梅雨入り 

June 09 [Sun], 2019, 20:33
出張(?)から帰ってきてボーッとしてたら、いつの間にか6月に挿入し梅雨入りだよ。ああ、およそ1か月鬱陶しい日々が続くのだな。
関東地方が梅雨入りした一昨日傘を差して梅干しを漬けるための青梅を近所の八百屋にに買いにイッてきた。
こういうクライ事をするのが意外に好きなのよね、朴‥違った、ボク。

臨時休業のおヒラセ。 

May 17 [Fri], 2019, 15:38
5月18日(土)〜5月23日(木)の間、お休みをいただきます。
上記期間中ご連絡や商品の発送が出来ませんので宜しくお願い致します。


BSの端っこ。 

May 14 [Tue], 2019, 17:10
股モヤこのおブログ様を放置プレエにしてしまった‥。
てなスンポウで史上最大の10連休の後、腑抜けになったアタシにBSの端っこの二つのチャンネルは火曜日の夜に究極の選択を迫る‥。

コレが連休明けの7日の夜。
ホラ吹き男対ゴジラ


そして1週間後の本日の夜。
ゴマすり男対ラドン


共に東宝映画だが、植木等の喜劇映画と怪獣特撮映画の同時対決だぜ!
どっちもアタシのド真ん中なので困っちゃう!


裏昭和史探検 

April 26 [Fri], 2019, 18:59
買ってまで読みたい本は「髪結いの亭主」の特権で愚妻の美容室に置く雑誌を親切心で買いに行くと見せかけてシレ〜っと一緒に買っちゃうのだが、つい先日にほとんどの雑誌を買ってしまった後なので、仕方なく泣く泣く嫌々渋々Amazonでポチりました。昨日の午後にポチり今日の午前中に着く。スゴイ時代になったモンんであります。

裏昭和史探検 小泉信一著



小泉さんは朝日新聞の名物記者で寅さんなど大衆文化に関する著書が多数あり、数年前に町田さんから紹介していただいて以来お世話になっております。
昨年、末井さんに取材すると聞いてたけどこの事だったのね。



ストリップ、キャバレー、テキ屋、カストリ雑誌からUMAまで枚挙に暇が無いが今も続いているモノ、記憶の彼方に残るモノ、明日にでも消失してしまいそうなモノ、様々な「昭和」に小泉さんらしい角度で切り込み晒け出させております。
この内容で1300円(税抜)はお安うございます。ハヒッ!たまりゃん!

煙草2 

April 11 [Thu], 2019, 19:54
嫌煙家の方にゃ煙草の話が続き申し訳ないが(ホントはチィとも申し訳ないと思っていない)、これは日暮里の繊維街でめっけた貼り紙。





多分「吸わない」だと思うのだが‥。
こういう誤字脱字は手ガキのバヤイは合点がイクのだが、これはパソコソもしくはワープロで入力してプリントしたモノでしょ?
「すわない」もしくは百歩、いや、お万歩ゆずって「すない」と入力しても「吸ない」とは変換しないハズだ。うーむ、不思議だ‥。

喫煙 

April 08 [Mon], 2019, 5:36
2020年の東京オリンピックにムケて路上喫煙禁止を声高に掲げるのはコリャ股ケッコウであるが、その一方で路上喀痰を寛容にも野放ししているウチは日本はまだまだアジアの蛮国だとアタシャ思ってるんだ。
で、下の画像はウチの近所の煙草屋の軒先の貼り紙。



うーむ、チト惜しい。(笑)
しかし、煙草を吸う人には受難の時代だよな。
アタシも喫煙者だがタマに外で飲んだ時しか吸わないので苦とは思わないが、オッピャイは始終吸いたい‥ウフッ

ショーケンの喪に服して。 

April 05 [Fri], 2019, 21:09
最近噂はトンと聞かなかったがまさかショーケンが亡くなるとは‥。
アタシらの世代だと「傷だらけの天使」だよな、ヤッパシ。
アタシはワリとショーケンの歌が好きで、探したら5枚のシングルレコード(笑)が出てきたよ。


んで、ショーケンの喪に服するのに選んだのはコレ!

「瀬降り物語」1985年作品。



これは一所不在で戸籍を持たず己らの掟に従い生きた山の漂泊民の山窩(サンカ)を描いた映画なのだよ。
ピンと来ない方は拙おブログのアーカイブを見てくれや。
サンカのこと。・クリック!

んでホントに久しブリに観て今まで気づかなかったのだが、ショーケンがアップになった時にブッタマゲましたよ!
だってサンカのヤゾウ(親分)が左耳にピアスをしてるんですモン。


ちょっとコレは無いよな‥
三角寛の本を初め、どんな文献にもサンカがピアスをしていたという記述は無い。
またこの時代(昭和のはじめ)は普通の男性でも装飾具、ましてやピアスなどは付けていないハズだよ。それを一般社会からかけ離れたサンカのヤゾウがしているとは到底考えられない。
サンカの社会を如実に描いてる思って好きな映画だったんだけどな。
単にショーケンが普段しているピアスを外し忘れ、それをスタッフが気づかなかったのだろうか?いや、そんなハズはあんめえ。
一体どんな解釈でピアスを付けさせたんだろう。

