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、出世を第一にすることで結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。介護士という職業は毎日の勤務時間がばらばらであり、キツい仕事だということも原因となり、介護士以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、実は介護士の資格というものは、違う職種の現場においても実際に役立つことがよくあります。

例として、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。

卒業を控えているのに、介護士の就職先が決まらず困っている話を聞きますが、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。実際の求人には表面上年齢について書いていない場合も、実際には介護施設側が年齢を理由にした不採用をあらかじめ決めている場合もあります。具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、厳しいケースが多いです。
普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。



介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。会社によって給料が変わるもので、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。大きな総合介護施設と町医者を比較すれば、年収にも差が出てきます。こうしたことを踏まえても、一口に介護士といっても、平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。



慢性的な人手不足を訴える介護機関も少なくない程、介護士の需要は高いため、転職がとても容易です。

転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深くテストされていると思ってください。
技能や知識のみならず、人としての良い面をアピールできると、とても有利でしょう。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、対人関係の問題や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。一般的に介護士の多くが女性なので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも多いのです。


夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。
辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職してもっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも良いと思います。免許が必要な専門職である介護士は、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった前向きな志望動機があれば良いでしょう。

今どきの交代制勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。



外来の介護士ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの介護施設では、病棟の方に人材を割くのでまだ勤務年数が短いうちは確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。



実際に、私の妻もまだ子供が小さかった時に介護士としてシフトに入っていたために、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず苦労した覚えがあります。

朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。

規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は引きも切らず、働き盛りの介護士が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。
特に子供ができるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。



しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりもう一度介護士として働くことを希望する人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。


皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「介護士」と言えば「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、そうは言っても、労働組合のようなものがなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、看護婦を雇う側がきちんとした配慮を行うことが最も大切です。長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは休日や出勤日が不規則な事だと思います。せっかくのお休みにも友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする悩みを抱えている方も多いようです。



他にも、そもそも人手が足りずに簡単に休みが取れないという問題もあります。
規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。



医師も介護士も主に病気の人と接する仕事ですが、大きく異なっている点があります。大きく言うと、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり適切な薬を出すことが主な業務とされます。
その一方、介護士さんの行うことはといえば、医師の指導の下、医師が診療を行う際に、その補助をすることや心身ともに患者のケアするのが主な業務です。介護士という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。
ですが、介護士であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそう簡単にはいかないかもしれません。
ローンで審査に引っかからずに通れるのは非常勤でなく、正職員として働いているような介護士のように、安定している場合なので、非常勤で働いている介護士に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。介護施設で介護士として働いていた知人は、病気のためにしばらく介護士を辞めていました。

ですが、病気が完治すると早めに復職して昔と変わらず介護士として勤務しているのです。空白期間が出来ても、有利な資格があればそこまで苦労なく復帰できますね。


私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。大変な激務と世間一般に認識されている介護士というお仕事の、その中身を少し見てみます。

中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、検温や血圧測定、動けない人の介助も介護士の仕事です。急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、目が回るほどゴタゴタする夜を過ごすこともあります。常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。
シフトの具合によっては仕方がないとしても、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、育児と仕事の両立を図りつつ、なんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。

どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。
しかし、ともあれ働き続けていられるということは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。


一口に介護士の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、それを活用できる場所で働けるようになるはずです。



また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。

行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。



交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。
病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、外来は土日はやっていませんから、介護士もお休みになります。
変則的な出勤があったり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合は土日は休みでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:璃空
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/pnts0gkiihnaun/index1_0.rdf