信号無視

March 16 [Tue], 2010, 7:42
信号の色で青は行け、黄色は注意、赤は止まれ。
幼稚園児レベルの常識だ。
前にもブログで書いたが、その程度の常識のないバカが沢山いる。
悲しいことに、この前の日曜日にもそんなバカと遭遇した。
いつものようにパンクロックを車に乗せ上野公園に散歩に行った帰り道。
その場所は大通りに面した路地のように狭い一方通行の出口、もちろん信号機が設置されている。
この場所は何故だかバカが多く通行するらしく、アタシは何回か信号無視をするバカを撥ねそうになっているのでもの凄く注意しているのよ。
この日もこっちの信号が青になったのを確認し、前方にバカがいないのを確認してゆっくりと車を進めたら…バカが自転車ですっ飛んで信号無視してアタシの車の前を横切りやがった!急ブレーキを掛けて撥ねはしなかったが、普通に車を進めていたら間違いなく撥ねていただろう。
件のバカは若い男だったがアタシは大声で怒鳴ってやりましたよ、バカ野郎!と。
この日は天気が良く車をオープンにしていたのでその怒鳴り声はとても大きく響きました。
もし、撥ねてしまったら、やっぱりこっちが悪くなるのだろうか?
こっちがいくら注意していても、向こうから突っ込んでくるのだから注意のしようがなかんべえ。
日本の交通ルールは弱者が優位だそうだが(バカは除く。)と追記してもらいたいモンだ!
絶対に信号無視はいけないとはアタシは言わない、交通量のない時の信号待ちは間が抜ける。
せめて、安全の確認してから信号無視をして欲しい。(もちろん、その際のリスクはテメエ持ちだ。)
もし、アタシが今回の様なケースでバカを撥ねてしまったら、取りあえず医療費やその他諸々は保険から仕方なく支払うが、アタシはバカには謝らないかンね、絶対に。

バカは交通地獄に堕ちますよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒデ
読者になる
ウェブでスノードームショップをやっています。COOL・RASH
親の因果は特に次男に報うらしい。
いつでも風呂上りの様な気持ちイイ顔をしていたいと思う。
金も無いのにあるよな素振り…。
名もなく、貧しく、イヤラしく。
現世でやれることは来世でやれば良い。大切なのは今日一日をどうダラダラ過ごすかってことだべ。
吹けば飛ぶような男だが…。
小さな親切、大きなスケベ心。
男は船で女は港…
そしてオイラは沈没船。
イイ歳コイても「チン・マン・ウン」の話が大好き!
言いたいことがあるのならラップで言え!
子供の頃の得意技は電気アンマ。大人になってからの得意技は…内緒。
黒いピーターパン。
死刑廃止論者から殺せ。
やっぱり、アナタしかいない…。と全ての女性に言われたい。
「草食系男子」なんて糞喰らえ!
俺は「腐肉食系(ハイエナ)男子」だ!
一人酒場で飲む酒に帰らぬ昔が懐かしい。
かけた苦労は倍返し。
見た目ほどスケベではないと思う。
据え膳はオカワリしてまでも喰う。
丹古母鬼馬二原理主義者
武家の出なのでいざとなれば辻斬りはするかも知れないが窃盗はしない。(と思う。)
極端に幸福の基準が低い。
出された御飯は残さず食べる。
見かけに依らず、内向的で人見知りをする。
出掛けるとすぐ家に帰りたくなる。
穴を見ると棒を突っ込みたくなる。
外食で行く店のバリエーションが少ない。
長年使っている自分の携帯番号が覚えられない。
スポーツをする訳ではないので、休日などにジャージは着ない。
本屋に行くとお腹が痛くなる。
(この現象を青木まりこ現象と言うらしい。)


月別アーカイブ
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31