ムーミソ・バレーパーク 

March 20 [Wed], 2019, 9:21
ムーミソ・バレーパークが先チツオープンだそうだが、写真を見た限りでは「コレじゃない感」が‥。ゴメンな、文句バッカシで。
キグルミの足元のタルミもそうだが1番気になるのがミィの大きさ。
演じているのはそれなりに小さな人だとは思うのだが、リアル・サイズの人を起用するのは人権問題がカラみ現代ではムズかしいのだろうか‥。
いや、そんなハズはない。昨年公開の映画「グレーテスト・ショーマン」に出て来たニセ・フリークスの中に一人だけリアルな人がいたもんな。
股、写真の写りグアイかも知れないがムーミソとフローレソの体色が同じに見える。原作だとムーミソ族とスノーク族は酷似しているが別な種族でムーミソ族は白でスノーク族は黄色だったとウロ覚えだがアタシはそう記憶している。

おイヌ様 

March 14 [Thu], 2019, 20:25
シモンがウチに来て御陰様で10日間が無事に過ぎました。
3回目のワクチン注射の予定が今週末の為に散歩はまだ出来ません。
しかし本人いや、本イヌは至って健康で元気良くエサをバクつきウチの中を落ち着きなく飛び回りおネゴ様を追い掛け回していますが、あまりにもヒツコク追い掛け回すのでそのうちにおネゴ様の堪忍ブクロの緒が切れて逆襲に打って出ない様に祈るばかりです。

再び犬と暮らす。 

March 07 [Thu], 2019, 19:05
昨年の7月の終わりに愛犬のパンクが13歳でこの世を去ってしまった。
2015年にブルテリアのロックが亡くなり、その後はウチにネゴが増えていく中でパンクは孤軍奮闘してくれた。パンクは巨大ワイヤーフォックス・テリアだが自転車の大きな前カゴにどうにか収まる大きさだったので一緒に良く自転車で上野公園まで出かけたり谷中の酒屋で角打ちに付き合わせたり、楽しい思い出ばかりだったので亡くなってからというもの相棒が居なくなり悲しみに暮れる毎日だったのだが、年が明けマイルールで喪が明けたことにして新たな愛犬探しを始めた。

希望の犬種は‥ブルテリア。とても飼いづらい犬だが、アタシにはあのロックを育て上げた自信があるのだ。
年明け早々から探し始め、2月も終わろうかとする頃にようやくブルテリアのオスの仔犬が見つかったのよ。
ブルテリアと言いつつそのほとんどがミニチュア・ブルテリアでスタンダードのブルテリアは希少なのだ。で、見つかったのもご多分に漏れずミニチュア・ブルテリアなのだが、ロックもミニチュアだったがスタンダードのサイズに育ってくれたんで強ちミニチュアとは言い難いかも。



そして4日前から一緒に暮らす様に。
名前は犬が見つかる前から「スパイク」か「マーベル」と決めていたのだが、思うトコがあり急きょ変更で「シモン」と名付けたのであります。
出自はニーナ・シモンのシモンであります。
シモンの名は3年前に保護してパルポウィルスにより僅か1週間で亡くなってしまった仔ネゴに名付けた名前だが、不幸な仔ネゴの分まで長生き出来る様に祈りを込めて再び名付けたのであります。
小さな命を手に入れる事はその喜びと同時にその何倍もの悲しみも手に入れる事だとアタシは知っている。
しかし小さな命はその悲しみ以上の「何か」をアタシに与えてくれる事も知っている。そして何より小さな命はせつなく愛おしい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒデ
読者になる
ウェブでスノードームショップをやっています。COOL・RASH
親の因果は特に次男に報うらしい。
いつでも風呂上りの様な気持ちイイ顔をしていたいと思う。
金も無いのにあるよな素振り…。
名もなく、貧しく、イヤラしく。
現世でやれることは来世でやれば良い。大切なのは今日一日をどうダラダラ過ごすかってことだべ。
吹けば飛ぶような男だが…。
小さな親切、大きなスケベ心。
男は船で女は港…
そしてオイラは沈没船。
イイ歳コイても「チン・マン・ウン」の話が大好き!
言いたいことがあるのならラップで言え!
子供の頃の得意技は電気アンマ。大人になってからの得意技は…内緒。
黒いピーターパン。
死刑廃止論者から殺せ。
やっぱり、アナタしかいない…。と全ての女性に言われたい。
「草食系男子」なんて糞喰らえ!
俺は「腐肉食系(ハイエナ)男子」だ!
一人酒場で飲む酒に帰らぬ昔が懐かしい。
かけた苦労は倍返し。
見た目ほどスケベではないと思う。
据え膳はオカワリしてまでも喰う。
丹古母鬼馬二原理主義者
武家の出なのでいざとなれば辻斬りはするかも知れないが窃盗はしない。(と思う。)
極端に幸福の基準が低い。
出された御飯は残さず食べる。
見かけに依らず、内向的で人見知りをする。
出掛けるとすぐ家に帰りたくなる。
穴を見ると棒を突っ込みたくなる。
外食で行く店のバリエーションが少ない。
長年使っている自分の携帯番号が覚えられない。
スポーツをする訳ではないので、休日などにジャージは着ない。
本屋に行くとお腹が痛くなる。
(この現象を青木まりこ現象と言うらしい。)


月別アーカイブ
2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30