5. 友人の恋A

November 30 [Sun], 2008, 13:37

樋高のバイト、次の日。

何と彼女は前日と全く同じ行動をとったと言う。

暗く、静かに、つまらなそうに、今度は4〜5時間をかけてピンクの花を仕上げた。

そしてそれを樋高に渡し、「さくら」とつぶやく。



最後に彼女は髪を下ろし、メガネをはずし、ちょっとした変身を遂げてから事務所を後にする。




その彼女の変身にあわせて、彼の手の中の絵もとびきり魅力的なものへと変身するのだ。










最終日。

一点を除いては、前の2日間と何も変わらなかった。




もっとも、彼女がメガネをはずす儀式を行うまでは、その一点の違いすら見つからなかったのだが。




その日もすばやく変身を遂げた彼女は、一礼をして事務所の扉を開けた。

最後になるであろう後姿を名残惜しく見つめていた樋高は、出て行くはずの彼女が突然くるりと振り返ったので少しだけ驚いたと言う。


ぎこちなく振り返った彼女は、見たこともない柔らかな表情で微笑んだ。


その瞬間、樋高は三日間で彼女が唯一描いた3枚の桜の花を、自分のデザインにコラボレートしようと決めたのだそうだ。









出来上がった表紙をもう一度眺めながら、妙に納得していた僕に樋高が言った。






「今日、これを渡す為に彼女に会うんだ。」








名前も知らない、言葉を交わしたこともない、たった三日間同じ空気を吸っただけ。

そんな女性に恋をし始めた彼。

彼と仲良くなったのは大学に入ってからだから、約一年の付き合いだが、はじめて見るきらめいた顔に、悪い気はしなかった。









結果、彼が納めた 「大成功」 は、表紙のデザインの大成功ではなく、

彼自身の、彼の恋愛の、成功を意味しているだけだった。




とは言ってもデザインのほうもあながち失敗ではなかったのだろう、彼はその事務所から再度仕事の依頼を受けているらしい。







僕は、彼をうらやましいと思った。



恋をしていること、新しいことに突き進んでいること、それに加えて、樋高が別れ際にさらっと言った言葉が、何よりうらやましかった。











「些細な出逢いも、大切にする主義なんだ。」









何故その言葉を聴いた瞬間、数日前のあの箱庭男を思い出したのだろう。


そして思い出すのみにとどまらず、知らず知らずのうちに「また偶然に会う日が来るだろうか」などという考えすら浮かんできて、気づけば僕は、午後からの講義もほったらかして校門の外へと歩き出していた。
  • URL:https://yaplog.jp/pinkpinkpower/archive/8
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30