EOS M2を徹底的に使ってみよう!〜パンケーキレンズとボケ具合〜

December 30 [Mon], 2013, 20:40
こちらも更新中です。
ちび魔女おやつとはちょっと違う内容になっているので、良かったらご覧下さい!



さて、Canonから12月20日に発売されたミラーレス一カメラEOS M2のモニターに選んでいただき使用中です。

今回のモニターでは3つのレンズを使用させていただいておりますが、やはり出番が多いのはパンケーキレンズ。
まずはコンパクトなのでバッグに入れやすい。
さらには、やはりボケ具合がgoo!ということで、オシャレな写真がカンタンに撮ることが出来ます。
前の記事でも書きましたが、グッと近距離に近寄って撮ることが出来ます。
前回はAF機能について書きましたが、今日はボケ具合にポイントを絞って書きたいと思います。

まずはこちらをご覧下さい・・・
 
 
 

左上から右下に下がって行くように見ていただくとわかるんですが、どんどん奥と手前がボケていってるのが分かっていただけると思います。
EOS M2にはぼかしシュミレーションと言う機能がついています。
CAモード(クリエイティブモード)にセットして、写真を撮る前に、どのくらいぼかすことが出来るかが確認でき、自分で5段階で選ぶことが出来ます。
上の写真は一番左上がぼかしがないもの。
その右隣から左に下がって行く毎にぼかし設定を強くしています。

そんなわけでこの機能を使って写真を撮るのを楽しんでいます!


先日、イギリスから一時帰国しているふさえさんと一緒にご飯を食べに行った時に撮った写真。
前にピントを合わせて、ボケ具合は設定で言うと3段階目にしてみました。
いかがでしょうか?

その他にもEOS M2には撮影したいシーンに合わせて撮影モードがカンタンに選択することが出来ます。


こちらは同じサラダですが、料理撮影モードで撮影したものです。
料理撮影モードはEOS M2で新しく追加されたモードです。



お料理の彩りが鮮明に写されているような気がするのと、はっきりくっきりと素材が写っているのが分かります。
他のモードで撮らなかったのではっきりとは比べられませんが、いかがでしょうか??
私はお料理の写真を撮ることが多いので、これはとっても嬉しい機能です!
さらに・・・タッチパネルと言うのが嬉しい。
今まではいくつものダイヤルで選んでいたけれど、EOS M2はタッチパネルでカンタンに選ぶことが出来ます。


こちらは手持ち夜景モードで撮影した渋谷の夜景です。
夜景撮るのってどうしてもぶれてしまったりするけれど、これは殆どシャッタースピードが変わることなくキレイに撮ることが出来ました。

今まではどちらかと言うとマニュアルモードで撮ることが多かったんですが、シーンモードってすごく便利!と実感しています。

EOS M2デビューキャンペーン「写真の旅へ。」を実施中。

「キヤノンさま」にベータ機の商品をレンタル、モニターに参加中

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。