楽譜は宝物

May 24 [Fri], 2019, 0:36
皆さま、こんばんは
 
私は楽譜は集めたい
生徒達のコンクール学年の課題曲教本は、全て買いたい主義。輸入本も。
 
特に、バッハの解釈が教本により逐一違い、有名所の本は、手元に置いておきながらのレッスンをしています。
子供達がパッと見て解釈がわかりやすいのは全音だろう。
 
バッハインベンション(シンフォニア)だけでも、これだけある。
撮影してみました。
右上からブゾーニ版、ベーレンライター版、ウィーン原典版、リコルディ版、全音、ヘンレ版。
 
どれも全て同じ記載ではないから、見ていて楽譜は楽しい オタクみたいですが笑
 
基本的には、自分達が教わってきた教本で指導していくのが当たり前ですが、世も代わり、流行りも変わる。これが絶対はないんですよね。著名な先生がこの本でと言えば、そのような流れになったり。
 
そのため、コンクールでもバロックに関しては多少の解釈の違いは可能である。
それよりも、演奏が上手である事が重要ね。
 
子供達が使用する教本は、カラフルいっぱいなんですが、やっぱり私はアンティーク柄の教本達が好きです。古ぼけた印刷紙(楽譜)も味わいがあっていいです。
 
生徒達も、だいぶ年齢が上がり、ショパンやベートーヴェンなど表現を要する曲を弾く子が多くなってきました。
実際、楽譜を買って喜びを感じてもらえると嬉しいです。
 
私は小さい頃、弾いてみたい曲があると全て楽譜を買ってもらっていました。そこにはお金かけてくれる母でした。
結局、弾けなくてお蔵入りになりましたが、でも大人になってから、バンバン弾いています
 
  • URL:https://yaplog.jp/pianonanayuri/archive/461
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ななゆりピアノ教室
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:8月17日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:
読者になる
東京都八王子市七国のななゆりピアノ教室です

たくさんの生徒さんに囲まれ、日々、子育て、主婦、ピアノ指導者として奮闘中

生徒達が将来、音楽を楽しめるよう、小さいうちから表現力・テクニックを養っていきます。

またバラ愛好家で、春秋にはお庭にたくさんのバラが咲きます

人々やお花に囲まれたレッスン室で、音楽を語り合いましょう

 通常、生徒満員のため生徒募集は行っておりませんが、時々、ブログで待機生募集を報告しています。
2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/pianonanayuri/index1_0.rdf