ホルテンさんの誘惑

March 09 [Mon], 2009, 16:14
先月。渋谷Bunkamuraで公開初日に映画「ホルテンさんのはじめての冒険」を見に行きました。


内容もさることながら、私をずっきゅううぅぅんと撃ち抜いたのは、舞台となっている北欧の景色や文化など!

古びたスキー板、サーモン、かわいい家具、パイプに石畳〜…。
カモメ食堂みたく、「こういうの、日本人も好きでしょ?」てなかわいい北欧全開ではないが、ノルウェーの監督、ノルウェーの音楽、北欧俳優たちで送る生粋の北欧映画なのです。



北欧は、憧れだ。

ムーミントロルが住んでるし、白夜。にしん、家具、雪、オーロラ、厚着する老人たち、ダイヤモンドダストが綺羅ラ・ラ・ラ

素敵な、映画でした…ほぅ。(ホルテンさんには、ダイヤモンドダストも白夜もにしんも出てきませんが)



…ヴィジュアル面についてばかり書いてるけど、内容も良かったですよ。

ここには書きませんがね。



とにかく、「北欧!北欧北欧!!」と興奮した私は、友人を連れ立って六本木の北欧料理レストランに向かうも、ホルテンさんの初日だったせいか、満席!ぎゃふん!




その日は、諦めたが、以来北欧に取り憑かれたピエール。

リベンジ!シャーッと思ってイケヤ新三郷へ行ってまいりました。

イケヤカフェでは、北欧料理が食えると風のウワサで聞いたので。

で、↓



食った。満足だ。上のアンチョビとじゃがいものグラタンは「ヤンソンさんの誘惑」というメニュー名だった。

そういえば、後楽園にあるムーミンカフェでも同様のメニューを食べたな。

ムーミンにちなんだメニュー名かと思っていたけど、定番でこの名前だったのか。cawai〜i〜(^ε^)



あと家具もゲッツしました!パソコン置くテーブルとプラスティックのいすです。

ウワサにたがわず安くてビックリした。マグカップが10円だったので10個買った。100円な〜り〜。



…というわけで、ホルテンさんに掻き乱された北欧萌え心も何とか落ち着きを取り戻しました。




でもいつか、本場に行ってやる!

ラースと、その彼女

February 12 [Thu], 2009, 21:26
忘れたくない想い出が消えかけている…

それは悲劇だと思うよ。




 …昨年も友人に連れられて、良い映画をたくさん観たはずなのに
タイトルも内容も何もかも通り過ぎて思い出せない!(ゆら帝の歌詞パク)
その悲劇を食い止める手段として日記がありますね。
今後は、ちゃんとこのブログにつけていこうと思います。
感想、というか自分メモ程度にですが。



昨年末は『ラースと、その彼女』を観ました。
観る予定の方はここからネタばれあります。注意!

いい年をして彼女ができないが、気立てが良く皆に愛される青年ラースがリアルドール(等身大の人形)を彼女として皆に紹介した!
…てな話です。
こう書くとすごいコメディかエロギャグかな〜て気がしますが(それも好きですが)、意外や意外にすごいハートウォーミングな物語でした。

家族や周りの支えも、もちろん重要ですが、
やはり自分の心を治すのは、自分だな、と妙なところで関心しました。

気付いたら前にも後ろにも、身動きできない息苦しい境地にいたり、
突然「普段」に耐えられなくなったり、

そんな逆境を乗り越え、人生の次ステージに進むためには、ちょっとやそっとのテコ入れじゃ解決しない場合もあります。
ラースは、人に触れられることに恐怖を感じてしまう障害を、リアルドールを彼女にすることで卒業の足がかりに。私は海外に1人で飛び出すことで、長かった学生時代から社会に出る不安を払拭する勇気を得た気がします。

願わくは、自分を卒業するためのテコ入れを自ら仕掛けようとする人が周りにいたら、ラースを支えた家族や町の人のように、自分のことのように考えて支えてあげたい…やさしさを持っていたい、そんなことを考えさせられました


…漠然と浮かんだ感想を、文字にするのって本当難しい!

嫌われ松子の一生

June 29 [Thu], 2006, 7:42
「嫌われ松子の一生」を観ました。
あれね沙村広明の「涙のランチョン日記」をもっと酷くした感じでした。
知ってる人にしかわからない喩えでスイマセン…

でも良かったよ〜
キャストと音楽とCGの使い方がうまい。
最近、邦画でこうやって効果的にCGや音を使ってテンポよく画面を動かそうと言う試みを見かけますが、そういうのって本当センスがないと生きない。
でも松子はそれが効いてて良かった。
見て聞いて楽しい映画です。内容よりも、そういったキャッチーさを評価したい。センスが生きてる映画でした。

それはそうと映画館には見事に女子しかいなかったな…

ナルニア国物語

March 15 [Wed], 2006, 12:09
観ましたよ〜。待望のファンタズィームーヴィー
「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」

感想、ネタばれ注意です☆



少女!少女!!
小動物!
ネコ科!!
少年!!!

