「プラダを着た悪魔」(2006・米)

November 22 [Wed], 2006, 22:50
メリル・ストリープVSアン・ハサウェイの対決が気になる映画
「プラダを着た悪魔」を観てきました。

久々にシネコンでは無く、高校時代に行ってた街の映画館で観たのですが
うはは。完全貸切状態〜〜(^^;A
1000円の日なのに客が他に一人もいねえ!(いやマジで)

なんだかすごく贅沢でしたね。って、あの映画館は大丈夫なのか?

椅子はふかふかだし、スクリーンも小さいけど状態がいいし、
これからも頑張って経営続けて欲しいんですけどね。
大型シネコンはきれいだし設備も整っているけど、
こじんまりした街の映画館の雰囲気の方が実は好きなのです。
ただ、そういう所は今バタバタ潰れて行っちゃってますけどね……。

さて、で映画です。
ハズレである事を半ば予想して1000円デーを狙った訳ですが、
これが「面白かった」のです。
こういうアメリカ製の若い女の子を主人公に据えた映画で
素直に「面白い」って思ったのは本当に久々。
安心して人に勧められる映画です。

お話としてはこんな感じ。

「ジャーナリスト志望のアンディ(アン・ハサウェイ)は
 真面目で優秀だが、全くファッションには興味のない女の子。
 そんな彼女はジャーナリストへの第一歩として、
 超一流ファッション雑誌"RUNWAY"編集長アシスタントの
 採用面接を受けることに。
 が、彼女は全く知らなかった。
 編集長ミランダ(メリル・ストリープ)が業界でカリスマと尊敬されつつも
 最悪のボスとして恐れられている事を……」


このメリル・ストリープ登場シーンだけで笑えます。
ボス来襲の報を受け、「配置につけ!」と臨戦態勢に入るスタッフ達。
訳がわからずきょとんとしているアン・ハサウェイ(お約束)。
そしてなかなか全身を映さない思わせぶりなカットの後、
ビックボスの登場!
このメリル・ストリープ演じるミランダは
ファッション界のご意見番(で合ってるか?)として長年業界に君臨し、
彼女の意見一つでその年のファッションの流行を左右するという大物。
反面、自分の意のままに全てを動かす事に慣れきっているため
下につくスタッフは彼女の気まぐれに右往左往させられる羽目に。

メリル・ストリープは久々に見ましたが、貫禄充分でした。
常に身に付けるファッションに隙がない編集長の、
眼鏡を下にくいっと下げてじっと見つめる目線が怖い〜(汗)
そんな悪魔の編集長も一場面だけ素顔を見せる箇所があります。
あのシーンがあるから、信念を持っているが故の悪魔ぶりに
尊敬する気持ちがわくと言うか。

このミランダに対する主人公アンディの描き方が、また上手いんですよね〜。

「ファッションなんてくだらない」とベルト一本に大騒ぎするスタッフを馬鹿にし
家賃を稼ぐための、ジャーナリストになるまでの
腰掛け仕事と思っていたはずが、
仕事で認められたいと思うようになり
自分のファッションを一新、全く知らなかった業界知識も身に付け、
ボスの要求以上をクリアできるまでに成長。
ただし仕事にのめり込み過ぎて今までの人間関係がぎくしゃくし出し、と
プラス面だけを強調する訳ではない話の作り方が
現実っぽいというか上手いというか。

着せ替え人形よろしくアン・ハサウェイの衣裳がころころ替わるのも
観ていて楽しかったです。
アシスタントの給料で全部買えるのか?とツッコミを入れたくなるけど
まあその辺りは流すといたしましょう。
先にも書いたけど、面白い映画でしたよ。
  • URL:https://yaplog.jp/plum56/archive/409
Trackback
Trackback URL
こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない!

【関連記事】
プラダを着た悪魔 壁紙
Addict allcinema おすすめ映画レビュー  January 15 [Fri], 2010, 23:43
意地悪な上司に奮起して頑張る女の子の話といえば、
もう何の新鮮味もないのでスルーしていたのですが、
結構評判良いので観ておきますか。
原作は2003年に出版されるやたちまち大ベストセラーになった
同名タイトル小説だそうです。

大学を卒業したばかりのアンデ...
映画、言いたい放題!  October 25 [Sat], 2008, 13:48

 『恋に仕事にがんばるあなたの物語』
 コチラの「プラダを着た悪魔」は、11/18公開のVOGUE誌編集長アナ・ウィンターのアシスタントだったローレン・ワイズバーガーの同名小説の映画化なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ?♪
 メリル・ストリープ、「ブロー...
☆彡映画鑑賞日記☆彡  January 25 [Fri], 2008, 20:13
原題:The Devil Wears Prada
この映画のオープニングはとってもショッキング、鏡に向かって歯を磨く彼女の素顔は一体誰だったのか・・分からなかった、メイク後の彼女、あぁ〜と気付く



下着姿で登場する元々スレンダーな彼女、もう少しお尻はあったほうがいいが・...
10月10日に書いた文章を、公開に併せて再掲載します。

「プラダを来た悪魔」★★★★オススメ
メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ主演
デビッド・フランケル監督、2006年アメリカ

映画「カポーティ」を見ながら、
演ずるってこういうことなんだなと、
画面で...
soramove  November 29 [Wed], 2006, 21:32








