2014年02月27日(木) 0時00分
ゆきちゃん(リリィズ)を1年ぶりに撮らせてもらいました。
駅前の喫茶店で待ち合わせて、たっぷりお喋りしてからの撮影。



でこ姉妹舎の店舗営業を再開したりブログを新しくしたり、写真サイトも更新しています。
つぎの作品集をつくりたくて、撮影済みが2作品分あるんですが資金不足で昨年から保留のままです。
どれも自信作な作品集4作品をネット通販しています。よろしくおねがいいたします。

私自身が当事者であるという認識

2014年02月06日(木) 0時00分
東京にいながら脱原発なんてちゃんちゃらおかしいんだから宇都宮でも細川でもどっちだっていい。舛添じゃなけりゃいい。東京に未来なんてないんだから都知事に期待するより東京から逃げることを考えなきゃ変わりっこない。いまだに誰かが何かをしてくれると期待する人が大勢いることがこの国の不幸。東京の人はリーダーが好き。東京の人がリーダーに期待するかぎり何も変わらない。ってことに気づく人が少ないかぎり何も変わらない。東京から逃げなきゃいけないのは、東京が首都だから。大きな経済に依存してたら何も変わるわけない。逃げられる人が逃げられるんだって気づけば日本は再生できると思う。ってことを2年前に東京の人に言ったら、それは難しいって言われて。それを難しいって言って片づけてるかぎり脱原発なんていう難しい選択ができるわけないじゃんって呆れて、私はそこで東京を見切っちゃった。それから2年。もう後がないと思ってます。

京都から、まったく縁のなかった滋賀に引っ越して、友達もゼロからつくったし環境も大きく変わったけど、変わらないところはまったく変わってない。自ら変わろうとすれば場所は変わっても自分の生活を変わらず続けることはできる。意識を変えるだけ。それが難しいんだけど。

でこ姉妹舎に豆を置いていただいてる農家さんから、お客さんから小豆に虫が入ってたと指摘かあったので回収して交換したいと電話をもらった。無農薬で防虫剤もかけてないんだし虫くらい当たり前だと思う。でこ姉妹舎としては、交換するのではなくて、小豆にはこういう虫が付きますよということをお伝えしてお客さんにお売りしたいなあと思います。どんなふうに作られたものかを話してお客さんにわかってもらって買ってほしい。物を選んで買うことがこれから重要になるだろうと思う。選ぶということは難しいことだから、私もお客さんも選ぶための目を持つために、まずはお喋りすることから始めたいのです。
***
月別アーカイブ