…はあはあ。
というワケで絵面や、世界感は凄く楽しめましたよ!
本を読んだことがないのですがハリポタのようにたくさんストーリー端折ってるんだろうな、とは思いました。凄く詰め込んで2時間に納めた感じ。
でも逆に映画に盛り込めなかったいろいろな過程や世界観を、本を読んで補完したいなって思わされましたよ。

あとは動物と子ども好きならば、楽しめる映画ですね。
ルーシーがかわいいんだ!でも口の端がにって上がってる顔つきなので悲しい顔をするシーンですべて微笑んでいるように見えていたのが…いや!それもかわいい!少女!少女ー!!(…石投げないで下さい)
そんでもってピーター兄ちゃんが懸命に兄ちゃんらしく振舞おうとして嫌われたり、戦うのを躊躇ったりしながらも成長してくのに、トキメキました。頑張れお兄ちゃん。

あとライオンのアスランは男前でした…でも毛刈りシーンは何だかライオンといえどもイカガワシイ!って思っちゃったのはあたしだけじゃない…と助かります。

ハリーポッターと炎のゴブレット

December 21 [Wed], 2005, 22:29
観た~。
面白かってもつまらなかってももはや義務。

はい。ここからネタばれ。

4年生。ロンがかわいらしい。双子も。ウィズリー家万歳!
とやっとヴォルデモード復活。しかし顔怖い。鼻が無くて。天才リドルくんは美形だと思っていたのに。悪役は美形であって欲しい願望(勝手に)。
長いけど、相変わらず詰め込んだストーリーで端折りもいっぱいあった。
記者のエピソードとか。別にいいけど。残念だったのはダドリー出番が無かったことかな。

カリギュラ

December 19 [Mon], 2005, 0:39
最近悪夢を良く見るピエールです☆
それというのも一週間前、レンタルで借りた「カリギュラ」を観てから。

カリギュラはトラウマです…えらい目みました…
イタいのも、グロもエロも駄目駄目なのに何故観たんだあたし…
まあ、なんでかって言うと主役がマルコム・マクドウェルが見たかったからです。
確かにマルコムはかこよかったさ。マルコムが「にっ」って笑う小悪魔めいた表情が好きなんだ。
妹役の娘(テレサ・アン・サヴォイ)もかわいかったから好かったよ。

実際ドルシラとカリギュラの甘々でかわいいHシーンは楽しく拝見できました。
しかし!噂の(?)首狩りマシーンも娼館もナニのアップもアレもコレもソレもピエールには毒でした。・゚・(ノД`)・゚・。
早く終わることばかりを願ってましたが、ナント!!!ビデオ屋が貼ってたケースのシールには97分て書いてあったのに実際は164分もあった!騙された!この地獄みたいな映像は永遠に続くのかと思ってピエール更に絶望…睡眠時間も削られた。

すいませんでした…こどもはミルクでも飲んで寝てれば良かったです…。
バイト先の子からハウル借りたから早よ口直しに観たい…しかし時間がない!NO〜!!!そして今日も悪夢に魘されるのであった…セイ・アイー!!!!!

博士の異常な愛情〜または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか〜

October 18 [Tue], 2005, 21:45
ううう…映画感想ブログになりつつある…引きこもっているわけでもないんですが…

というわけで相変わらずのキューブリック、「博士の異常な愛情〜または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか〜」です。長!
これさ、ジャケットの絵がまずイイよね。そして白黒フィルムです。

クックックって感じのブラックユーモア。見モノはピーター・セラーズのひとり3役!マンドレーク英空軍大佐、アメリカ大統領、ドイツ人博士ストレンジラブ…どれも作品中重要人物!同じ人がやってるんだよ〜と言われながら観たにもかかわらず同じ人には見えないくらいの個々の味が出た演技でした。え?本当に同じ人?

一人の狂った将軍の命令で世界が滅亡しちゃう!っていう話です。
馬鹿だな〜と思いますよ。コメディですもの。
皆殺し兵器なんて作らなきゃいいのにって、もしミサイル打ち込まれても人類滅亡させちゃうくらいの反撃自粛しろよ…って。でも水爆は現実に存在しているしテロが起これば最新兵器をたんまり持って大挙して押し寄せて虐殺ってんのも現実だ〜。ブラック・コメディですもの。

良かったシーンはラストきのこ雲のもこもこ「皆殺し兵器」始動をバックに「また会いましょう、いつかきっと・どこかで〜♪」といった甘い歌声で音楽が流れるところですかね。実にキューブリックっぽくていいよ。キューブリック見てきた甲斐があってわかってきた!

