たかが映画、されどドラえもん 

July 09 [Mon], 2018, 21:58
映画の内容を全部忘れる病なので書いとく

恐竜から順番に見てて、今やっと日本誕生です 10作目


ネタバレとかを考慮すると書くの難しいな
印象的なのはのび太のラーメンのシーンですね
あれなんか良いんだよな…
でも最初ちょっとわかんなくて、原作(マンガ)だと書き方が多少違うらしい

いつも冒険シーンが良くて、特に今回はのび太が「衣食住が必要だ!」って言い出すだけあって
けっこう子供たちでこしらえるのでわくわくする
特に食はみんな大好き畑のレストラン回です
ドカ食いするジャイアンにスネ夫が「すげ〜ジャイアン、体中で食べてる!」って言うの良すぎ


ギガゾンビはそういえばリメイクが上映されたときにモンストのコラボイベントでやったな、懐かしい

時空の流れを追う道具と、材質を分析するみたいな道具がすごい
あとウルトラタイムウォッチがつよい

愛の形を壊してしまってよ あなただけのものに作り上げて 

June 10 [Sun], 2018, 23:25
漫画に挟まってる広告の紙捨てながら思ったんだけど、

本の帯をぐちゃぐちゃにされるの許せないみたいな人の意見を聞いたことあるんだけど
なんかちょっとズレてるような気がした
こちらの勘違いがあるのかもしれないけど

本の帯って広告じゃん(漫画だけかな)
ちゃんとコンテンツになってるようなものもあるけど(ポプテピピックみたいなの)
帯ついてないから買わないとかないじゃん
なんで帯そんなありがたがられるんだろう

「人の所有物を破損させたり無くしたりして平気なやつなんかとそもそも関わりたくない」
っていうのはそうなんだけど、
人のゴミ捨てて「私のゴミを勝手に捨てるなよ」とかはないよなあという感じもする


ちなみに私は小中学生くらいのとき、
レンタルCDに挟まってるツアー告知みたいな紙だけめちゃくちゃ集めてたことがあるよ
今思うとちょっとした罪に問われそう

なんでそういうのとっておきたくなるんだろうね…(取っておく派)
その辺の感覚の違いでこういうの揉めるんだよな

あなたは今もしかめ面で 幸せでしょうか 

May 05 [Sat], 2018, 16:13
しばらくモヤモヤ堕ちていましたが
落ち着いた今思うのは、
ネットって言葉がキツくなりがちなんだけど
なんだか話題にしている事象以上に個人の感情や経験が乗っかってきてしまうんですよね

普段スタンダードに感じていて、
更に生きて行くために抑え込んでいる
やり場のない負の感情を解消するためには、
相手が分かりやすく悪者であればあるほど
自分の怒りが正当なものに見える
他にも同じように怒ってくれる人がいれば
一体感が生まれるし、罪悪感が薄れる
自分がしんどいので、他人が罵倒されても
悪いことと思いづらい
仮想敵と戦っているってそういう過程になるのかも

私はすごい頻度でアホみたくブチ切れながらキーボードカチャカチャしていたのですが
とにかく寂しかったんだと思います
それが何故かはよくわからないけど

君はネコで俺は嘘つき 

March 24 [Sat], 2018, 14:36
ツイッターで、人が言ってた形式にした方が伸びるという話を聞いたことがあるでしょうか
人はそれをマックの女子高生メソッドと呼ぶのですが


ツイッタラーは周りの人をもっと褒めてもよくない?っていう趣旨のツイートをよく見る
確かにそうだ、マックJK手法は裏を返すと自分の話の場合人に受け入れられにくくなるということだ


