いきちがい。 

March 03 [Fri], 2006, 2:58

 わたしはあなたが 
 やっぱり好きだから。

 あなたはわたしの
 からだが好きだから。


 この関係が つづいてる理由。

あなたのしるし。 

March 03 [Fri], 2006, 2:32
 誕生日プレゼントをくれるって
 あなたは冗談で 首輪、あげようか?
 なんて言うけど 

 あなたがくれた首輪なら
 あたし一生つけていても かまわない
 あたまおかしいって 言われたって
 堂々と 街をあるくよ 
 だって あなたの飼い犬だってしるしだから


 あなたからのおくりものを
 彼氏の前でもつけろ なんて
 笑っちゃうよ
 あなたにだって 彼女はいるのに

 あなたはあたしにしるしをつけて
 どうしたいの?
 あたしが死ぬまで 飼っていてくれるのなら 
 そういうことなら
 よろこんで ついていくのだけど

 

やぁこがくれた言葉たち。@ 

March 03 [Fri], 2006, 2:02
やぁこが苺に送ってくれた詩をこっちにも書き残しておこうと思う
すっごい共感したものばかりだから


傷つけてあげる
あなたがそうと気づかない方法で

あなたがいつかひとり
夜のテラスへさまよい出て
なんとなく空を見上げるような時
何かとても大切なものを失ったような
そんな気に
なるように

そして
私の
悲しみと共に
二人

別々に
泣きましょう

夢を見た。 

March 03 [Fri], 2006, 1:38
今日で実習終わりにもかかわらず、うちの班は打ち上げもなく、帰って早々寝てみる
涼のこと、考えようと思って
で、まぁいつもの如く寝ちゃったんだけど

夢の内容はよく覚えてないんだけど、
涼の彼女とあたしが仲良さ気に話してて、
彼女が言うの。
あたしはこんなに涼が好きだから、もう、涼とは…って素直に、明るくお願い(?)されるわけ。

むーん、現実の彼女がこんな健気にこんなこというなら身を引いてもいいかなぁとか思っちゃった
やぁ〜今のタイミングでこの夢ですか
それだけ涼のこと考えてるんだろうね



はぁ…あたし月曜日ちゃんとお別れ言えるのかなぁ…

2度目。 

February 09 [Thu], 2006, 15:34
さっきやってきました
あんなに楽しみだったのに、求めてくれるだけでいいって思ってたのに、
今物凄いむなしいです。。。

わたしは、ほんっっとに涼と体の相性がいいだけで求められてるってことをすんっっごい実感しました
わかってたことだけど。
彼女と全然うまくいってんじゃん。
わたしはわたしの利益のために涼を利用してるつもりだったけど、
全然違う。涼のいいように利用されてるだけだ
わたしって存在がいるから、彼女との関係を保ててるんだよね。。。

ねぇそれって、物凄い不本意なことなんじゃないの??
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pink_otome
読者になる
Yapme!一覧
読者になる