あとね〜ストレンジラブ博士って変な髪形してんのね。あれ、コレどっかで見たな〜って思ってたらわかりました!「福神町綺譚」に出てくる蒸気博士にソックリ〜☆★
っていうかまあ元ネタなんでしょう。有名な映画見るといろいろ発見があります…チョコ工場の「2001年宇宙の旅」のギャグもウケたな〜(あっネタばれ…)

チャーリーとチョコレイト工場

October 17 [Mon], 2005, 21:30
ついに観ましたー!!!!!!!!!観たんよー!!!観たさー!!!
チャーリーとチョコレイト工場。
ティム・バートンですよ?ジョニー・デップですよ?
チョコレイトに・リスに・子ども!!!
うわ素晴らし。ああ素晴らし。きゃあ素晴らし。

ネタばれは致しません。観てみ!観てみ!
言うなればウンパルンパ最高☆そしてサントラ欲しい★

偶然にも六本木ヒルズに行ったときに観たら…なんと上映中チョコレイトのアロマ効果を流すという試みを図っておりまして…感・激☆
本当にチョコ臭がしてました。
見終わった後はヒルズ中、ウォンカ・チョコが売ってないか捜し歩きました。
キャーッハ!(ハイテンション注意)

Full Metal Jacket

October 16 [Sun], 2005, 2:28
まだ続く、キューブリック・ブーム。
今回は「フルメタルジャケット」を見ました。

戦争モノということでかなり覚悟してドキドキしつつ見たんですが…うーん、なかなかどうして見所の多い映画でしたよ。
特にやはり前半の海軍訓練学校のシーンで「オレンジレンジを知ってるかーい♪」もしくは「ファミコンウォーズが出ーたーぞ♪」でおなじみのフレーズを掛け声に走りこんだりするシーンが衝撃的でしたね。鬼のハートマン軍曹がこれでもかってくらい汚い非道な罵声を全てのセリフに織り交ぜて怒鳴り散らしわめき散らし青年たちを殺人マシーンに仕立て上げていくの。
このハートマン軍曹語録のせいか知らないけど、何故かDVDには吹き替え版が付いてなかった…きっと吹き替えてもピーピー禁止音入りすぎてセリフが無くなっちゃうからかな。定かではないけどそんくらい凄かった。

後半のベトナム戦争のシーンはマジで狂気が正気を飲み込む様をきちきちっと魅せてくれました。戦争はまさに地獄だぜ。べトナム戦争後、PTSDって病名が作られたくらいだ。生きて死線をくぐりぬけたとしても7.62mm弾フルメタルジャケットは微笑みデブの脳漿を飛び散らせたみたいに若い心をぐちゃぐちゃに吹っ飛ばしたに違いない!まさに地獄だぜ!

しかしベトナム戦争以前とてPTSDが(病名は違うにしろ)無かったわけではないしもちろん時代ごとに戦争もあって第二次世界大戦にはうちのおじいちゃんも参加していたわけで…映画の戦争シーンを見ながら薄ら寒くなったりしました。
戦争こわー。

2001年宇宙の旅

October 01 [Sat], 2005, 2:26
キューブリック・ブームはまだ続いていた!
「2001年宇宙の旅」を観ました。

…うん。難解なことで有名らしいが、凄い難解だったよ!案の定。
この感じはアレだ、「エバンゲリオン」見た時に似ている。物語に置いていかれる感じ。何がどうなったのさ結局!って。
そして長い…アーサー・C・クラークの「宇宙の旅」シリーズは3001年まであるみたいだが、140分の中に2001年から3001年まで入れられたんじゃないの?ってくらいセリフが少なく、登場人物も少なかった。前半40分はセリフがないぜイエー。

だがその代わりに抜群に映像と音楽がいい。
今だったらCGとかあるけど60年代にどうやってこんな映像撮ったの?かっこいいぞコンチクショー!そして音楽は有名なカップラーメンのCMで使われているアレ。「2001年」のテーマ?だったのかーって初めて知った。これもまた、かっこいいぞオイ!

あとはやはりツッこんでおくべきは2001年…今から4年前はあんなに科学技術が発達してたのか〜ってとこだ。宇宙旅行に月面基地に…完全無欠の○チガイコンピュータHALは1992年アメリカ生まれ。…その頃日本ではとんねるずがまだ「ガラガラへび」歌ってたっつーの!!!

…ふう。ベタなツっこみだが一応入れておきました。
まあ二度は見たくないが一度は観るべき名映画ではないかと思います。ストーリーを楽しみたい、とお考えの方は物足りないだろうけど。
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ピエール
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月1日
読者になる
 片田舎在住、ヲタクOLピエールです。 このブログ自体は古くて学生時代からつけていますよ。成長は見られませんがね!
メールフォーム

TITLE


MESSAGE