コミュニケーションは基本的に自分の話ばっかりされても困るっていうのもあるんだけど
それは多分みんな「自分の話補正」がかかっていて、
自分は自分のことに誰よりも興味を持っている状態がデフォだし
自分の話をするのは内容がどうであれ楽しいから
話してる側と聞いてる側が同じレベルで楽しむのは無理だし(ガチ恋相手とかじゃない限り)
その「温度差」のことだと思うから今回の趣旨とはズレるかな、と思う
同じ話を「自分発信する」のと「他人に言わせる」ので変わってくるんだもん
同じ絵を「自分が描いた」か「兄弟が描いた」かとか


マックJK手法は確かに、受け入れハードルが低いんですよねー
マックのJKが言ってたほうが信憑性がある!とかそういうことではなくて
「知らない人が発信するツイートに対しての距離感の程よさ」っていう感じがする
マックのJKっていうワンクッションがあるから自分に入ってきやすい
マックのJKは発信者にとっても私たちにとっても他人だから
「発信者がフォロワーに向けて話す自分の話」よりだいぶ心理的ハードルが低い

自分も全世界に向けて発信してる意識はあるけど、
実際フォロワーさんとフォロー外の人にリアクションされるのとでは意識変わってくるし


あと、流行は、世におもしろコンテンツはもちろん、
それを最初に面白がる人の存在がかなり重要だという話があり
人気が出る初期段階は面白がっている人を見た人が興味を持つ過程が必須なんですよね
これはかなり経験的にわかる
ツッコミを入れる人がいてはじめて「誰がみても面白いもの」として輝く感じ
だから「客観的な視点」だとやっぱり強いなって思う



直接の評価をするのは結構疲れることなんじゃないかって思うのもあるなー
ちょっと説明が難しいけど
フェイスブック、インスタでキラキラ写真を載せていると
「最初はいいね!って普通に思ってたけど、
こうも続くとなんか違う世界の話をされているみたいだなー」て疲れるのはしょうがない
SNSは人によって頻度が違うから会話みたいにギブアンドテイクにならないからね
誰しもずーーーっと脇役に徹するのは難しいことなんですよ
そんなの当たり前じゃないですか、全然気にすることじゃない

他人視点だと「雑誌のおすすめ」くらいの感覚で見られるからやっぱ楽だよなあ という感覚


手軽さって結構重要なのかもしれないね
本を読んだりDVDを見るよりスマホみてしまうし

いやしかし「伸びるツイート」ってほんと「シェアしやすさ」に特化されてるのよな
規則性がある!という訳じゃないけど
ちゃんと開かれていたり、面白い切り口だったり、平和だったり
わかりやすくかつ絶妙なひねりが利いている感じ


まあ、生きるの大変だし、誰かに大事にされたいなって思いながらも人を褒めるのって結構難しいとは思う
人を素直に褒められる人って良いよね

つたや記 20 

March 16 [Fri], 2018, 22:37
ATARASHII YATSU! / DJやついいちろう

2010年のやつなのでフェスで見た!っていう人たちがいっぱい入ってて安心する
これ小島真由美入ってるのめちゃくちゃ良いよね
これDJやつい2枚目かな、まだそこそこおさらい感ある、入門向けみたいな




恋はゴージャスに / LUCKY SOUL

これもデータ消えて全然聴けてないんだけど、
海外の女性ボーカルのちょっとレトロ感あるポップな曲を聴くとすぐ「うわっ超良い」ってなる
これもそうです
ノーランズとか、コニーフランシスとか、サマソニのライブ映像で見たピペッツとかがそれの最たる例




philharmonique; / Q;indivi+

結婚式の申し子
女子感が出すぎていて恐縮ですがpart of your worldのカバーがすごく良いです
アボカドとエビのサラダくらい女が全員好きなやつ
Q;indiviの影響で、女子がやる「好きなディズニープリンセス映画シリーズ」の話のとき
リトルマーメイドって言ってるからな
あと海のモチーフが好き
身近では美女と野獣が本当に人気です




DJやついいちろう 1 / DJやついいちろう

最初のやつか 銀杏BOYZとか入ってるな
ノースリーブ(エレキコミックの曲)が入っていていいですね
エレキコミックは自分たちの曲があってライブで使ったりアルバムも出してるんだけど
曽我部恵一さんが作ってるから本当に良い曲なんですよ
まったく関係ないけどバナナマンとおぎやはぎの曲も普通に良い曲