監督:デヴィッド・フランケル
出演:メリス・ストリーブ、アン・ハサウェイ、スタンリー・トゥッチ、サイモン・ベイカー、エミリー・ブラント、エイドリアン・グレニアー

評価:86点

公式サイト

(ネタバレあります)
ああ、楽しかった。
メ...
デコ親父はいつも減量中  November 28 [Tue], 2006, 23:23
11月22日(水)


会社終業後、2年振りに会社の飲み会(送別会)に参加。

会社(御成門)から歩いて10分くらいの所にある中華料理店「南国亭」にて午後8時半から2時間の中華食べ放題。

炒飯やエビチリ、麻婆豆腐、五目焼きそばに水餃子など。
最初のうちはバカ...
CHEAP THRILL  November 26 [Sun], 2006, 4:24









監督 : デヴィッド・フランケル


出演 : メリル・ストリープ  /アン・ハサウェイ ?
MoonDreamWorks★Fc2  November 25 [Sat], 2006, 23:47
 泣きたいくらいの大失敗、自分で自分を慰めたくなる瞬間そんな経験が、きっと輝く明日を作っていくこれは恋に仕事に頑張るあなたの物語
2003年4月、20代の新人女性作家が書いた1冊の本が刊行と同時にベストセラーになった『プラダを着た悪魔』の映画化だ実際作...
銅版画制作の日々  November 25 [Sat], 2006, 14:56

{/hiyo_en2/}表参道にあるプラダのお店って、さすが外観も個性的ね。
{/kaeru_en4/}この中に悪魔が住んでいるんだな。
{/hiyo_en2/}いや、「プラダを着た悪魔」って、そういう意味じゃなくてファッション誌のやり手編集長の話なんだけど。
{/kaeru_en4/}わかってる、わか...
【映画がはねたら、都バスに乗って】  November 25 [Sat], 2006, 10:19
こんな最高の職場なら、死んでもいい!
こんな最悪の上司の下で、死にたくない!


恋に仕事にがんばるあなたの物語。


業界にこの人ありと知られた凄腕の一流ファッション雑誌「RUNAWAY」の名物編集長、ミランダ。大学を卒業したばかりで、ジャーナリストを目指しているアンドレアは、就職活動が思うようにいかず、取り敢えずキャリアを作るために応募したファッション雑誌の編集長のアシス...
軽快に楽しく,元気が出るステップアップムービー。

Akira's VOICE  November 23 [Thu], 2006, 16:22


やっぱりこれは、メリル・ストリープの貫禄勝ちですねぇ?♪

20世紀フォックスのファンファーレの後、たたみ掛けるように始まるオープニングから一気に目を奪われます!

ニューヨークで働く女性たちの朝の身支度風景。

軽快なテーマ曲に乗せて実にテンポ良...
UkiUkiれいんぼーデイ  November 23 [Thu], 2006, 14:21



『プラダを着た悪魔』鑑賞レビュー!



上司と戦い、恋に悩み

みんな幸せになりたいと思ってる

ジャーナリストをめざして
NYにやってきたアンディ
オシャレに興味のない彼女が就いた仕事は
女性なら誰もが憧れる
一流ファッション誌 “RUNWAY”のカ...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
plum56@管理人
みゆきさん、こんばんわ

ぜひぜひ観てくださいませ♪
スタンリー・トゥッチは(上じゃ書いてないけど)
なかなか良かったですよ!
ああいう先輩社員が現実にいるといいのにな〜と思いました。

<街の映画館
やっぱり無くなっていくのって淋しいですよね…。
ここ10年ほどで、行ったことのある場所が
少なくとも4地点は潰れています。
切ないです。
November 24 [Fri], 2006, 20:29
こんにちは
これ観たいのですがまだ行けてないです。
やっぱり観たいなあ!
アン・ハサウェイもメリル・ストリープもかっこよさそう^^
スタンリー・トゥッチもお気に入りで

>こじんまりした街の映画館の雰囲気
私もシネコンよりこういう映画館が好きですねえ。
でも、どんどん無くなってしまってますね。寂しいです。
November 23 [Thu], 2006, 11:57
Google

Web全体
このブログ内
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
アイコン画像きっと、うまくいく (2016年11月22日)
アイコン画像博士と怪物の物語 (2015年09月28日)
アイコン画像映画『大脱出』を観て (2014年02月26日)
アイコン画像『大脱出』 (2014年02月16日)
最新コメント
アイコン画像plum56
» 「グラン・トリノ」(2008・米) (2018年01月14日)
アイコン画像onscreen
» 「グラン・トリノ」(2008・米) (2018年01月08日)
アイコン画像plum56
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月06日)
アイコン画像おふう
» 10/26「キャバレー」名古屋公演 (2017年02月05日)
yaplog!広告
書いている人
plum56
取扱ジャンル
映画/香港映画に偏りがち。李連杰は永遠のアイドル。
音楽/plane、ミドリカワ書房、末光篤。CDよりはライブ派。
舞台/劇場に行く回数は近年減少傾向。最近は映画館の映像上映のお世話になることが多い。
ポリシー
■このブログは好きなものを好きと伝えるために書いてます。2005年〜スタート。
中華系映画/公式HP
気になる日本公開決定の中華系映画・中華系俳優出演映画を紹介。クリックすると公式ページへジャンプします。
◆星空
2017/10/28公開
◆カンフー・ヨガ
2017/12/22公開
◆苦い銭
2018/2/3公開
◆マンハント
2018/2/9公開
◆−悟空伝−
2018/2/10公開
https://yaplog.jp/plum56/index1_0.rdf