からだと向き合う

June 12 [Sat], 2010, 10:21
2010.6.12 毎日新聞より
久しぶりの新聞記事ネタです。
土曜日の『からだと向き合う』のコーナー(コーナー?)

骨盤臓器脱

October 28 [Wed], 2009, 20:48

骨盤臓器脱とは、膀胱、子宮、直腸などの骨盤内にある臓器が、

通常の位置よりも下がり、膣から体外に出てくる病気のこと。

――――毎日新聞(10/28)朝刊より

幸せと憂鬱は共存できる

October 18 [Sun], 2009, 23:35

金原ひとみさん。

5年前に『蛇とピアス』で芥川賞を受賞した、あの方です。

ショックです

May 04 [Mon], 2009, 13:51


忌野清志郎さん。

亡くなっただなんて・・・


“娘”でいたい日

May 12 [Mon], 2008, 8:55


昨日は母の日でしたね。

私ももちろんMamasにお花を贈りましたが、

娘がはじめて、自分のお小遣いで買ったカーネーションをプレゼントして

くれました。


波禅

March 15 [Sat], 2008, 12:22
 以前、瞑想を続けてることを告白?しましたが、

 新聞記事に、やってみたいな〜という方法が載って

 いましたのでご紹介します。

 確か今月9日の毎日新聞の記事。毎週替わりの

 『好きなもの』というコーナー。

鼻から涙

August 08 [Tue], 2006, 0:00
〇〇新聞の日曜版に、宮本亜門さんの“五十音らくがき帳”という

連載があり、毎回楽しみにしている。

〜始まって、今日(8/7)はがつくお題だった。

と言うことは、、ときて次は行・・・

え〜っっ!もしかして連載もうすぐ終わりなのかしら?!

大ショック!!

毎回毎回、自分の思考回路を遥かに超えた、それでいてフィットする話。

心のサプリメントのような・・・。

残念だな。次またカタカナのからとか始まらないかな・・・


で、今回は・・・のお題で、 涙腺 ときたよ。

すごいことを聞いちゃった読んじゃった。知っちゃった。

みなさん知っていましたか〜?

「日本人は目と鼻をつなぐ鼻涙管が細く、流しきれないので、

目から涙があふれる・・・だからハンカチを目にあてる・・・」んだそうです。

「でも白人は、鼻涙管が日本人のに比べて太く、多量に涙が鼻に流れる

ので、鼻にハンカチをあてなくちゃならない・・・」


いつも思うけど、日本人って得ですよね。

日本人に生まれることができて本当に良かったと思っています。

感動したり、悲しんだりした時、鼻から涙流すより、目から流れた方が

断然、美しいでしょ。

“日本人という種族”に脈々と流れ受け継がれている血って、

暮らしも、心(想い)も、身体(しぐさ)も、すべて  なんですよね〜。

時々ありませんか?自分の中に日本人の血を感じること。

たとえば夏なら浴衣・・・。夏祭り・・・、花火・・・

風鈴の音に涼を感じたり、、朝の風が急に冷たくなる頃、

秋の匂いを感じて胸がきゅ〜んとなったり。

日本人は、音で涼しくなったり、季節に匂いがあったり、するんですよ。

素敵ですよね。


あらら・・・

涙についてもう少し情報があったのですが、長くなったのでまた今度〜






yaplog!広告
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:MIZUKI
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
読者になる
MIZUKIのカラダ履歴
1995年、某スポーツクラブのオープニング・スタッフとして立ち上げから携わる。
管理栄養士として食事指導を行うなか、QOL(Quality of Life)の向上に深く関心を持ち、万人に対応できるメソッドを模索し始める。
自分自身のカラダと本気で向き合うことになったキッカケは、出産後に通っていたボディーワーク『フェルデンクライス・メソッド』。
その後ピラティスと出逢い、2004年、STOTT PILATES認定インストラクターの資格を取得。
平成17〜19年まで、大阪・心斎橋にあるピラティス&ヨガ専門スタジオビーキューブ(www.bbbcube.com)に勤務する。
他に影響を受けているボディーワークは、ロルフ・ムーブメント/アレクサンダー・テクニークなど。
最新コメント
【ピラティス・グループクラス】 ▼火曜日 10:00〜 加古川総合体育館 ▼木曜日 9:30〜 FITNESS STYLE FIT:s@稲美 ▼金曜日 11:00〜 旧グッゲンハイム邸@塩屋 ▼土曜日 10:00〜 加古川ウェルネスセンター
直接問い合わせ 

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/pilates/index1_0.rdf