コンピューター・ワールド / クラフトワーク

POLYSICSから入ったシリーズ
ビジュアルも特徴的なんですよね 色使いも独特
このジャケットとかAC部みたいなタッチだな
最近Future Funkっていうジャンルを知ったけど(もうだいぶ前に流行ってたらしいんだけど)
あれも結構ビジュアルというか アートワーク込みなところがあってすごく世界観が強い
流行の歌手の服装とかまで真似したくなるみたいで良いよね




THE VERY BEST OF UNICORN / ユニコーン

ユニコーンのことよく知らないんですよ
これ聴くと方向性の変化がすごいよく分かる
スーパーカーみたいだ

あまえたいのに 

March 12 [Mon], 2018, 1:00
コミュニケーションが下手でインターネットばかり見てるので
インターネット上で話題のやつから受ける影響がすごくて
エヴァは大人になってからなんとなく全部見ました


なんでこんなに有名なのか、何が言いたいのか、どういう物語なのか
全然わかってません
好きな人はきっとエヴァについて熱く語ったりするんだろうけど、語れることが何一つない
曲が良いとかマヤがかわいいくらいしかない



急に話は変わって
若いときってちょっとソリが合わなくて衝突しただけで簡単に悪口言えたような気がするけど
(自分だってそっち側なのに)
「ふつう」だと思えないだけで見下せるなんて そんなに世界が狭いなんて 恐ろしい

学生のときめっちゃキレてたから
なんでだろうと思って、昔の日記とか見に行ったら
言うほどプリプリしていたわけではなくて
こういうケースで馬鹿にされてるのが悔しいとかこんなパターンが悲しいみたいなことで怒ってた
別に自分がどうこうされたとかいうわけじゃなかった 自分がどうこうもあるけど
これも自分勝手な話だけど〜 そんなに怒ることじゃないんだけど〜 とか言ってた 意外だ

でまあ昨今はツイッターで正論を言うという体でめちゃくちゃ怒りを撒き散らしていて
でもそれが加害者叩きに誘導するような悪意ある書き方だったり、そもそもデマだったりして
振り回されまくってやっと色々学ぶことができまして
別にそんなわかりやすい悪なんてこの世にいうほどいないよなみたいなスタンスになれたんですけど

悪と戦う話ってよくあるけど、そんな使命感に燃えられる?実際
当事者になったら絶対戦わなくない?死ぬかもしれないのに
めっちゃこわくない?
訳のわからない敵に立ち向かうとかその発想が意味わかんなくない?
たぶん大人になったらめっちゃそう思う人いそうだけど
エヴァ乗れって言われて「いやまってむりむりむり」って言うの普通の反応じゃん
なんだよみんな(ネルフ)変な圧力かけんなよ てなって
なんか、根底からすごい話だな…ってぼんやり思った

へたくそかよ


悪と戦うから正義、正義っていう大義名分はこんなに人を思考停止させてしまうものなのですね
誰かを傷つける正当性ってなんなんだろう
自分の弱さをすりかえてどうしたいんだろうね

ティッシュペーパー合戦 

March 12 [Mon], 2018, 0:29
https://anond.hatelabo.jp/20180305233940

人がおかしくなる時は大体「寂しさ」からくる
という説を最近見かけたけどよくわかる

他の人を見ていると、みんなそれぞれとても優れた部分があって
「寂しさ」を回避する為の技術なのかもしれないなと思った
聞こえが悪いかな
回避するというか、その良さをもってして人を惹きつけてるなって思う
そしてみんなその方向って全然違う


リンク先の記事、
羨ましいという気持ちを苦手だと言って遠ざけている
ってコメントがあった

うちは親は優しかったけど、両親の仲が悪くて
外で仲の良い夫婦(というか普通に会話してる)夫婦を見て
本当に衝撃で、思わず「世間では普通に会話してる夫婦がいてびっくりした!」って言って
母親から、反省したような少し自分自身を責めるような感じで、申し訳なさそうに謝られた
好きで仲違いしてる訳でもないのに悪かったなって思ったけど
そんな家庭が羨ましかったんだろうな
そりゃそうだ

そういう親の元に生まれたかったんじゃないんだよ
好きな両親がつらそうにしていなかったら私も幸せだなって思うだけで
無理に仲取り繕ってほしいわけではないから
何も間違ってないし最終的にちゃんと距離置くことが出来て
良かったなって思うけど

その時の私は仲の良い家庭を知らなくて
ああ世界にはそんな家庭もあるんだ、って
驚くこと、人によって全然感覚が違うんだろうな
この方は最初に苦手、って言っているから
どうしたもんか、って話になっているけど(コメントで)
そういう感覚は確かにある
動揺してしまうこともあるよ

知った後は、もう自分がどうしたいか考えていくしかない
家庭を作る側になった時の事を考えないといけないんだよね

ラ・ブーム 

February 14 [Wed], 2018, 19:42
曲調が明るめなのに歌詞が暗めな曲は万人受けする
みたいな話を聞いたのですが
すっごいわかるなあ、あれなんでだろうね

別にオールはっぴっぴな曲でもいいんだけど
人生が得てしてそういうものだからだろうか
つらさというスパイスを入れることで奥行きが出てリアリティみがあるみたいな
そして清濁あわせのむことですべての感情を包括するキティちゃんメソッドが発動
そういう人ってモテそうだもんな

それとも変化が起こることでストーリーみが生まれ物語が輝きだすからだろうか
幸せと悲しみが共存することでお互いを増幅させて
そこにドラマが生まれるというか



リアリティっていう曲をビークルがカバーしたやつがかっこよかったので
ビークルのカバーアルバムを買いました
私はふと気付くと最近の曲でも往年の名曲でもなくすごい中途半端なやつを買っているのである

つたや記 19 

January 07 [Sun], 2018, 22:21
愛にのぼせろ / ミドリカワ書房

ミニコントが入ってない
1曲目がすごいさわやかでびっくり
全体的に言うほど重苦しくない 救いがあるというか
学生くらいの目線の曲が多いような
女の子の曲の、ただの百合のやつが結構好き
特に全然ドロドロしてない方(百合曲が複数ある)



House★Disney -Electro Parade- / オムニバス

MEGの曲聴きたかった
全体的に思ったよりいかつくてあんまり好きではなかったなー
慣れてないのかな
元が良いし



アワークッキングアワー / the chef cooks me

データ消えて借り直したやつかな
アンブレラが良くて、色々聴いたらアンブレラが一番良かった
これには入ってないんだけど



ブッチーメリー The ピーズ 1989-1997 SELECTION SIDE A / The ピーズ

曲の長さ短めとはいっても23曲も入ってる
クズんなってGO、「黄色っぽい映画」って、ポケビみたいですね
比喩とかがマジで分からないので一切理解していないのですが
好きなのはクズんなってGOと、このままでいよう、鉄道6号…からずっといいな後半



化物語 音楽全集 Songs&Soundtracks / 物語シリーズ(化物語)

せーのっ の曲が聴きたくて借りたから本当にそれしか聴いてない
ダンエボサイズで踊りも覚えた そんな時期もありましたねそういえば



or / Spangle call Lilli line

データなくなってた!あんまり聴いてなくて気づかなかった

質問攻めの「?」 

December 22 [Fri], 2017, 20:51
セクハラパワハラの件がけっこう激論になっていて注目しているのですが
本当に色んな意見があって、自分の中でもまとまらなくてずっと追っかけていました
(自分の意見がめちゃくちゃ無い人間なので一苦労だった)

職場でパワハラがあって、それを告発した流れの中で
「応援しています。が、私も(告発した人に)嫌なことを言われたんですよ」
っていう意見が噴出したんですけど
「待って!今は(告発者の)話きいてほしいからちょっと静かにしてお願い」
という身近な人からの発言が出たらものすごいブーイングだったんですよね

その件で何が問題なのか自分があまり理解していなくて、
言及している記事を読んだのですが

「問題に取り組む事を目的としているのはわかる。
大きな、大変な問題を解決しようと慎重に、必死になっているのは。
でも他の方が声をあげているのは告発者と同様に被害を訴えたいからなんです、
だからあなたは他の人たちの意見を遮るべきではなかったんです」
って言われてて。
いやマジでそれなんだよ。
人間関係の問題全部それじゃない?って思う
自分自身や身近な人が被害を受ける側に回らないとなにも問題がみえてこない、
さらにその状況に置かれたとしても人に優先順位をつけてしまう

「やられたら嫌なことはやらない」って聞きなれた言葉だけど
実際ものすごく複雑な形で現れるから理解するの本当に難しい、
むしろ気付くことすらなかなか出来ない
近年の多様性の話にも言えることだし、当たり前のことなんだけど本当に難しいと思う

被害者側になったら「どういうつもり?どうしてそんなひどいこと出来るの?」
加害者側になったら「大げさだな、そんなに言われたら何も出来なくなるよ」
その繰り返し
何度やっても全然気付かない
だから感情的になってその気持ちを落とし込むそれらしい理由を相手に探してケチつけて
何一つ解決せずにヘイトだけ蓄積して対象をバカにしてネットで盛り上がって
その先に何があるんだろう
一時的なストレス発散で済むのかな
大事なものを失う事になってしまわないかな

確かに、パワハラ告発をした人に向かって「でもお前が嫌いなんだよ」しか言えない人がいたのは事実で
嫌いって、具体的な理由はないの?文句言いたいだけ?ってすごくマイナスに思っていたんだけど
その人たちもどう考えても病んでいる(傷を抱えすぎている)からどうしようもないんですよね
ネットでは周知の事実だったのかもしれないけど知らなかったので
でもちゃんと考えて自分の言葉で伝えないと変わらないよね

勘違いで味方を撃ったりするの日常的に見るようになったことと
自分も何も分かっていなくて怒りを撒き散らしていた時期がある事が本当に心苦しい
生きているだけで下のランクに見なされたり「普通の人」になれずに劣っているように感じたり
訳もなく居場所を失ったりするんだから



痴漢のときも言っている方がいたけど、パワハラを訴える側だって
「自分がその人のこと嫌いなだけなんじゃないか?」
「他の人に同じことされてもパワハラだと訴えるか?」
って考えますよ
なんならイケメンに同じことされても、とか欧米人に同じことされても、って考えたよ
もちろん全員がそうではないかもしれないけど
だからみんな悩むんじゃないかな
周囲に分かってもらうの難しいかなって思ってしまうし、孤独になってしまう
ヤプログ!広告
PROFILE
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たかは氏
読者になる
2018年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
COMMENT
アイコン画像まろたん
» ぷんぷんしなくてすむでしょ (2012年04月22日)
アイコン画像
» にゃんとら (2012年03月31日)
アイコン画像たかは氏
» カルアミルク (2012年01月11日)
アイコン画像玉三郎
» カルアミルク (2012年01月11日)
アイコン画像
» カルアミルク (2012年01月10日)
アイコン画像くき
» ばっはー (2011年09月04日)
アイコン画像ちょん
» ばっはー (2011年09月01日)
アイコン画像くっき
» 去年の買い物めも2010下半期 (2011年07月15日)
アイコン画像ちょん
» 去年の買い物めも2010下半期 (2011年07月11日)
アイコン画像くっき
» 我思う (2011年06月26日)
MAIL

TITLE


MESSAGE

MONTH
https://yaplog.jp/pin0c0/index1_0.rdf